消耗品の節約 スマホの購入費用を抑えるならAndroidの検討

 

皆さん、こんにちは!

消耗品費の節約と改善を目標に頑張るシリーズ。

今回は、日常生活の必需品であるスマートフォンを購入する場合のお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

スマートフォンの種類

スマートフォンは大きく分けて3つに分類されると思います。AppleのiPhone、GoogleのOSを搭載したAndroidスマートフォン,マイクロソフトのWindowsを搭載したスマートフォン。
でもWindowsスマートフォンは一般での利用は少ないと思います。

 

01. iPhone 特徴
iOSを搭載したAppleのフマートフォンで、本体価格がAndroidスマートフォンに比べて高いという特徴があります。その他にはAppleが製造・販売を行なっています。

iPhoneの場合は、OSと端末本体の製造がAppleであるため、古い端末でも最新OSにアップデートすることが容易であるため、対象端末であれば最新OSにアップデートできます。

 

02. Androidスマートフォン
AndroidのOSを搭載したスマートフォンで、iPhoneと比べると比較的に安いのが特徴になります。

その他の特徴としては、OSとスマートフォン本体が別々の会社で製造されているため、OSのアップデートが簡単では有りません

というのも、端末メーカーがAndroidを自社の仕様に合わせてカスタマイズしているため、最新OSにアップデートするためには一定の準備期間が必要になります。そのため、アップデートが遅くなります。

最新OSへのアップデートに積極的な端末メーカーもあれば、消極的な端末メーカーもあるため、自分のスマートフォンが必ず最新OSにアップデートされるという保証が有りません。

そういうこともあり、Androidスマートフォンを購入する場合は、最新OSへのアップデートに対応可能なのか?を調べておく必要もあると思います。

 

どうしてAndroidスマートフォンを勧めるのか?

01. バッテリーの問題
Iphoneにしろ、Androidスマートフォンにしろ、バッテリーの寿命は同じである。約1〜2年程度とされております。

一般的にスマートフォンのバッテリーに使われているリチウムイオン電池は500回までの充電が行えるといわれております。

毎日充電を行った場合、2年持たない計算になりますから、2年以上の利用を考えている場合はバッテリーの交換が必須だといえます。

※ 但し、充電回数が500回を超えたら、直ぐにバッテリーを交換しないといけないのか?というとそうではなく、徐々に寿命が減って行く感じになります。 バッテリーを長持ちさせたいのであれば、2日に1度充電するといった感じの対策が必要になるでしょう。

 

02. 端末価格の問題
最新のiPhoneの場合だと、税込で85000円〜97000円程度になりますから、とても高い買い物になると思います。

それに引き換え、AndroidのOSを搭載したスマートフォンの場合は4万円以下で高機能なスマートフォンが購入できることが多いです。

Iphone並みに高機能なスマートフォンの場合はそれなりに価格も高いですが、それでもiphoneよりも安く購入できるでしょう。でも、そのような高機能なスマートフォンが必要な人は実際には少ないのではないでしょうか?

LINEやSNS、メール、ブラウザの閲覧、写真撮影等を行う程度であれば、別に高機能なスマートフォンは必要ないと思います。

 

03. iOSもAndroidも対して変わらない
IOSもAndroidも利用する分においては対して変わりません。利用できるアプリもAndroidでも利用できる物が有りますから、そこまで拘わななくても問題ないでしょう。

Appleが提供しているアプリを利用したい場合は、Androidでは利用できませんから、そういう場合はIPhone を購入した方が良いと思います。

そうでない場合は、Androidでも問題ないと思います。

 

最後に

01. Androidスマートフォンは安い
通常の性能であれば、4万円以下で購入することが出来るため、お得である。

02. 高機能を求めるのであれば
高機能やAppleが提供しているアプリを利用したい場合は、迷わずphoneを購入しましょう。

03. 通常の利用であれば
LINEやSNS、メール、通話、ブラウザの閲覧などの利用の場合であれば、iphone でも Androidでも対して変わりはないでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。