光熱費の節約 冷蔵庫は整理整頓で扉の開閉時間を短縮し電気代を節約

 

皆さん、こんにちは!

冷蔵庫の電気代を節約したいと考えるシリーズ。

今回は、冷蔵庫に保管してある食材を整理整頓して開閉時間を削減しようというテーマにについてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

テーマに関係のあること

01. 扉の開閉時間
冷蔵庫の扉を開閉すると冷気が外に放出されてしまう事により、冷蔵庫の庫内温度が上昇します。そのため、冷蔵庫は上昇した温度を冷やして設定された温度に戻すようにするため、電気が消費されます。

 

02. 扉の開閉回数
扉の開閉回数も開閉時間と同様に関係が有ります。扉の開閉回数が多ければ多いほど、冷蔵庫の庫内にある冷気が外に放出されてしまいますから、庫内温度がその分、上昇することになります。

扉の開閉回数が少なければ少ないほど、電気の消費量が少なくなり、電気代の節約に繋がります。

 

03. 食材の詰め込み
冷蔵庫の庫内に食材をアレコレたくさん詰め込みしてしまうと、何処に置いたのか?分からなくてなってしまいますから、扉を開けている時間も長くなります。その結果、冷気が外に放出され庫内温度も上昇して、電気を多く消費することになります。

 

開閉した時に冷気を逃さない対策

01. カーテンを付ける
よく冷蔵庫の扉を開けた時にカーテンをするのが効果が有ると言われておりますが、実際に取り付けてやってみたのですが、効果は感じられませんでした。むしろ逆効果だったといえます。

カーテンが有ると取り出しする時にハッキリ言って邪魔になりますから、その分食材等を取り出しする時間にもロスが生じます。それと、扉を開けた時に、カーテンが有りますから、何処に何が有るのか?パッと見で分かりません

あと、一瞬、動作が止まってしまい、ワンテンポ遅れてしまいます。

そのため、この冷蔵庫の庫内に取り付ける方法は、あまり効果が無いのではないかな?と思います。

 

02. 食材を少なくする
一人暮らしならば、冷蔵庫の中の食材を少なくすることは容易だと思いますが、家族の場合は難しいと思います。

特に小さいお子様が居る家庭では、食材を購入しに行くのも大変ですから、そんなに頻繁にスーパーなどに買いに行くよりもまとめ買いした方が逆に食費を節約することも可能になると思います。

食材を少なくするという方法は一人暮らしのような少ない人数ならば効果的といえる方法ではないかな?と思います。

 

03. 整理整頓
食材を減らすことなく冷蔵庫の扉の開閉時間を短縮するには、整理整頓しかないのかな?と思います。

冷蔵庫も机の中と同じで、整理整頓を行うことで、よく使っている物は取り出しが行いやすい位置に収納し、賞味期限の長い物は奥に収納といった感じでメリハリをつけて収納するのが良いでしょう。

言葉で言うのはとても簡単なのですが、実際にやってみると、意外と問題も色々と発生します。

特に、何処に何を収納すれば一番取り出しが行いやすいのか?が悩みます。レイアウトが非常に重要になって来るでしょう。

筆者は試行錯誤を繰り返している最中であるため、レイアウトが固まっておりません。これが固定されれば相応の効果が見込めるのではないかな?と思って頑張っています。

 

04. 冷蔵庫アラームを取り付け
誰でも簡単に行える対策として、冷蔵庫アラームを取り付けして、冷蔵庫が開いている時間を管理する方法があります。

ある一定時間、冷蔵庫が開いているのを抑制するためのアラームなので、それなりに効果が有るのではないかな?と思います。

 

筆者の開閉時間の短縮対策

01. 以前は
以前は確かに冷蔵庫の節電対策として、冷蔵庫に取り付けするカーテンを利用していました。

実際に取り付けして試してみると、食材の取り出しの際に邪魔である事とパッと見た時に見えないといった問題もあり、取り外しました。

特に、何処に有ったっけ?と考えてしまうため、軽くワンテンポぐらい遅れていました。そういうこともあり、今はでは利用していません。

 

02. 少し前は
机の中の引き出しと同様に冷蔵庫の中も整理整頓してみました。でも、1ヶ月も経たない内に元通りの状態に戻ってしまいました。ちゃんと収納場所を決めて収納するようにしないと、ダメなんだな〜と思いました。

 

03. 現在は
冷蔵庫アラームと整理整頓の2段構えで実践しております。

100均ショップで冷蔵庫を自分のレイアウト通りに収納するためのケースなどを購入して取り出し易いように配置しております。

でもその配置が果たして適切なのか?はまだ分かりませんから現在は試行錯誤を繰り返している状態だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。