台湾で語学研修の停留ビザ延長と居留査証の切替&居留証の取得手続

 

皆さん、こんにちは!

台湾で中国語の語学留学をした時に停留ビザ(語学研修)のビザ延長及び居留査証への切り替え&居留証の取得といった一連の手続を行いました。

今回はこの申請手続の記録に関する紹介になります。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

台湾で語学研修の停留ビザ延長申請

台湾で語学研修の停留ビザ延長申請を行うのは在住している市にある移民書にて行います。

 

停留査証の延長申請に必要な書類等

① 外國人居(停)留案件申請表
② パスポート 及び パスポートのコピー1通
③ 入境スタンプが押してあるページのコピー1通
④ 在学証明書
⑤ 成績表
⑥ 出席表

 

《補足事項》
1. 外國人居(停)留案件申請表は移民署に置いてある。
2. 在学証明書は次の学期の授業料を支払うと発行してもらえる。
3. 授業の欠席が多いと停留査証のビザ延長に影響が出る可能性がある。
4. コピーはコンビニ又は移民署で行える

 

外國人居(停)留案件申請表を記入する

01. 外國人居(停)留案件申請表を用意。
● 移民署に置いてある
● PDFをダウンロード可能

※ 移民署のHPにアクセスしてダウンロード出来ます。

 

02. 4の停留延期にチェックを入れます。

03. 護照姓名にパスポートに書いてある名前を記入。

04. 中文姓名(漢字で苗字を書きます)

05. E-mail にメールアドレスを記入。

06. 國籍(国籍)

07. 護照號碼(パスポート番号)

08. 護照效期(パスポートの有効期間満了日)

09. 出生日期(誕生日を西暦で記入)

10. 抵臺日期(入境日)

11. 單身/結婚(独身/既婚)

12. 男/女

13. 申請事由(申請理由): 2の就學にチェックを入れます

14. 就讀學校(通学している学校の名称を記入)

15. 居留地址(住所、電話番号 を記入)

16. 本人簽名(本人のサイン)

 

ビザ延長の申請場所 及び 申請手続

筆者の場合は台中市に滞在していたため、台中市にある移民署の台中市第一服務站にて手続を行いました。

《移民署での申請手続》
① 整理券(番号札)を取る

② 自分の番号が呼ばれたら窓口に行き、持参した提出書類を全て提出します。

③ 何も不備がなければ、パスポートの出入国スタンプが押されるページに停留期限が延長されたスタンプが押されます。

※ 停留期限は延長スタンプに記載

 

居留査証の切替手続に必要な書類等を準備

停留査証から居留査証の切替手続に必要な申請書はビザ延長申請で記入した外國人居(停)留案件申請表になります。書き方は既に一度書いていますから特に説明は必要ないでしょう。

但し、今度は1の居留證にチェックを入れます。

 

準備する書類等

01. 記入済みの外國人居(停)留案件申請表

02. パスポート 及び パスポートのコピー1通

03. 財力証明(原本) 及び 財力証明のコピー1通

04. 台湾元に両替した時の領収書 及び コピー1通

05. 健康診断結果(乙表)の原本 及び コピー1通

06. 大學の語学中心で用意してもらう書類(2部用意する)

07. 語学研修ビザのコピー1通

08. 移民署で延長申請を完了した時のスタンプのコピー1通

09. 学習計画書(B5ノートで1ページぐらい)

10. 手数料 3000元(NT$)

※ 手数料は変更になっているかも知れません。

 

申請手続後に返却される物

01. 財力証明の原本

02. 台湾元の両替した時の領収書の原本

03. 健康診断結果(乙表)の原本

04. 大學の語学中心で用意してもらう書類(提出は1部のみ)

 

学習計画書に関して

中国語を学習する理由 及び 学習方法を中文(繁体字)で書きます。

※ 筆者の場合は、学習計画書を繁体字で書くのは難しかったため、日本語ができる大學の職員にお願いして日本語で書いた文を一度、中文に翻訳してもらい、翻訳してもらった文を直筆で書いて提出しました。

 

 

外交部で居留査証の切替手続

停留査証の延長申請は移民署にて行いましたが、ビザの切替手続は外交部で行う必要があります。

 

外交部領事事務局にて

① 提出した書類が何も問題なければ4枚綴りの支払明細書を手渡しされる。

② 銀行窓口で手数料を支払います。(台中市の場合は同じフロア内に有りました)

③ ピンク色の引換券を受け取り、服務生に見せます。

④ 服務生にパスポートを預けます。

 

居留査証の受け取り

① 引換券(ピンク色)に居留ビザを受け取る日付が記載されています。

② 指定された日付に外交部領事事務局を訪問し、引換券を渡してパスポートを受け取る。

③ 移民署に行き、居留証の申請を行う。

 

外交部領事事務局での注意事項

1. 健康診断結果で、予防接種証明の乱にチェックが入っている場合、予防接種証明書を求められる場合がある。

※ 本国で予防接種を受けて予防接種証明書を持参した場合は、健康診断を実施した台湾の病院にて翻訳してもらった方が良いです。

2. 財力証明は、台湾の銀行口座の残額が80000元以上あることが求められます。

※ 預金口座に入金されているお金は何処から持って来たお金なのか?を求められます。(台湾元に両替した時の領収書が必要になります)。

 

台湾で中国語の語学留学なら停留査証(語学研修)ビザの申請手続を
皆さん、こんにちは! 台湾に中国語の語学留学を考えている人もいると思います。もし、語学留学をする場合は全て自分で手続を行いますか? それとも便利なサポートサービスを利用しますか? 今回は筆者が実際に台湾に語学留学した時に...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。