家計の管理 先ずは家計簿でお金の流れを把握して生活費の節約を計画

 

皆さん、こんにちは!

生活費の節約をしたいと考えている方は多いと思います。

でもどうやって節約すれば良いのか?分からないのも事実だと思います。

今回は、生活費を節約するにはどうすれば良いのか?というお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

先ず何から始めるのか?

01. お金の流れを把握する
生活費を節約するには、先ず、1ヶ月のお金の流れを把握することから始めます。毎月、何にどのくらいのお金を使っているのか?を把握する必要があります。これをやらないで、生活費を節約しよう!と考えても上手く行かないでしょう。

 

02. どのように把握するのか?
お金の流れを把握するには家計簿をつけるのが最適です。書店でノート形式の家計簿を購入しても良いですし、パソコンのExcelで家計簿をつけるのも良いです。

可能なら、書店で家計簿を購入しないでパソコンのExcelで家計簿をつけることをオススメ致します。生活費を節約しようと考えているのですから、既存の物を利用するという考えも必要だとお見ます。

 

03. スマホのアプリ
スマホのアプリでも色々な家計簿アプリが有りますから、自分で管理しやすいものをインストールして実際に触ってみるのが良いといえるでしょう。アプリの良し悪しは実際に触ってみないと分からない部分が有りますから、いくつかインストールしてみて一番使いやすいアプリを選ぶのが良いでしょう。

 

家計簿を何でつけるのか?

01. 書店で購入
書店で購入するのが一番簡単だといえる。色々な魅力的な家計簿が沢山ありますから、選ぶ場合は悩むでしょう。

 

02. Excelで行う
推奨はExcelです。書店等で購入できる家計簿の場合、後でPCにてデータを管理しておきたいという事になったら入力するのが大変ですから、恐らくその時点で家計簿なんてやりたくないでしょう。

 

03. スマホのアプリで行う
スマホのアプリには簡単なものから高機能のものまで色々な種類が有ります。いつも必ず持ち歩いているスマートフォンで家計簿をつけることが出来れば良いですね!

 

04. ノートに記入
書店で家計簿を購入するのではなくて、普通のノートでお金の流れを管理する方法。

 

毎月のサイクルを把握

01. 1ヶ月の支払いを把握
毎月、必ず出費する住居費、光熱費、食費、携帯電話代、趣味や娯楽などにいくら使っているのか?を把握するのがとても大切です。

これが分からないと、何を改善すれば良いのか?が見えて来ませんから、先ずは1ヶ月家計簿をつけながら生活を行うのが基本となります。

 

02. 2ヶ月目の目標を計画
翌月になったら、1ヶ月にどのくらいの収支が有るのか?が分かりますから、無駄な出費が有るのか?又は、どの項目なら無理なく出費を抑えることが出来るのか?を選別します。

どの項目なら出費を抑えることが出来るのか?については人それぞれ個人差が有りますから、自分で判断する必要があります。

その上で、2ヶ月目の目標を立てます。前月に比べて出費を○千円抑えるという目標を立てるのが大事です。

 

 

節約できた場合の用途を考える

01. 節約できた金額
2ヶ月目の家計簿で目標の節約金額に到達できた場合や目標額には届かなかったけれども前月と比べて少しは節約できた場合、どうするのか?を決めます。

 

02. 節約金額の用途
節約できた金額は、元から無かった物と考えて、全て貯金にするのが良いです。貯金といっても利子は有って無いような感じですから貯金で増やすことは出来ないため、貯金する意味が有るのかな?と感じる人も多いでしょう。

でも、節約を考える場合、とりあえず自分の手元から節約できた金額を銀行に預けるという形にしないと、貯蓄を増やすことが出来ません。貯蓄はいずれ、夢のマイホームや老後の生活の資金などになりますから、意外と大切だと思います。

 

節約出来なかった場合も考えておく

01. 節約できなかった場合も考える
目標を立てれば必ず節約できるとは限りませんから、赤字になってしまう場合も有るでしょう。次に何を削れば良いのか?を予め考えておくのが大事です。

 

02. 次にどの項目を削るのか?
次にどの項目を削るのか?を考予め考えておくのが良いでしょう。目標が達成できなかったら、予め決めておいた項目の出費を抑えるように努力。

※ 節約できなかった場合に考えておいた節約項目は、節約できた場合の次の改善目標になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。