【非常食】防災の対策! 最低3日分の食料の検討【保存パン】缶詰

 

皆さん、こんにちは!
 
毎日にの食事にパンを食べていますか?
 
パンと言っても食パンだったり、サンドイッチだったり、ファーストフード等で食べるハンバーガーだったり、おやつとして食べる菓子パンも有り、色々な種類があって多彩でしょう。
 
これらのパンを災害時でも食べることが出来たら良いですよね。
 
今回はパンの非常食である保存パン(パンの缶詰、レトルトパック)についてのお話とさせていただきます。

 

【保存パンとは】

缶詰やレトルトパックなどに入っている常温保存で長期保存が可能なパンのことです。
 
最近よく見かけるのはパンの缶詰と呼ばれるもので製造日から数えて最長で3年程度の期間保存できるようです。

 

【保存パンのデメリット】

01. おやつ感覚
主食としてのパンというと、食パンやサンドイッチ等が該当すると思いますが、こういった主食系のパンは長期保存には適していないため、どちらかというとおやつとして食べる菓子パンのような感じである。
 
02. 調理パンがない
塩気の含んだ調理パンの場合、腐食しやすいため、長期保存は難しいとされます。
 
03. 購入できる場所が限られる
食材等を購入できるスーパーマーケットには、いつも置いていないことが多く、防災の日の前後や防災用品のキャンペーンを行なっている期間にしか買えない場合が多い。
 
買いたい時に直ぐに買えないため、インターネット通販で購入するのが主流なのではないだろうか?

 

【保存パンのメリット】

01. 長期保存が行える
製造日から数えて最長で3〜5年程度の長期間を保存できる
 
02. 美味しい
主食としてのパンではなく、おやつとしての菓子パンに近いため、カロリーも高く、美味しくなっています。
 
03. 調理不要
開封した時に、調理(温めたり、焼いたり)しないで食べられます。
 
04. レトルトパックもある
保存パンというと、缶詰タイプの方が多いですが、レトルトパックに入っているタイプもあります。
 
ただ・・・レトルトパックの場合ですと、物が落下して来た場合や何かの圧力が加わると簡単に潰れていまいますから、災害食として備蓄するのはちょっと不向きなのではないかな?と思います。
 
※ ゴミが少なくなる!というメリットも有ります。缶詰タイプの場合ですと、中身を食べたら空き缶が残りますが、レトルトパックの場合ですと袋だけですからゴミを少なくできるというメリットも大きいでしょう。

 

【食パンの保存】

食パンの場合、賞味期限は2〜3日程度であるため、開封したら2日程度で食べ切るようにしましょう。
 
食べ切ならないことが始めから分かっている場合は、開封した時点で冷凍庫で冷凍保存することをオススメ致します。

 

【食パンの冷凍保存】

01. 冷凍保存することが出来る
いつも食べている食パンは冷凍保存することが出来ます。
冷凍保存した場合の賞味期限は2〜3週間程度です。
 
※ 2週間程度で食べた方が美味しいと思います。

 

02. 冷凍保存の方法
食パン1枚ごとにラップを包んでフリーザーパックに入れて、空気を抜いてから冷凍庫で冷凍します。
 
※ ラップが無い場合はアルミホイルでも大丈夫です。

 

03. 食パンの解凍方法(ラップの場合)
そのまま解凍してしまうと、食パンが水っぽくなってしまうため、解凍しないでトースターやグリル等で焼いてください。

 

04. 食パンの解凍方法(アルミホイルの場合)
アルミホイルのまま、オーブントースターで焼きましょう!

 

【菓子パンも冷凍保存できる】

パンの冷凍保存といえば、食パンが最初に思い付きますが、実は菓子パンも冷凍保存することができます。
 
菓子パンといっても色々な種類が有りますけど、ほぼ全ての菓子パンを冷凍保存することが出来るでしょう。
 
但し、手作りのクリームを使った菓子パンには添加物が含まれていませんから長期保存には適していません。あと、油分の多い菓子パンも冷凍保存に不向きと言われておりますから注意が必要でしょう。
 
01. 冷凍保存の方法
1つずつラップに包んだ上で食品保存用のジッパー付きの袋に入れて保存します。
 
02. 冷凍保存の期限
約1ヶ月程度とされております。
 
03. 解凍方法
基本的には電子レンジで温めま。
但し、クリーム系の菓子パンの場合は温めると風味と食感が変わってしまいますから自然解凍しましょう。

 

【私の場合】

残念ながら、パンの缶詰は1つも備蓄しておりません。その代わり、食パンや菓子パンを冷凍保存しています。
 
特にクリーム系の菓子パンは冷凍すると約1ヶ月ぐらい保ちますから、カスタードクリームとチョコレートクリームの菓子パンを冷凍保存しております。
 
これらのクリームパンならば、自然解凍で美味しく食べられますから、災害時においても即戦力になるのでは?と思います。

 

【購入してみたい物】

非常食用のパンの缶詰は色々なメーカーから販売されておりますが、その中でも缶詰の中にぎっしりと入っている缶deボローニャという商品を購入してみたいでしょう。
 
01. 購入してみたい理由
缶詰なのに、パン職人さんが1つずつ手作りしているのが素晴らしいでしょう。
 
02. 味付が3つある
パンの味付が3つあり、『プレーン、メープル、チョコ』の味が楽しめる手作りパンの缶詰である。
 
03. 賞味期限
製造日から数えて3年程度と短めである。他の保存パンと違って2年程度短めであるのが唯一の残念なポイントです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。