大根を再生栽培して食費や家計の節約を お得な大根葉のキッチン菜園

皆さん、こんにちは!

大根は葉っぱも食べられるので非常に便利な野菜だと思います。この便利な大根をもっとお得に食べることが出来たら家計も嬉しいと思います。

そこで今回は、大根のへたを切り落として再生の大根葉を栽培しようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

【どうして大根の葉っぱを再生するのか?】

01. 大根の葉っぱが栄養価が高い
大根の葉は緑黄色野菜であるため、ビタミンやミネラルといった多くの栄養素が含まれており,
とても栄養価の高い野菜である。

02. 家庭では大根を栽培できない
大根を栽培するには、畑が必要ですから、家庭菜園又は、畑を借りる必要があります。さらには野菜の肥料といった維持や管理も必要になりますから、とても大変だと思います。

それに、大根を栽培する知識も必要になりますから、素人ではちょっと難しいといえるでしょう。

03. 大根は再生することが出来る
大根やニンジン等は、葉っぱならば再生することが出来るため、手軽にキッチン菜園を行うことが出来ます。

液肥といった肥料は特に必要なく、お水につけておくだけでOKというシンプルさです。

04. 水耕栽培
かいわれ大根などのスプラウト等で水耕栽培を行なったことが有る方も居ると思います。大根の再生栽培も水耕栽培になりますから、水耕栽培の練習にもなると思います。

05. 食費の節約に繋がる
野菜は価格が高い時も有れば安い時もあります。ずっと価格が安ければ良いのですが、天候等で野菜の価格が変動しますから、食費や家計にも影響します。

野菜をキッチン栽培で再生することが出来れば、食費の節約にも繋がりますから、まだ野菜の再生栽培を行っていないのであれば、直ぐにでもチャレンジするのが良いでしょう。

【どのように再生栽培するのか?】

01. 大根のヘタの部分
大根のへたの部分を2cmぐらい残してカットします。

02. 容器を用意する
大根のヘタの部分が入る大きさの容器を用意し、再生栽培に使う容器は綺麗に洗います。

※ 再生栽培に使う容器は、そんなに深く無くて良いです。ヨーグルトのプラスチックの蓋でも問題ありません。

03. 容器に水を入れる
お水は、大根の切り口が水に浸かる程度で良いです。野菜が水に浸かりすぎると腐りやすくなりますから注意が必要です。

04. こまめに水を交換する
夏場は水が腐りやすくなりますから注意しましょう。特に夏場は1日に2回程度、新しい水に交換するようにしましょう。

05. 注意事項
再生栽培中にカビが生えてしまったら、スパッと捨てましょう!
夏場は水が腐りやすいですから特に注意が必要です。

06. 収穫
ある程度、再生することが出来たら、収穫しましょう。

【再生した大根の葉っぱの食べ方】

01. 加熱処理
キッチン栽培で作った大根の葉っぱは火に通してから食べるようにしましょう。

※ 加熱処理を行わないで食べるのは危ないです。

02. お好みで
自分のお好みの料理に利用して美味しく食べましょう!

【再生可能な野菜】

下記の野菜等は、水耕栽培に適しておりますから、失敗が少ないと思います。

01. 葉物
小松菜、青梗菜、水菜、ミツバなどの葉物は再生できる野菜になります。

02. 薬味
ネギやニンニクも再生可能です。

03. 根菜
大根やニンジンも再生可能です。

【最後に】

再生可能な野菜が多いですから、皆さんもチャレンジして見るのも良いと思います。上手く再生することが出来れば、食費や家計の節約にも繋がりますから、やってみる価値は有ると思います。

それに、素人でも手軽にキッチン等で栽培することが出来るため、家庭菜園を持って居ない方でも行うことが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。