【非常食】防災の対策! 最低3日分の食料の検討 5年保存おにぎり

 

皆さん、こんにちは!
 
子供の遠足やハイキング等の昼食時におなじみのおにぎり。
 
おにぎりは日常でも昼食だったり、食事としても便利な食べ物でしょう。
 
実は、このおにぎりを非常食としても食べられることをご存知でしょうか?
 
アルファ米のご飯が有るのだからおにぎりも有るだろう?とは思っておりましたが、予想通りおにぎりの非常食タイプがあるのです。
 
災害時でもおにぎりを食べたいという人も居るでしょう。今回は非常食のおにぎりでについてのお話になります。

 

【非常食のおにぎり】

非常食とは、調理しないで、そのままたべられるものとされております。
 
調理しないというのは、火や電気等を使って温めたり、煮たり、焼いたりすることをしないで食べられることです。
 
01. お湯やお水が必要なもの
普通はアルファ米のご飯と同じように、お湯又はお水が必要である場合が多いです。この場合は飲料水の他に調理用の飲料水を備蓄しておく必要が有ります。
 
02. お湯もお水も不要なもの
お湯やお水が不要なタイプもあります。この場合は調理用の飲料水を飲み水にまわすことができるため、災害時においては重宝するでしょう。

 

【お湯やお水が必要なタイプの特徴】

01. 色々な味を楽しめる
3種類以上の味付を楽しむことができる。1種類だけですと、味付が合わなかったりする場合も有りますから複数種類の味付が有った方が良いでしょう。
 
02. お湯やお水が必要である
アルファ米であるため、お湯やお水を注いで食べられる状態に戻す必要があります。さらには、調理時間も必要になります。お湯をお水を注いだら直ぐに食べられるのでは有りませんから、食べられるまでに待ち時間が必要になります。
 
03. 握らないで食べられる
おにぎりの場合、握るという作業が必要ですが、非常食のおにぎりの場合は握るという作業が必要ありません。
 
04. 長期保存
未開封の場合、製造日から数えて5年もの長期間を保存することができます。
 
05. 軽量
アルファ米であるため、軽量である。

 

【お湯やお水が不要なタイプの特徴】

01. 色々な味を楽しめない
現在のところ、味付は醤油味のみである。
 
02. お湯やお水が不要である
アルファ米のご飯と違って、お湯やお水を注いでご飯を食べられる状態に戻す必要がないため、袋を開封して、そのままおにぎりを食べることが出来ます。調理用の飲料水を飲料用にまわせるメリットがあります。
 
03. 握らないで食べられる
おにぎりの場合、握るという作業が必要ですが、非常食のおにぎりの場合は握るという作業が必要ありません。
 
04. 長期保存
未開封の場合、製造日から数えて5年もの長期間を保存することができます。
 
05. 重さがある
100gの重量があります。

 

【それぞれの違い及び比較】

01. 味付
● お湯やお水が必要なタイプの場合ですと、3種類以上の味付が楽しめます。
 
● お湯やお水が不要のタイプの場合は味付が1種類だけでしょう。

 

02. 調理方法
● お湯やお水が必要なタイプの場合は、お湯を注いで約15分、お水を注いだ場合は約60分もの時間を経過しないと食べることができません。
 
● お湯やお水が不要のタイプの場合は、開封したら直ぐに、そのまま食べられるため、待ち時間が有りません。食べたい時に直ぐに食べられます。

 

03. 重さ
● お湯やお水が必要なタイプの場合、40g程度(出来上がり時の重さは、105g前後)
 
● お湯やお水が不要のタイプの場合、100g

 

【どちらのタイプが良いのか?】

01. 非常食として
非常食として考えれば、袋を開封したら直ぐに食べられる方が良いでしょう。特に調理用のお水を飲料用にまわせるという部分が素晴らしいでしょう。
 
02. 携帯性として
100g以内の重さを重いとかを言う人は少ないと思います。携帯性はドチラのタイプも良いのでは無いでしょうか?
 
携帯性も大事ですけど、味付が重要なのではないかな?と考えます。人によって好み等も有りますから、どうしても受け入れられない味といった物も実際に有ると思います。複数種類あった方が良いかも知れません。
 
でも、災害時においては好き嫌い等を言っていられる状況には無いと思いますから、例え嫌いな物でも食べないといけない状況になるのではないでしょうか?

 

【非常食おにぎりの結論】

袋を開封して直ぐに食べられるタイプのおにぎりの方が非常食に適していると思います。しかし、こちらの場合は現在のところ味付が醤油味だけですから、他の味付を食べたい場合も有ると思います。
 
そういった時のために、お湯やお水が必要なタイプのおにぎりも少し用意しておくのが良いのではないかな?と思います。
 
※ 今後、味付が増えるかも知れませんから、注意深く確認するのも良いかも知れません。
 
※ 『非常食』と『おにぎり』で検索すれば、色々な非常食のおにぎりが表示されますから、自分に適した物をお買い求めください。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。