【非常食】防災の対策! 最低3日分の食料の検討 5年保存うどん

 

皆さん、こんにちは!
 
うどんはよく食べますか?
私は電車の駅等に有る立ち食いそば屋さんでよく『うどん』を食べています。休日や簡単に済ませたい場合などは、自宅でも『うどん』を作って食べたりします。
 
白いお米のご飯よりも少ないですがパンよりも多く食べているのがラーメンやうどんといった麺類です。
 
勉強等の夜食で食べる場合や地震等で電気が使えない場合はガス等でお湯を沸かして食べることができるカップラーメン等のカップ麺だと思います。
 
災害時に備えてカップラーメン等を備蓄している方も多いのではないでしょうか?
 
実は、カップ麺以外でも5年保存が行える『うどん』が有るのをご存知でしょうか?しかも熱湯やお水が不要で食べられる非常食のうどんでしょう!
 
今回は、非常食の5年保存うどんについてのお話になります。

 

【災害時で想定されるうどん】

01. カップうどん
『赤いきつね』や『緑のたぬき』等のインスタントカップうどん。熱湯を注いで数分待つだけで美味しく食べられる優れものでしょう。
 
02. 乾麺
ライフラインが維持されていれば大丈夫ですが、乾麺の場合ですと煮込まないといけませんから手間が掛かりますから災害時では不向きでしょう。
 
03. 茹でうどん
ライフラインが維持されていれば茹で『うどん』も大丈夫でしょう。しかし、停電等で冷蔵庫が利用できない場合ですと調理するのが難しいと思います。
 
04. 非常食うどん
非常食うどんの場合ですと、調理不要で直ぐに食べられるというのが特徴になりますから、災害時においては重宝する食材の1つだと思います。

 

【非常食うどんのデメリット】

どんなに素晴らしい商品でもデメリットは必ず1つは有ると思います。
 
01. 種類が少ない
当然のことですが、5年もの長い間、長期保存できる『非常食うどん』であるため、味付を選ぶことができません。味付によっては好み等も有りますから、必ずしも誰もが食べれるとは限らないでしょう。
 
02. 余計にゴミが増えます
袋に切り口が2箇所あるのです。食べやすいようにするため、袋を短くするのだろう?と理解できるのですが、切る位置を工夫して最初から1箇所で良いのでは?と考えてしまうのは気のせいでしょうか?

 

【非常食うどんのメリット】

01. 長期保存が行える
製造日から数えて5年もの長い間、常温で保存することが出来る。冷蔵庫に入れて保存する必要がありません。

 

02. 食器が付属している
つゆが入っている袋はどんぶりとしても利用することが出来、割箸も付属している。

 

03. 調理不要
非常食であるため、調理不要で袋を開封したら直ぐにそのまま食べることが出来るぶっかけうどんです。

 

04. プラスα
何がプラスαなのか?というと、温めるとさらに美味しく食べることが出来るでしょう。災害時の場合ですと、ライフラインが維持されているとは限りませんから常温のままで食べることになると思います。ちょうど冷たいうどんを食べている感覚でしょう。
 
温かい物を食べれば身体もポカポカになりますから、美味しく食べられるでしょう。

 

【工夫が必要かも知れない】

つゆが入っている袋と麺が入っている袋があり、麺をつゆが入っている袋に入れて食べるため、どんぶりがなくても食べれる優れものですが、どうやって食べるのでしょうかね?とても興味があります。
 
つゆが入っている袋を持ったまま食べることは出来ないでしょうから、テーブル等に置いて食べるのだろう?とは推測できますが、災害時は必ずテーブル等が利用できるとは限りませんからどうやって食べるのだろうか?

 

【実際に食べてから判断】

非常食うどんを非常食として備蓄する場合、実際に食べてみてから判断した方が良いと思います。
 
長期保存が行える保存食の場合、自分好みの味付とは限りませんから、実際に食べてみて『この味なら大丈夫』というのを確認しておいた方が良いでしょう。
 
実際に食べないで備蓄した場合、いざ食べてみた時に不味くて食べられなかったという場合も十分に想定できますから試食も必要だと思います。

 

【最後に】

まさか・・・5年長期保存の非常食うどんが有るなんて思いませんでした。今まで非常食の麺類と言えばカップ麺という認識でしたから、自宅にも10食分ぐらい備蓄しているでしょう!
 
この非常食うどんに興味がある方は、インターネットで『非常食』、『5年保存』、『うどん』で検索して見てください。
 
どの商品が良いというのは、人それぞれ味付や好み等が違いますから、自分で判断するしか無いと思います。
 
私の場合は、実際に購入して見て試食したのですが、自分の口には合わなかったかな?という物がありました。そういう関係で非常食うどんは備蓄していません。非常時だから味は我慢しましょう!ではなく、非常時だからこそ自分の口に合う物を食べたいでしょう。そのためには試食も疎かに出来ないと思います。
 
※ 現在、麺類の非常食はカップラーメンだけです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。