食費の節約 食材や食パンを活用しておやつを手作り料理して食費節約

 

皆さん、こんにちは!

毎日、お菓子などのおやつを食べていませんか?

食費に占めるおやつの割合は、けっこう多かったりするでしょう。

今回は、おやつを手作りして節約に繋げようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

おやつについて

01. 色々な種類
お煎餅やビスケット、飴玉、ポテトチップスや大福やだんごなど色々な種類があります。

 

02. 毎日たべる
各家庭にもよりますが午前と午後の2回だったり、午後の1回だけだったりするでしょう。毎日食べていると、食事と同じで日課のような感じですから、急におやつを止めるということは難しいでしょう。

 

03. 毎日ストック
おやつを食べている人にとっては、毎日の日課であるため、ある程度のお菓子をストックしておく必要があります。

 

04. 食費に占める割合
毎日お菓子を食べますから、食費に占める割合も多いと思います。各家庭によっても違いますが、おやつの割合が半分以上という場合も有るでしょう。

 

食べる名目も色々

01. 毎日の日課として
食事と同じで毎日食べる物という感じで、何の違和感もなく、お菓子を食べる。

 

02. 特別の日
誕生日やクリスマスに食べるケーキなども、ある意味おやつになります。

 

03. 自分へのご褒美
仕事や家事などで1ヶ月頑張った自分へのご褒美として美味しいスイーツを食べる場合も有ります。特にストレス発散にも役立ちますから、自分へのご褒美は必要だと思います。

但し、必要以上に食べ過ぎてしまうと肥満になりますから健康にも配慮する必要が有るでしょう。

 

04. お土産
友達などから、旅行等のお土産として海外のお菓子などを頂く場合もありますし、自分が食べるように購入する場合もあります。

 

食費に占めるおやつの割合を減らそう

01. 毎日のおやつをセーブ
一番良いのは毎日のおやつをセーブするのが健康にも食費にも良いです。しかし、毎日同じ量のお菓子などを食べていると、急に少なくするというのは意外と難しいものです。

この場合は少しずつ減らしていくようにしていくのが良いでしょう。

 

02. お菓子は毎日買わない
色々な場所にあるコンビニ等でお菓子を毎日購入している方も居ると思います。特に昼食や夕食用のお弁当を購入したりする場合に一緒にお菓子なども購入といった感じ。

このような場合は、お菓子は毎週1回だけスーパーなどで一週間分のおやつをまとめ買いするように切り替えるなど。

 

03. 計画的に購入
食事と同じようにおやつも食事の献立の中に組み込み、計画的に購入する必要があります。計画が無いから、行き当たりばったりで『食べたいな〜』と思って購入してしまうということも有ります。

特別の日や自分へのご褒美などで購入するスイーツは別として、それ以外の毎日のように食べるおやつは計画的に購入するのが良いでしょう。

 

04. 自分へのご褒美は手作りにする
自分へのご褒美として、ちょっと豪勢な美味しいスイーツを食べる場合も有るでしょう。毎日仕事や家事等で頑張った自分へのご褒美だから意外とお金を掛けたりすることも多いです。ストレス発散も兼ねますから必要な出費には違いないと思います、

ケーキ屋さんなどで購入するケーキは小さかったりしますし、自分へのご褒美だから2つ買うといった場合も有るでしょう。

自分で手作りすれば、自分好みの味や必要な量を調整して作ることも出来ますから良いと思います。

※ ホットケーキミックスで作れば、色々なお菓子を作ることが出来ます。

 

05. 食パンを活用
毎日ケーキやクッキーなどを手作りするのは大変ですから、食パンを活用してアレンジするのも良いと思います。

特に食パンの場合は冷凍庫で冷凍保存が行えます。

直ぐに使わない分は冷凍庫で保存し、冷凍保存した食パンは、ピザを作ったり、トースターで焼いて食べたり、フレンチトーストにしたりと色々な料理に変身します。

さらには、食パンの耳もお菓子になりますから、とても便利に利用できる食材でしょう。

家計の節約 食パンは1枚ずつ冷凍庫に2〜3週間保存して食費節約
皆さん、こんにちは! スーパーなどで食パンを購入して食べ切れなくて賞味期限を過ぎてしまったことは有りませんか? 又は、食べ切ることは出来たけれども無理して食べてしまったなど。 今回は、食パンを有効に保存&活用して食費の節...

 

06. 食費を節約
スーパーやコンビニ等で購入するお菓子を毎日食べると、食費に占める割合が高くなりますから、毎日食べるおやつを見直すのも必要です。

但し、毎日食べる場合は、毎日食べ続けながら食費に占めるおやつの割合を少なくしていく 対策が必要になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。