家計の節約 おやつ等の間食を見直して食費を抑え健康に配慮した生活

 

皆さん、こんにちは!

普段から、おやつなどの間食をしている方も多いのではないでしょうか?小さいお子様が居る場合やお仕事中の休憩時間でもお菓子などを食べてリラックスする場合も有ると思います。

今回は、おやつ等の間食を見直して食費と健康に配慮しようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

おやつを食べますか?

01. 小さい子供が居る場合
午前10時と午後15時の2回ぐらい間食をされることが多いと思います。食事と食事の中間あたりで小腹を満たす程度の間食をされると思います。お菓子だったり、フルーツだったり、各家庭によって色々でしょう。

 

02. 仕事の休憩時間
仕事の休憩時間にちょっと息抜きも兼ねて、お菓子やコーヒーなどの飲み物を飲食したりする場合も有るでしょう。 この場合は、小腹を満たすという感じではなく、息抜きや頭の中をスッキリさせたりリフレッシュしたりする目的で食べる感じだと思います。

お菓子の甘さは疲れた時の回復力が上がる効果が有りますから、仕事の休憩時間に食べる間食は業務終了時間までの繋ぎとしてとても有効な食べ物だといえます。

 

03. 帰宅後に食べる
学校から帰宅した場合は、夕飯までの繋ぎとしてお菓子を食べる場合が有るでしょう。また、仕事から帰宅した場合は、夕食後に一息ついた時間にビールやビールのおつまみとしてサキイカや柿の種などを飲食したりすると思います。

 

04. 食後のデザートとして
夕食後に食べる間食として、食後のデザートも該当するでしょう。プリンやゼリー、ヨーグルトなどのような食品であったり、林檎やバナナなどのフルーツだったりする場合もあります。

 

05. 誕生日やクリスマスなど
特別の日に食べるケーキなどのスイーツも間食に該当するでしょう。

※ これは節約してはいけません!

 

おやつや間食

01. 毎日おやつを食べる
この場合は、例え1回に食べる量が少なくても意外と間食の費やす出費は多くなると思います。毎日食べるため、常にストックを用意しておかなければなりませんから、毎週のようにお菓子などの買い物が必要になるでしょう。1回に買うお菓子の量も多くなるのでは無いでしょうか?

 

02. 毎日、食べない場合
一週間頑張ったご褒美として、土日だけに食べるという場合も有るでしょう。こういう場合は自分へのご褒美ですから、ちょっと豪勢だったりします。毎日仕事で疲れていて何も間食しないで丸1ヶ月過ごすというのはとてもストレスが溜まりますから、適度な間食というのも必要だと思います。

 

03. ストレス発散として
ストレスが溜まってしまうと、暴飲暴食を行なったりしてしまうことが有ります。暴飲暴食の場合は健康的にも良く有りませんから、普段からストレスが発生しない又はストレスを溜めない工夫(ストレス発散)が必要になります。

ストレス発散の対策として、間食というのも有効な手段なのですが、必要以上に摂り過ぎると肥満になったりしますから、注意が必要だといえます。

なかなかダイエットというのは難しい面も有りますから、ダイエットしなくても大丈夫なように適度にカロリーを調整しながら間食をするという事も必要でしょう。

 

間食を抑制して節約しよう

01. 健康にも配慮
毎日3回必ず摂る食事の他に間食を摂る場合、カロリーにも配慮して食べないと太ってしまったりする場合が有ります。

必要以上に飲食する生活を続けていると、自分では気が付かない内に、もっと何かを食べたいという欲求が少しずつ大きくなってしまいます。

健康診断の結果を見てビックリしてしまったという事も有るでしょう。そうならない為には、やっぱり、間食で食べる量やカロリーを調整しながら食べる必要が有るでしょう。

 

02. ストレスにも配慮
間食の場合、自分が気が付かない内にもっと食べたいという欲求が大きくなってしまいがちですから、時には我慢としう選択も必要だと思います。でも、我慢には限界が有りますから、限界を突破しないように調整するのが求められます。

急に間食は摂らないようにしてしまうと、ストレスが溜まり、ストレスの反動がとても大きくなりますから暴飲暴食に繋がります。

そのため、今食べている間食を少しずつ減らして行くようにするのが賢明の選択です。但し、完全に間食を止めるというのも良くないと思います。

やっぱり、色々な事情で疲れやストレスが溜まりますから、今まで食べていた間食がなくなるだけでもストレスは大きくなるでしょう。

ある一定の水準は食べるようにして行くのが良いでしょう。

 

03. 家計にも配慮
今食べている間食の量を少しずつ抑えていけば時間は要しますが、お菓子などの購入サイクルが少しずつ延びると思います。お菓子を購入するサイクルが長くなれば長くなるほど、節約に繋がります。

 

04. 自分へのご褒美にも配慮
仕事や家事などで人は色々と疲れやストレスという物が溜まるようになっています。これらの疲れやストレスを何処かで発散しないと病気になったりしてしまいますから、自分へのご褒美というのも必要だと思います。

もし、自分へのご褒美が1ヶ月に複数回あるのであれば、回数を減らす代わりに少し豪華にしたりするというような対策を行って、自分へのご褒美の費用を少し減額するという方法も有ると思います。

 

05. 特別の日に食べるスイーツなど
特に誕生日やクリスマスなどのイベントは削ってはいけないです。特別の日に食べるから良いのです。この場合は、他の何かで節約するのが良いです。手作りケーキなどを作るのも良いと思います。

 

06. 節約のコツ
間食で出費する金額を無理なく少しずつ減額していくのと同時に購入サイクルを少しずつ延ばしていくのが最善の方法だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。