【非常食】防災&備蓄! 3日分の保存食 おでんの缶詰・おでん缶

 

皆さん、こんにちは!
 
災害時でも普段の食事においても手軽に食べられる缶詰。ご飯のおかずの1つとして加えても良いですし、メインのおかずにしても良いでしょう。
 
寒い冬場に食べるおかずは何でしょうか?
 
コンビニ等でも販売している『おでん』もその内の1つだと思います。
 
実は、このおでんも非常食として食べられる缶詰があるのをご存知でしょうか?
 
今回は、おでんの缶詰についてのお話になります。

 

【おでんの缶詰の特徴】

01. 食器が付属
おでんといえば、箸やフォーク等の食器が必要になりますが、このおでんの缶詰の場合ですと、こんにゃくに串が刺さっておりますから、この串を箸やフォーク代わりに使って、おでんを食べることが出来ます。

 

02. 缶切不要
缶詰というと缶切が必要な場合が有りますが、この缶詰の場合はイージーオープン(プルトップ)缶であるため、缶切不要で缶詰を開封することが出来ます。

 

03. 常温で保存
ふつう食事等の食材を保存する場合は冷蔵庫等で保存を行いますが、この缶詰の場合は冷蔵庫での保存が不要なため、常温で保存が行えます。

 

04. 長期保存
製造日から数えて5年間もの長い間、長期保存が行える缶詰です。

 

05. 非常食である
非常食とは、
調理不要で開封して直ぐに食べられる物とされているため、このおでんの缶詰は非常食だといえます。
 
※ 缶詰はイージーオープン缶であるため、開封しえ直ぐに食べることが出来ます。

 

06. 温めてもOK
缶詰を開封して、中身を鍋に移して温めてから食べても良いです。温めた方がより一層美味しく食べられるでしょう。

 

07. サイズ&重量
サイズ : 縦672mm 幅672mm 奥行1011mm
重量  : 280g

 

【栄養成分】

01. エネルギー : 43Kcal
02. タンパク質 : 3.7g
03. 脂質 : 1.2g
04. 炭水化物 : 4.4g
05. ナトリウム : 531mg

 

【注意事項】

01. 怪我に注意
缶詰を開封した後の缶口や缶蓋はとても鋭利ですから怪我をしないようにしましょう。
 
02. 賞味期限
よく購入してから5年間保存が行えるものと勘違いしてしまうと思いますが、賞味期限の場合は必ず製造日から数えて5年間となっております。注意しましょう。

 

【その他の用途】

01. 登山等のアウトドア
登山や釣り等のアウトドアで食べる食事(携行食)として持って行くのも良いです。缶詰であるため、中身が漏れる心配も有りませんし、缶詰を開封すれば直ぐに食べることも出来ますからアウトドアでは重宝する携行食だと思います。
 
その他の特徴としては、缶詰のサイズが小さいため、携行食として持っていってもそんなに荷物にはならないことだと思います。
 
※ ゴミは必ず持ち帰りましょう。

 

02. 風邪等で体調が優れない場合
風邪等で体調が優れない時にご飯を作るのはとても面倒だと思います。だからと言って簡単に済ませたり食べなかったりするのは良く有りませんから、そういった場合におでん缶を食事のおかずとして食べたり、メインの食事にしたりすることも可能です。

 

03. 普段の食事のおかずとして
普段の食事のおかずの内の1つとして利用することも良いでしょう。缶詰の中身をお鍋に移して温めれば、温かくて美味しいおでんが食べられますから、簡単に食事のおかずを増やすことが出来ます。

 

【その他】

おでんの缶詰に興味がある場合は、インターネットで『おでんの缶詰』で検索して頂ければ該当する缶詰が色々と表示されるでしょう。
 
また、いつも利用しているネット通販で検索して見るのも良いと思います。
 
※ 非常食として備蓄する場合は、一度実際に食べて見て味を確認するのが良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。