食費の節約 一人暮らしは外食を控えて自炊等の料理で食費を抑制 

 

皆さん、こんにちは!

生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。

今回は、一人暮らしでの食費の節約をテーマにしたお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

一人暮らしの場合

01. 楽しい一人暮らし
実家から離れて一人暮らしを行う場合、不安な事も有れば、楽しい事も有るでしょう。両親と一緒に暮らしている時は出来なかった事も一人暮らしなら行えるといった事も有ると思います。

 

02. 食べるのは自分だけ
一人暮らしの場合、食べるのは自分だけですから、とにかく簡単に済ませようとする傾向が強いといえます。自炊すると、食材の買い出し、手料理、後片付けなどの手間が発生しますから、外食で済ませる方が非常に楽だといえます。

 

03. 栄養が偏る
一人暮らしの場合、好きな食べ物を中心とした食生活になりやすいですから、栄養面においては偏った食生活になりやすいでしょう。

栄養が偏った食生活を続けると肥満体質になったり、健康を害したりしますから、栄養面を考慮した食生活が望ましいでしょう。

※ 栄養面を考慮するなら、自炊が良いと思います。

 

04. サプリメントに頼る
結果的に不足している栄養素を補うことが行えるサプリメントに頼った食生活になると思います。この場合、空腹は腹持ちが良い物を食べて、栄養面はサプリメントで補えば問題ないだろう?と考えてしまう場合があります。

 

05. 食費の負担が多い
外食で済ませる場合、当然のことながら1日3食が全て外食になりますから食費も多くなると思います。これでは貯蓄に回すお金が有りませんから、貯金が出来なくなると思います。

 

食費の節約

01. 食費を節約するには
一人暮らしの場合、外食が多くなりがちですから、外食を控えて自炊の割合を増やすのが一番の解決方法だといえます。

 

02. 自炊のメリット
自炊を行う場合の最大のメリットは食費を抑えることが出来るのと、栄養面を考慮した手料理を作ることが行えるという点です。

栄養も偏らずバランス良く摂取することが出来て、食費も抑えることが出来る一石二鳥の方法だといえます。

さらには、アレンジ次第で色々な料理を作ることが出来ますから、時短料理や節約料理なども可能になるでしょう。

 

03. 自炊のデメリット
自炊のデメリットは、『食材の買い出し』、『料理を作る』、『後片付け』という3つの手間が発生することです。

特に仕事等で遅くなって帰宅した場合に、炊事するのが面倒と感じることも有ると思います。こういうことが続くと、自炊するのが面倒になり、外食に逆戻りする恐れがあります。

そのため、時短料理をマスターすることをオススメ致します。

 

自炊の場合

01. 料理が苦手
料理が苦手又は料理はやったことが無い!という人も居ると思います。書店で料理の書籍を購入したり、クックパッド等で簡単な料理を検索して作ってみることをオススメ致します。

料理が苦手な場合、いきなり手の込んだ料理というのは難しいですから、簡単な物から始めて徐々に苦手意識を克服できるようにしていくのが大切だと思います。

 

02. 失敗は成功のもと
一人暮らしの場合、食べるのは自分ですから、作った料理が失敗しても良いと思います。例え失敗しても美味しくないとか言われることも有りませんから、料理の腕を磨くチャンスでもあります。

 

03. 食費の節約を目指す
食費の節約を行うには自炊するのが一番の近道ですから、料理が苦手という場合でも頑張って料理を行うしか方法がありません。

保存食を作り置きすることが出来れば、料理の腕も上がりますから、色々な料理に利用できると思います。食費の節約にも繋がりますから、自炊が一番良いのではないでしょうか?

 

最後に

外食での生活が多い人にとっては自炊というのは抵抗が大きいと思います。3食のうちの1食は自炊するようにして徐々に外食の割合を減らして行くのが良いと思います。

最終的には昼食を除いて1日2食を自炊にするようになれば節約の効果が期待できると思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。