家計の節約 レギュラーコーヒーの購入サイクルを見直して食費節約

 

皆さん、こんにちは!

スーパーなどでレギュラーコーヒーの瓶や詰め替えパックを購入して自宅で飲んで居る方も多いと思います。

コーヒー豆を買わなくても手軽に美味しいコーヒーを自宅で飲める便利な商品ですけど、意外と高いですよね。

今回は、レギュラーコーヒーの購入サイクルを見直して食費の節約に繋げようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

コーヒーを飲む人は何処で飲む

01. 自宅
スーパーなどでレギュラーコーヒー(粉)を購入したり、コーヒー豆を購入してコーヒーミルで挽いて本格的なコーヒーを味わったり飲んだりすると思います。

02. 会社
会社でもレギュラーコーヒーや自動販売機でコーヒー缶を購入したりして休憩時間に飲む事も有るでしょう。

03. コンビニ
コンビニではCafeに行かなくても美味しくて本格的なカウンターコーヒーを飲む事が出来ます。さらにはコーヒー缶やコーヒー牛乳等も豊富に取り揃えておりますから利用される方も居ると思います。

04. ファーストフード
マクドナルドやケンタッキーフライドチキンなどのファーストフードでもCafeに行かなくても美味しいコーヒーを飲むことが出来ます。コンビニと違って、座る席が用意されておりますから、のんびり座りながらコーヒーを飲む事も出来ます。

05. Cafe
コーヒーと言えば、Cafeやコーヒー専門店などで飲む人も多いと思います。Cafeの場合は、簡単な食事も出来ますから、とても便利だと思います。

06. 外出時
アチコチにある自動販売機でもコーヒー缶を販売している自動販売機が有ります。それらの自動販売機を利用してコーヒー缶を飲んでいる方も居るでしょう。

 

自宅で飲むコーヒー

01. レギュラーコーヒー
コーヒーミルを持っていない方やレギュラーコーヒーで十分な方は、スーパー等でレギュラーコーヒーの瓶や詰め替え用の袋を購入して飲むと思います。

 

02. コーヒー豆
焙煎してあるコーヒー豆を購入して来て、コーヒーミルで挽いてから飲むという方も居るでしょう。

Cafeのように自宅で焙煎まで行える機械を持っている人は少ないですから、せめて焙煎してあるコーヒー豆を購入して来て、自分で挽いて飲むという方の方が多いと思います。

趣味にしている方であれば、道具を持っていると思います。

 

どのように節約して購入サイクルを延ばすのか?

01. 通常の場合
スプーン1杯をコーヒーカップに入れてお湯を注いでブラックで飲んだり、お好みで砂糖やクリープ等を入れて味を付けて飲んだり、牛乳等を入れてコーヒー牛乳として飲んだりするでしょう。

 

02. 飲み方を見直す
コーヒーにクリープを入れている場合は、クリープの代わりに牛乳に変更したり、砂糖を入れている場合は砂糖の量を少なめに入れる等を行うことで節約に繋げる。

 

03. コーヒーカップを見直す
コーヒーカップの場合、ある程度の大きさになりますから、根本的にこのカップを小さめのカップに変更するのも1つの方法である。

例えばカップを、お茶の湯のみに変更することで、コーヒーカップの中に入れているコーヒーとお湯の量もその分、少なく出来ますから、毎日飲み続けながら同時にコーヒーの節約も行えると思います。

 

04. 瓶の中を見た時
コーヒーを購入するタイミングとしては、コーヒーの量が少なくなって来たのを確認出来た場合が多いですから、ココを見直します。

少なくなって来た事を確認した時点では購入せず、あと2〜3日で無くなるという時点で購入するようにした方が良いでしょう。

コーヒーが無くなってから新しいコーヒーを購入するのが良いのですが、コーヒーの愛飲者にとってはそれは難しいと思います。

 

その他

筆者はコーヒーの愛飲者では無いのですが、自宅でレギュラーコーヒーを飲んでいます。

ブラックで飲むと胃に良くないため、牛乳を混ぜて飲んでいます。コーヒーカップは、お茶で利用している湯のみですから、コーヒーの量はあまり減りません。いつも下の方はコーヒーが固まってしまいます。固まって来たら、コーヒーゼリーや手作りお菓子の材料などに利用したりしています。

毎回200gの瓶の中にコーヒーを入れており、詰め替え用を購入しています。詰め替え用なら、購入時も楽ですし、ゴミも少ないですから丁度良いです。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。