家計の節約 食費を安くするには1週間分の献立と自炊等の手料理で

 

皆さん、こんにちは!

生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。

今回は、1週間分の献立を作って食費の節約を考える事をテーマにしたお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

食費を節約するには

01. 外食を控える
食費を節約するには外食を控えることが鉄則になると思います。しかし、職場や友人等の付き合いで外食する場合も有りますから、完全に外食を行わないという選択は現実には厳しいといえる。

 

02. 食品や飲料の支出を抑える
食費に関係する支出を少なくすれば食費の節約には繋がるが、これでは健康を維持できるか?疑問である。ちゃんと栄養面を考慮した上で食費に関する支出を抑えるのであれば問題ないが、そうでない場合は逆効果であるといえる。

 

03. 手料理
1日2食を手料理することで食費を抑えることが可能になると思います。可能ならば、昼食も手作り弁当を持って行くなりするのが一番効果的だと思いますが、流石に仕事や学校などがある平日の朝にお弁当を作って出勤するのはとても大変であるため、朝晩の2食は手料理するように心がけるのが得策だといえます。

 

04. 作り置きの活用
おかず等を作り置きしておいて冷凍庫に保存したり、食パンなども冷凍庫で保存等をすることで保存が行えますから、これらを有効活用して料理のバリエーションを豊かにすることが行えますから結果的に節約にも繋がると思います。

 

05. 水筒の利用
喉が渇いた場合は自動販売機やコンビニ等でジュースやお茶などのペットボトルを飲む場合が有ると思います。毎日1本購入した場合、1ヶ月で30本になりますから、合計で4000円以上になるでしょう。

たかが4000円と思うのか?それとも4000円は多いな?と思うのか?で節約意識が違って来るでしょう。

喉が渇いたら自動販売機やコンビニ等で購入するのではなく、水筒を持って行くことで飲み物代を抑えることが可能になります。

※ 但し、水筒を持って行くと荷物が重くなるというデメリットが生じます

 

06. 献立を作る
1週間分の献立を作ることで、無駄な買い物をしなくなるため、結果的に食費の節約に繋がります。考えるのに相当な時間を要すると思いますが、頑張って考えるのも良いと思います。

 

効果がありそうな節約方法

ずばり、献立と手料理の組み合わせだと思います。水筒を持って行くのも有効な方法だと思いますが、荷物が重くなってしまうというデメリットが発生するため、継続できるのか?が微妙な感じがします。可能なら、献立と手料理+αの目的で水筒の携行が望ましいといえるでしょう。

献立を作ることで無駄な買い物が少なくなるのと同時に冷蔵庫の食材を有効に活用することが行えます。

色々な食材を購入した場合、冷蔵庫に保存するおも多いと思います。でも献立がないと、使わない食材というのも発生すると思います。使わないと有ることを忘れてしまったり、後で料理に使えば良いと考えてしまって、賞味期限切れになってしまったりする場合も有るでしょう。

食材を有効活用するには献立は必要不可欠なアイテムだと思います。

 

01. 献立を作ろう
1日2食(朝食、夕食)の献立を考えましょう。
平日は仕事や学校等ですから昼食を手料理することは出来ないため、外食でも良いと思います。
可能ならば、お弁当を持って行きたいところでしょう!

 

02. 栄養面も考慮しよう
好きな物を中心の料理にしてしまうと栄養が偏りますから、栄養も考慮した上で献立を作るのが良いです。嫌いな物でも食べられるように努力する事も必要だと思います。

 

03. スーパーに買い出しに行こう
1週間分の献立を作ったら、スーパー等に行き、1週間分の献立に必要な食材をセール等を行なっている日に買いに行きましょう。

そのようにすることで少しでも食費の節約に努めるように心がけるのも節約への一歩だと思います。節約への意識と行動が合わさらないと思った以上の効果が得られないと思います。

 

料理が苦手な場合

料理が嫌い又は苦手な場合は献立作りも苦痛に感じると思います。そういった場合は料理が好きになるように誰でも簡単に作ることが出来る料理を中心に作っていくのが良いと思います。

書店には初心者向きの料理本なども販売しているため、そういった書籍を購入したり、料理教室で勉強したりするのも良いと思います。

書店に行かなくても、レシピサイトには色々な時短料理や節約料理などのレシピが掲載されておりますから、それらのレシピサイトを参考にするのも良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。