家計の節約 スマホの通信費を見直すならMVNO格安SIMの検討を

 

皆さん、こんにちは!

生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。

今回は、生活の必需品であるスマートフォンの通信費についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

スマートフォンは生活の必需品

スマートフォンが有れば、通話やメール、ゲーム、SNS、買物、電車やバスの利用まで行えてしまいます。とても便利なモバイル機器だといえるでしょう。

逆にこの便利なスマートフォンが無いと何を行うにしろ、とても不便に感じてしまうのではないでしょうか?

PCと同じような感覚で自分に必要なアプリをスマホにインストールして便利に利用することが出来るため、旅行でも重宝する必需品でしょう。

知らない土地に行って迷子になってしまってもgoogle map で調べれば直ぐに場所を把握することが出来ますし、本当に便利です。

 

生活の必需品だからこそ通信費は大事

01. 通信費はいくらかな?
毎月のスマートフォンの通信費っていくらなのかご存知ですか?自分の通信代ですから知っているのが当然でしょう。

家族等であれば親が通信代を負担しているため、自分がいくら使っているのか?は親に聞かないと分からないと思います。

先ずは、自分の1ヶ月の通信代を確認しましょう!

 

02. スマートフォン本体は、購入してからどのくらい使っている?
毎年魅力的なスマートフォンの新製品が販売されておりますけど、これらのスマートフォンはどのようなサイクルで購入していますか?

だいたいスマートフォンの場合はバッテリーの寿命が約2〜3年程度になりますから、その2〜3年という短い期間で新しい機種に変更又はバッテリーの交換となる場合が多いでしょう。

 

03. スマートフォン本体はどのように買っている?
大手3社(ソフトバング、au、NTTドコモ)などで契約している場合、スマートフォン本体を一括払いで購入しないで毎月の携帯電話料金と合計して分割払いを行っている場合が有ると思います。

先ず、自分はドチラの場合で購入しているのか?を確認しましょう。一括で購入しているのか?分割払いで購入しているのか?は意外と重要なポイントになります。

もし、MVNO(格安SIM会社)を検討している場合、分割払いでスマートフォン本体を支払っていると、途中で契約の解除は現実的にちょっと難しいと思います。

 

スマホの通信費を安くしたいなら

01. MVNOの検討
スマホの通信費を抑えたいのであれば、MVNOの検討をオススメ致します。MVNOにしないと先ず難しいと思います。

 

02. MVNOって何だろう?
仮想移動体通信事業者のことを指します。といっても良く分からないと思います。大手携帯電話会社の通信インフラを借りて、格安な料金でお客様に提供する会社のことです。

自前で通信設備を保有していないため、その設備の維持費等が有りませんからその分、安くお客様に提供できることが出来るようになります。

 

03. MVNOのメリット
大手3社よりも安い携帯電話料金になります。MVNOのサービスを提供している会社が多いため、色々なサービスを比較や検討が行えるため、自分が求める価格で選ぶことも出来る。

※ 申し込みや各種変更又は解約などをインターネットで行うことが出来る。

 

04. MVNOのデメリット
1. 携帯電話会社で利用していたメールやその他の機能などが利用できない場合がある。

2. 各種設定は自分で行うなどの作業が必要となる。

3. SIMフリーに対応したスマートフォンが必要

 

MVNOにした場合

01. 大手3社よりも安くなる
ソフトバンク、au、NTTドコモといった大手3社と契約していた場合は、毎月の携帯電話料金を安く抑えることが出来ます。

但し、サービスやプランによっても多少の違いが有りますから注意が必要でしょう。

 

02. 通信費の節約
MVNOにすることでスマートフォンの通信費を節約することが可能になります。そのため、節約できた金額を貯蓄や冠婚葬祭費に回すことも可能になりますから、家計の節約にも貢献することになります。

 

03. 消耗品費
スマートフォン本体は消耗品になりますから、もし、SIMフリーのスマートフォンを購入した場合は一時的に消耗品費が増えてしまうでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。