ガス料金の節約 自宅のLPGガス料金が高いならガスの使用を見直し

 

皆さん、こんにちは!

自宅のガスは都市ガスですか?それともプロパンガスですか?

プロパンガスの場合、ガス料金が高くありませんか?

今回は、プロパンガス料金が高い場合の対策についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

自宅が戸建の場合の対策

01. 料金表を貰う
プロパンガスの販売店に連絡し、料金表を貰いましょう。特別の理由がない限り、拒否されることは有りません。

 

02. 適正価格を調べる
一般社団法人プロパンガス料金消費者協会のホームページにアクセスし、各都道府県の適正料金を確認する。

 

03. 適正価格より高かった場合
適正価格を調べた結果、頂いた料金表と比較して適正価格(基本料金と従量料金)よりも高かった場合は、適正価格になるように交渉します。

交渉した結果、適正価格以下にならない場合は、他のプロパンガス会社に変更するのが賢明の選択でしょう。

 

04. 適正価格よりも少ない金額だった場合
プロパンガスは適正価格で提供されているため、ガスの使い方を見直して、どのくらい改善できるのか?を確認しましょう。

丸1ヶ月経過してもあまり改善されない場合は、プロパンガスの販売店に連絡し、どのようにガスを使えば節約になるのか?を聞きましょう! たいていの場合、ちゃんと教えてくれます。

可能ならば、電話で済ますということはせず、自宅に来てもらって自分が納得できるまで説明してもらうのが最善です。

納得しないまま、自分の思い込みでガスの使用を見直しても効果がありません。

 

05. もし、教わった通りに見直しても改善しなかった場合
自宅に訪問したプロパンガス会社の担当者の能力不足という場合も有りますから、その場合は責任者の方に来てもらい、再度説明してもらうのが良いです。

それでもダメだったら、別のプロパンガス会社に変更するのも1つの方法だと思います。

※ 自分達もやれるだけの事はやりましたけど、改善できなかったので他のガス会社に変更しますと堂々と言うことが出来ます。

 

06. 注意事項
プロパンガス料金が安いから、他の会社に切り替えるといった場合も有ると思います。この場合はちょっと注意が必要になります。

確かに毎月のガス料金は前の会社よりも安くなりました。でも、ある時、給湯器などが故障してしまいました。見に来てもらったら、壊れているから給湯器を交換しましょうという説明が有り、見積をもらったら、金額にびっくり。

以前のガス会社の方が給湯器や工事代金は良心的だった!ということも有ると思います。

このような場合も有りますから、アフターサービスや故障して交換になった場合も考慮した上で他のガス会社に切り替えするのが賢明の選択です。

 

自宅が賃貸の場合

01. 先ずは使い方を見直し
ガス料金が高いと感じているのだから、ガスの使い方を見直したとしても思ったよりも安くはならないと思います。それでもガスの使い方を見直し、改善を行う必要があります。

 

02. ガス会社の変更は難しい
自宅が賃貸の場合は戸建と違って簡単では有りません。

戸建の場合はプロパンガス会社を変更できるという最終手段が有るのに対して、賃貸の場合は入居者がプロパンガス会社を変更することは出来ません。

プロパンガスを変更することが出来る権利を持っているのは大家さんです。

 

03. 大家さんに相談
ガスをほとんど使っていないのに、ガス料金が高いという場合や、ガスの使い方を見直して改善まで行なっているのに、それでもガス料金が高いという場合は大家さんに相談するしかありません。

※ 但し、大家さんは近くに住んでいるとは限らない
物件を所有している大家さんは物件の近くに住んでいるとは限りません。場合によっては他の都道府県だったりするでしょう。

 

04. 一番良い解決策
ガス料金が安いアパートを自分で調べて、転居するのが一番良い選択だと思います。

但し、他の物件に転居する場合は、敷金・礼金が発生しますから、そこまで考慮する必要があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。