旅費の節約 海外旅行や観光の費用を賢く抑えて家計と貯蓄に潤いを

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行の費用って高く有りませんか?

この費用を安く抑えたいな〜と考えたことはありませんか?

今回は、海外旅行の旅費を節約して少しでも貯蓄に充てるにはどうすれば良いのか?というお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

海外旅行の費用

01. 航空券
JALやANAなどのフルサービスキャリア 又は LCC(ローコストキャリア)などの航空券の購入代金

02. 宿泊代
旅行期間中に宿泊するホテルなどの宿泊料金

03. 交通費
自宅から空港までの往復の交通費

04. 入場料など
観光施設に入場するための入場料や拝観料など

05. 食事代
旅行中の食事代など

06. 食べ歩き
街歩き中にお腹が空いた時や喉が渇いた時に購入する飲食代など

07. お土産
旅行先の美味しいお菓子や食べ物又は工芸品などをお土産として購入

08. 現地通貨への両替
現地の通貨に両替した場合は、両替の手数料が発生するでしょう。

09. 旅行グッズ
旅行に行く場合、色々な旅行グッズを購入する場合が有るでしょう。

10. その他
海外でもスマートフォンを利用する場合は、現地のSIMカードを購入したり、モバイルWI-FIなどを利用する場合も有ると思います。

 

海外旅行の費用を節約しよう

海外旅行の旅費で節約可能な費用はそんなに多くは無いと思います。旅行を楽しむ上で必要な費用ですから、節約となると、根本的に旅行プランを見直すなどの対策が必要になります。

 

01. LCCを利用する
JALやANAなどのフルサービスキャリアを利用するのではなく、PeachやジェットスターなどのLCCを利用するのが節約への第一歩だといえます。

LCCの場合ですと、格安で航空券を購入することが出来ますから、旅費の節約を考えるので有れば必須の選択になるでしょう。

但し、LCCの場合、機内食や毛布などは別途料金になりますし、座席のスペースも狭いですからJALやANAと比べたら快適さが有りません。その事を承知の上で利用されるのが良いでしょう。

 

02. 食事代
海外旅行に行って、現地の美味しい食事を削るというのはどうか?と思いますが、節約を考える場合、食事代も抑える必要があります。ある一定水準の価格以上の料理は注文しないといった対策が必要になるでしょう。

 

03. 食べ歩きの費用
旅行で意外と多いのがこの費用では無いでしょうか?知らず知らずの内にアレコレと色々な美味しい食べ物や飲み物を買ってしまっている場合があります。特に夏の旅行や街歩き等の場合、自然と喉が渇きますから、喉に潤いを求めてしまうと思います。

 

04. お土産
旅行の楽しみの1つでもあるのが現地のお土産だと思います。これを削るというのは心苦しいのですが、食事と同様にある一定水準の金額以上の物は購入しないなどの対策が求められます。

自分でお土産として購入する金額の枠を設けて、その枠を超えない範囲で購入するのが良いでしょう。

 

05. 両替
現地通貨への両替や日本円への両替は、日本で両替した方が手数料が安い場合と、現地の空港で両替した方が手数料が安くなる場合が有りますから、事前にドチラの場合が手数料を安くできるのか?をチェックしておく必要が有るでしょう。

 

06. プリペイドSIMなど
モバイルWI-FIなどのモバイル・ルーターを取り扱っている会社やサービスが海外旅行向けに宣伝していると思います。それらのサービスを利用すると、現地でもスマートフォン等でインターネットなどが行える便利なサービスです。

でも、国や地域によっては、モバイルWI-FIといったサービスを利用するよりも現地のプリペイドSIMを利用した方が費用を安く抑えることが出来る場合が有ります。これらのプリペイドSIMは現地の空港で購入できる場合が多いため、利用するのも良いといえます。

開通までの時間や設定などの手間も掛かりませんから、コチラの場合も便利だと思います。

 

 

お好みで節約も自由自在

どの費用を節約したいのか?又は節約しようとしているのか?は人それぞれ個人差が有りますから、一概には何とも言えませんが、自分の考え1つで旅費の節約も簡単に行えると思います。

 

01. どの費用を節約するのか?
旅費の節約を考える場合、具体的にどの費用を抑えたいのか?を決める必要があります。旅行代金を○万円以内に抑える等の具体的な目標設定が必要となります。

 

02. 目標が決まれば実行に移すのみ
具体的な目標が決まったら、後は実際の旅行で目標を実行に移すのみです。でも、旅行は楽しいですから、実際には自分が計画した節約目標を達成するのは難しい場合が多いです。何故なら、最終的には自分の意思と相談することになるからです。

 

03. 徐々に節約金額を増やしていこう
最初はあまり無理をしない範囲での節約を求めるのが良いでしょう。徐々に節約する金額を増やして行くのが良いです。

 

実際の旅行で節約できた場合

01. 迷わず貯金しよう
実際の旅行で節約を行うことが出来たら、節約できた金額をそのまま貯金するのが良いでしょう。手元に置いておくと何かに使ってしまったり、食費の一部に充当してしまいますから節約した意味がありません。

 

02. 次回の節約目標を考える
旅行から帰って来たら、旅行の見直しも兼ねて、次回の節約目標を考えるのが良いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。