生活費の節約 烏龍茶の茶殻は料理&お菓子の材料やおかずにも再利用

 

烏龍茶の茶殻を活用するシリーズ。

前回は烏龍茶の茶殻の有効活用についてのお話でしたが、今回は、実際に材料として料理に有効活用しているというお話になります。

参考になるかは分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

茶殻はどんな料理で活用しているのか?

01. ふりかけ
一番簡単なのはご飯のふりかけにして食べるのが良いと思います。作り方も簡単で茶殻を炒って乾燥させ、ごまや塩などを加えてよく混ぜるだけです。

こんなに簡単ですから、お茶を飲んだら、茶殻を捨てないでふりかけにした方がとても経済的だと思います。

それに、お茶では抽出されない成分も有りますから、ふりかけとしてご飯に掛けて食べてしまえば、抽出されない成分まで摂ることができます。

 

02. 佃煮
茶殻に醤油、砂糖、みりん、料理酒を加えて鍋で煮詰めて、水分を飛ばせば佃煮が出来ますから、ご飯のおかずとしても利用することができます。

おかずが少ない場合やおかずは十分に足りているけど、何かもう1品欲しい場合は、このように佃煮にしておかずを作るのも良いでしょう。

 

03. 他の料理
他にも色々とアレンジをすれば、色々な料理に利用することが出来ますから、意外と重宝する食材ではないでしょうか?

 

04. 手作りケーキの材料
手作りケーキの材料として利用するのも大丈夫です。
この場合は、茶殻を乾燥させてから、お茶挽きなどで茶殻をお茶の粉末状に細かくする必要が発生しますが、お茶の粉末として、ケーキの生地に混ぜ込むことで茶殻の手作りケーキが出来ます。

※ 擂り粉木や擂り鉢で細かくするのも良いです。但し、葉脈や茎などは残ってしまうと思いますから、その場合は、そのまま使う又は取り除くなりした方が良いと思います。取り除くのは、もったいないですから、そのまま材料として混ぜてしまうのが良いでしょう。

毎回、擂り粉木や擂り鉢で粉末状にするのは大変だと思います。そういった場合は、お茶専用のミルを購入するのも良いと思います。

 

おすすめは手作りケーキ

01. どうしてオススメなのか?
一番手間が掛かるからです。手作りケーキは手の込んだ作品が多いですから、一番手の掛かる手作りケーキの材料として使うのが良いと思います。

02. 茶殻の粉末
茶殻の粉末の量を調整することで、色々と味や風味を楽しめるのが良いです。それに、お茶の粉末って意外と高いですから、このように粉末として材料に加えることでとても経済的だと思います。

03. 本当の理由
抹茶粉末を使ってよく抹茶ケーキを作るのですが、この抹茶は高くてそんなに量も入っておりませんから、手軽に作れるというケーキではないのです。だから、このような抹茶粉末の代用としても利用できるのは、とても良いことだと思います。

 

環境にも身体にも優しい

一度お茶として煎じた茶殻は、本来なら生ゴミとして捨てられてしまう方が多いですから、それを再利用して使い切ることで、ゴミの減量化にも繋がりますから、各家庭で行える手軽なゴミ原料の努力といえるでしょう。

01. 消臭剤の方が再々利用まで行える
お茶殻を消臭剤として利用した場合、消臭効果の無くなった物はお掃除としても利用することが出来ますから、再々利用まで行える優れものに生まれ変わります。

しかし、この場合は、最終的にはゴミになってしまうのである。だから、一長一短といえる活用方法だと思います。

 

02. 茶殻を食べた方が良い
どうして茶殻を食べた方が良いのか?というと、お茶として煎じても抽出されない成分が有るのです。その成分が有るのに、生ゴミとして捨ててしまうのはもったいないでしょう。

その成分を摂るには食べるしか方法が有りませんから、料理やお菓子等の材料として、又は、ご飯のおかずとして食べるのが良いと思います。

とはいえ、ちょっと手間が掛かるのも事実ですから、手間を掛けるのが好きでは無い方にとっては扱いずらいのではないでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。