生活費の節約 家計に優しい100均グッズは余計な出費に気をつけて

 

皆さん、こんにちは!

100均ショップはアチコチにありますけど利用しておりますか?

今回は、100均グッズの買い過ぎには気をつけて〜というお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

100均ショップ

01. 立地場所
ショッピングモールやイトーヨーカ堂、イオンなどにも有るため、買い物ついでに見に行く事も多い。

鉄道の駅周辺に有るスーパー 又は 郊外の人の大規模スーパーに有ることが多いため、平日・休日問わず、お買い物ついでに気軽に寄ることが出来るのでとても便利である。

 

02. 価格がお手頃
税抜100〜200円であるため、この程度の金額なら大丈夫という感じになってしまうため、ちょっと手に取ってしまって良さそうな物は買い物かごに入れてしまう場合が多い。

 

03. 品揃えが豊富
食品から多肉植物まで色々なジャンルの商品が陳列されているため、郊外にあるホームセンターに行く必要がないのが嬉しい。小さくて便利なホームセンターって感じである。

たいていの場合、ホームセンターは駅前には有りませんから、通勤や通学の帰りに立ち寄ることが出来ます。

 

04. アイデアグッズ
アイデアグッズや便利グッズも100均ショップで販売されていることが多く、お手頃価格でとても便利。

 

あれ?と思うこと

01. 壊れやすい商品
100円で購入できる商品なので品質が劣っても仕方のない部分なのですが、それでも気になります。

品質を気にしなくても良い商品を購入する場合なら問題ないのですが、とても便利で助かっているけど壊れやすいです。

壊れやすいから、壊れた商品が必要な場合なら、また購入するって感じの繰り返しである。

 

《壊れやすい物の代表例》
ファスナーポーチのファスナー部分。

ファスナーを持つ部分が、ちょっと力を加えるとポキポキと直ぐに折れてしまう。でも日常から旅行まで便利に使用できるメッシュのポーチであるため、必要だから壊れたら直ぐに買いに行ってしまう。

 

02. しっかりとした商品もある
もうかれこれ40回ぐらい使っていて、まだまだ利用できるのですが、ケーキのパウンド型(アルミ)は頑丈でとても重宝しております。

サイズはちょっと小さめなのですが、繰り返し何度も使用できる便利な調理グッズでしょう。

 

03. 余計な物を買いやすい
とても便利な商品の100円で購入できるバージョンであるため、壊れても、どうせ100円だから仕方がないと思ってしまう。 又は、ちょっと試しに購入してみただけだから〜と思ってしまうことが多い。

たったの100円だから大した金額ではないと感じてしまうのである。その結果、予定外の商品を購入してしまったりすることも多いと思います。

そもそも100円ショップは買い物のついでに立ち寄っていることが多いですから、立ち寄った時点で余計な買い物をしてしまうって感じである。

 

04. 購入しても使わない商品
もともと目的を持って購入していない場合が有りますから、そんな場合にふら〜と立ち寄って、こんな商品が有るんだ〜 後で使ってみようという感じで購入してしまう場合がある。

このような場合、手に取った時点では興味があって購入してみたは良いけど、実際には一度も使われなかったり、一度使ってみたは良いけど、その後は使わなくなったといった商品も多いでしょう。

 

余計な出費に気をつけよう

01. 便利で役立つ
100円だから仕方がないと感じる商品も多いですけど、確かに日常生活に役立つ便利なグッズも有ります。

 

02. 目的を持って購入
日常生活に役立つ便利なグッズだとしても、自分はこの便利グッズを100均で購入するために来た!という場合なら問題ないです。

しかし、ふら〜と立ち寄ってついでにこの商品が有ると便利そうだな〜や安くおやつが購入できるという理由で購入してしまう場合も多いでしょう。予定外の出費も意外と多いものです。

特に、必要な物は1つだけなんだけど、1つだけ購入するのはちょっと〜という感じで他の商品も購入するという場合。

ピンポイントで1つ購入できれば良いのですが、心理的に100円の商品を1つだけ購入ということが出来ない。

 

03. 特に用事が無い場合
暇つぶしに100均ショップに立ち寄ることはしないようにしましょう。100均に行ったら、暇つぶしに色々な商品を物色できますけど、つい手に取っていつの間にか購入してしまいます。特に用事が無い場合は行かないようにするのが良いです。

 

04. 少額は気を付けよう
100〜200円ぐらいなら大丈夫という買い方は気を付けた方が良いです。余計な物を購入してしまっているのでは有りませんか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。