家計の節約 食パンは1枚ずつ冷凍庫に2〜3週間保存して食費節約

 

皆さん、こんにちは!

スーパーなどで食パンを購入して食べ切れなくて賞味期限を過ぎてしまったことは有りませんか? 又は、食べ切ることは出来たけれども無理して食べてしまったなど。

今回は、食パンを有効に保存&活用して食費の節約をテーマにしたお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

食パンは購入する?自宅で作る?

01. 購入する場合
スーパーや美味しいパン屋さんなどで購入したりすると思います。通常は1袋だけを購入すると思いますが、1袋でもパンの枚数に違いが有りますから、購入したは良いけど、期限内に食べ切らなかったということも有ると思います。

その他には季節によっては、保存方法が悪くてカビが生えてしまったりする場合も有るでしょう。

 

02. 自宅で作る場合
最近ではホームベーカリーがある家庭も有りますから、パンは購入しないで自宅で作るという方も居ると思います。

ホームベーカリーが無い場合でも、フライパンさえ有れば、パン作りが行えますから、チャレンジしている方も居ると思います。

自宅でパンを作る場合、買いに行かなくても美味しいパンがいつでも食べられるというメリットが有るでしょう!

 

食パンは、どのように食べている?

01. そのまま
柔らかい食パンならば、何もつけなくても、そのまま食べても美味しいでしょう。

02. ジャムやマーガリン
柔らかい食パンの場合、ジャムやマーガリンといったものをつけて食べるのも美味しいです。

03. 焼いて食べる場合
表面が固くなった食パンは、焼いて食べるのも美味しいです。焼いてから、マーガリンを塗ったり、マーガリンを塗ってから焼いても美味しいですから、アレンジ次第で色々な組み合わせが出来ます。

04. サンドイッチ
サンドイッチとして食べるのも良いです。サラダなどの食材をトッピングして食べるのも美味しいでしょう。

05. ピザとして
食パンがあれば、出前や専門店、ファミレス等に行かなくてもピザのようにして食べる事が出来ます。自分の好きな食材をトッピングしてオリジナルのピザが完成しますから、とても便利な食材だといえます。

06. パン粉として
食パンをそのまま食べるのではなく、トンカツやフライなどのパン粉として利用する方法もあります。この場合、必要な時に必要な分だけパン粉を作るということも可能ですから重宝するでしょう。

07. 食パンの耳
食パンの耳は、おやつとして再利用することも出来ますから、便利な食材になります。

08. フレンチトースト
古くなったパンの場合は、卵や牛乳等を用意して卵液を作り、食パンにつけてから、フライパンで焼いても美味しいでしょう。

09. その他
その他にも料理の材料として利用したり、色々な食べ方が有るでしょう。

 

食パンを保存して食べよう

01. 食べ切らないことが分かっている場合
購入した時点や袋を開封する時点で、食べ切らないかも知れないという事が分かっている場合は、食べ切らないだろうと思われるパンの枚数を保存するのが良いです。

 

02. 冷凍保存
1. 保存したい枚数の食パンを用意。

2. 1枚ずつラップで包んでからフリーザーバッグ(冷凍用の袋)に入れて冷凍庫に入れる。

 

03. 食べる場合
1. 自然解凍して食べます。

2. トーストして食べても良いです。

3. 他にも電子レンジでチンしてからトーストしたりする場合も有るでしょう。

 

食材は無駄にならないように

01. 一番良いのは
購入した食パンは決められた期限内に食べ切るのが一番良いです。食べ切らなくてダメにしてしまったりすると、食費がもったいないですから、なるべくなら食べ切ることが望ましい。

 

02. 冷凍保存
冷凍保存して賞味期限を延長する方法も良いです。この場合は、2〜3週間で食べ切るようにしてください。

 

03. 食費の節約に
冷凍保存をした場合は、食費の節約にも貢献します。あまり時間が無い場合は時短料理としてピザやフレンチトーストなどを作ったり、おやつとして利用したりすることも出来ますから、食材を無駄なく使い切ることが出来るでしょう。

特に食材を無駄にする=食費の無駄に繋がりますから、貴重な食材を無駄なく利用することが求められます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。