貯蓄と家計のやりくり 家計簿がお金を確実に増やす賢い貯金への近道

 

皆さん、こんにちは!

生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。

今回は、家計簿を継続して貯蓄の倍増を目指す方法についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

家計簿をつけていますか?

01. 家計簿をやっていない
家計簿はやらなくて大丈夫。全ては自分の頭の中で把握しているという人も居ると思います。でも、これではダメです。

記憶というものは関心が薄れてしまうと必要な時に引き出すことが出来ませんから、お金の流れは何かでメモしておいた方が良いでしょう。

 

02. 家計簿はやっている
家計簿を既に行っている場合は、家計簿を活かしているのか?そうでないのか?でも月とスッポンです。

ただ日課のように、お金の流れを記録しているだけの場合、あまり意味が有りません。せっかく毎月のお金の流れを把握しているのに次のステップに進まないなんて非常にもったいないと思います。

家計簿をPC等で管理して、データ化する事で前月や前年との比較も簡単に行えますから、チャレンジして見ては如何でしょうか?

 

03. 家計簿を節約の道具にする
家計簿をPC等で管理している場合はデータ化まで行っておりますから、前月との比較や前年との比較まで直ぐに行えますから、お金の節約にも一役買っているのではないでしょうか?

やっぱり節約を考える上で、家計の収支を把握するというのはとても大切ですから、ただ日課として家計簿を行うのではなく、家計簿は節約への道具として利用することが出来れば賢い貯蓄を行うことも可能になります。

 

04. 道具といえば・・・
PCで管理する場合は、家計簿に特化したソフトウェアやExcelなどの表計算ソフトが必要になります。 スマートフォンで管理する場合は家計簿アプリをスマートフォンにインストールするのが良いでしょう。

 

家計簿のメリット

01. お金の流れを把握
家計簿の最大のメリットは、毎月の収支を把握することが出来るという点です。頭の中でも管理することは出来ますが、必要な時に必要なだけ瞬時に取り出すことは出来ないと思います。その点、家計簿の場合は直ぐに毎月の家計を見ることが出来ます。

 

02. 貯蓄への対策
家計簿を見れば、貯蓄にどのくらいの金額を充てているのか?も把握することが出来ますから、貯蓄を今よりも増やしたい場合にも有効に活用することが出来ます。

貯金は銀行の通帳を確認しないと分からないという方も多いでしょう。通帳を確認しなくても現在の貯蓄額を確認することも大切だと思います。

定期預金を作っている場合、更新年月がいつだったかな?となってしまったりするため、最悪の場合は完全に忘れてしまう場合も有るでしょう。 特に満期を迎えても一定期間、更新等を行わない場合没収されてしまう場合も有りますから注意が必要です。

 

節約したお金の使い道

01. お小遣い等に充てる
人によっては自分へのご褒美として食事をしたり、お小遣いとして使ってしまう場合も有るでしょう。これではお金は貯まりませんから、節約できたお金は他の資金に充てるようにした方が良いでしょう。

 

02. 冠婚葬祭費用に充てる
突発的に発生するのが冠婚葬祭費です。これは或る日突然発生したりするため、予測不能だといえます。節約できたお金の一部をこの用途としてプールしておくのも良いと思います。節約出来た金額を全て、この用途に充てる必要は有りませんから、毎月の節約で得られる金額からコツコツと増やしていくのが良いでしょう。

 

03. 貯蓄に充てる
今よりも貯蓄を増やしたいのであれば、節約して得られた金額を全て貯蓄に充てるのが良いでしょう。毎月、一定金額を貯蓄するだけでは増えるまで相当の時間を要しますから、毎月の節約で得られたお金も貯蓄に回すのも良いでしょう。

 

04. 投資に充てる
貯蓄に充当しても今の利子では雀の涙程度しか利息が付きませんから、あまり意味がないと考えている人も多いと思います。そのため、株式投資などの費用に充てる場合も有るでしょう。

しかし、投資というのは、あくまでも余剰資金を利用してお金を増やすのが基本となりますから、余剰資金が無い場合は投資に手を出すのは良くないと思います。

又は、投資に回した資金は始めから無いお金として考えて運用を行えるならば、投資を行っても良いと思います。別勘定で行わないと難しいといえます。

 

節約の大切さ

好きな物や欲しい物を買うために節約する人も居れば、貯蓄を増やす目的で節約に励む人も多いと思います。

節約をするのであれば、家計簿をつけて、お金の流れを把握するのが一番の近道になりますから面倒だと思わないで継続するのがとても大切だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。