旅費の節約 国内や海外の旅行でも持ち物に水筒とおやつを携帯しよう

 

皆さん、こんにちは!

学校の遠足やピクニック等では水筒とおやつを持って行くと思いますが、旅行でも水筒やおやつを持って行くのが節約にも貢献すること間違いなしといえるでしょう。

今回は、旅行でも水筒やおやつを持って行って節約に繋げようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

旅行で水筒やお菓子を持って行かない場合

01. 近くにコンビニや自動販売機がない場合
飴玉等は嫌いでない限り、たぶんバッグの中に入れて持って行くと思いますから、購入できるお店などが無い場合や乗り物に乗車している時などは手持ちのお菓子で空腹を満たすことになるでしょう。

02. お腹がが空いたら
ちょっとお腹が空いたら、アチコチにあるコンビニ等で空腹を満たすことが出来るお菓子やパン、飲み物などを購入すると思います。

03. 喉が渇いた時
観光などで街歩きしていると途中で喉が渇いて来ますから、そういった場合は自動販売機やコンビニ等で飲み物を購入するでしょう。

04. 夏場で暑い時
夏の旅行では、美味しいアイスクリーム屋さんが有ると、つい買って食べ歩きしてしまうことも有ると思います。

 

水筒やお菓子を持参すると節約なのか?

01. 旅行先で飲食費用
お菓子や水筒を旅行に持って行くと、旅行先での飲食に関係する費用を節約することが出来ます。

ちょっとお腹が空いた時や喉が渇いた時にコンビニや自動販売機を見かけてしまうと、自然とコンビニや自動販売機に足を運んでしまいますから、常におやつのお菓子や水筒やペットボトルの飲み物を携帯しておく必要があると思います。

 

02. 水筒を持って行くデメリット
良い事ばかりではなく、水筒を持って行くとデメリットも有ります。

1. 水筒+中身=水筒の重量になるため荷物になる。

2. 水筒の中が空になっても水筒の重さは残る。

 

03. ペットボトルの飲料でも良い
水筒を持って行く場合、空になっても水筒の重さが残りますから、帰りも荷物として残りますから、ペットボトルの飲み物を持って行くという方法も有りだと思います。

ペットボトルの場合、空になったら近くのゴミ箱に捨てるのも良いですし、空港等の冷水機で水を補給するのも良いと思います。

 

04. アイスクリームには対応できない
お菓子や飲み物を持って行けば、旅行先でのコンビニや自動販売機で購入する機会を抑制する効果が期待できますが、アイスクリームなとには対応できないため、自分と相談するしかないでしょう。

 

 

旅行のおやつに適している物とは

01. お菓子なら何でも良いのかな?
お菓子なら何でもという訳ではなく、腹持ちの良いお菓子が良いと思います。何処に入ったのか分からないようなお菓子の場合だと、また食べたくなりますから、直ぐにお菓子が無くなってしまうでしょう。

 

02. 旅行のおやつ
基本的には何でも良いです。楽しい旅行で食べたいお菓子なら何でも良いでしょう。それとは別に、高カロリーのお菓子が有った方が最適だといえます。

チョコレート羊羹といった高カロリーな菓子や、甘い物が苦手であれば意外と高カロリーでもあるポテトチップスも良いと思います。

特に旅行の場合だと、観光等で街歩きがメインになると思いますから、栄養補給も適度に行う必要があるでしょう。そういった場合に高カロリーな菓子などを食べることで回復も早くなります。

 

海外旅行の場合

01. 水筒が有れば・・・
空港やホテルなどにある冷水機などで、お水を得ることが出来ますから、便利だと思います。

水筒が無い場合、喉が渇いたら近くのコンビニやスーパー、ジューススタンド等で飲み物を購入することになりますから、水筒が有れば飲み物代を節約することも可能になります。

 

02. バランス栄養食が有れば・・・
バランス栄養食の場合は、食べた時点で不足している栄養を補給することが出来ますから、海外旅行でも便利に重宝する食べ物だといえます。

旅行先によっては日本で購入するよりも高く購入する場合も有りますから、1つは持って行った方が良いでしょう。

 

03. その他お菓子
旅行先の国や地域によっては日本で購入するよりも高い場合や安い場合が有るでしょう。価格が安い場合は申し分ありませんが、高い場合は出費も多くなると思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。