電気代の節約 夏は吸汗速乾のシャツやパンツも活用し爽かに暑さ対策

 

皆さん、こんにちは!

夏の暑さ対策は何か行っていますか?

電気代も一段と増えますから夏場は頭が痛くなることもあると思います。

今回は、夏の暑さ対策についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

夏は電気代がアップする

01. 夏は蒸し暑い
夏は日照時間も長く蒸し暑くなるため、エアコンの稼働率が非常に高くなり、電気の消費量も多くなります。特に午後の13〜15時台はとても暑くなる時間帯ですから、エアコンの設定温度が高い場合は暑く感じることもあるでしょう。

扇風機やサーキュレーターとの併用が必要になるでしょう。

 

02. 寝苦しい夜
夜も蒸し暑さが残るため、夜晩くまでエアコンを使用又は翌朝までエアコンを使う等をしないと寝苦しくて眠れない日が多くなります。暑くて眠れないと寝不足やストレスの原因にもなりますから、夜は快眠が望ましいでしょう。

冷却マットやひんやり枕などの快眠グッズなどを利用している人も居ると思います。でも、流石にエアコンを利用しないで、これらの快眠グッズだけでは快眠できないと思いますから適度なエアコンと扇風機の使用が必要になります。

 

03. 冷蔵庫の開閉も多い
暑くてよく汗も出るため、自然と喉の渇きも多くなりますから、冷たい飲み物が欲しくなります。冷蔵庫に入っている冷たい牛乳や麦茶などを飲む機会が多くなるため、冷蔵庫の開閉回数や開閉時間も多くなる。

※ 冷蔵庫は電気の消費量が多い家電である。

 

電気代を抑制しながら涼しくなる暑さ対策グッズ

01. 冷感タオルを利用
気化熱や保冷剤を利用した冷感タオルなどが該当しますが、これらのタオルは高鹿に冷たく感じますが、冷たく感じる持続時間が短いのが残念である。

それでも一時的に冷たく感じることが出来るため、夏の暑さ対策には重宝するグッズの1つです。

 

02. ソーラーパネル搭載の携帯用扇風機
ソーラーパネルが搭載された携帯用扇風機の場合は、太陽光で発電しますから電気代が掛からないのが良いのですが、太陽光の場合、風量が少し弱い感じになるのが残念なポイントである。

さらには、扇風機の羽がとても小さいため、首元ぐらいしか涼しくすることが出来ません。

USB給電でも利用することが出来るため、スマートフォン用のモバイルバッテリーを利用して使用するといった事も出来るのが良いでしょう。

 

03. 首からぶら下げて利用する携帯ファン
乾電池式の首からぶら下げて利用する携帯ファンの場合は、首元が涼しくなる携帯用扇風機です。通勤や通学、仕事等でも利用することが出来るため便利なのですが、毎日利用するとなると乾電池の消費が多くなるでしょう。

※ 単三型の充電池を使用して利用するのが必須になるでしょう。

 

04. 扇風機
なんといっても扇風機はエアコンと違って電気量も少ないですから、夏ではとても便利な家電でしょう。扇風機の場合はエアコンとの併用で効果が発揮されますから、エアコンを使用する場合はセットで使用するのが良いです。

 

05. 快眠グッズ
夏の暑さは尋常では有りませんから、快眠できないと翌日にも影響が出ますし、寝不足が続くと健康にも良く有りませんから、冷却マットや冷却枕などの快眠グッズも必需品になると思います。

 

吸汗速乾の服装も効果あり

01. 暑さ対策はグッズだけではない
色々な節電効果の有る物や暑さ対策グッズを利用したとしてもそれだけでは効果が限定されてしまうでしょう。着ている衣服も暑さ対策を行わないと意味がありません。

02. 吸汗速乾の服装
吸汗速乾というとスポーツ等で利用するタオルというイメージが有りますが、インナーやズボンなども吸汗速乾に対応した物が販売されております。

汗を吸って直ぐ乾く素材で作られているため、たくさん汗をかいても不快な気分になることが少ないですから、夏の暑さ対策にはとても有効です。

 

03. 吸汗速乾のズボンもある
吸汗速乾性のある衣服となるとインナーが多いですが、ズボンも有りますから、夏場での利用はとても重宝すると思います。

 

04. 吸汗速乾は爽かである
汗をかいてもベタつきにくいですから肌触りも良い物も有ります。但し、全ての吸汗速乾の衣服が肌触りが良いということでは有りません。

 

電気代のアップを抑制しながら、最適な対策を行う

01. エアコンをフル稼働させる場合
エアコンの設定温度を推奨の設定温度である28度に設定し、扇風機やサーキュレーター+吸汗速乾の服装が良いでしょう

 

02. エアコンを必要最小限に使う場合
エアコンは午後の一番暑い時間帯だけ利用し、それ以外は扇風機や暑さ対策グッズで乗り切るという場合も有ると思います。

この場合は服装は、なるべく多く吸汗速乾の衣服を着るなどの対策が必要になるでしょう。

 

03. 夜は・・・
夜通しエアコンを利用すると、電気代が増えてしまいますが、エアコンは熱中症対策にもなりますから、多少の電気代アップは仕方が無いと思います。

 

04. 電気代がアップした分
電気代を抑制するためにエアコンの使用も控えるといった方も居るでしょう。

熱中症はとても怖いですから、熱中症の対策を行った費用として考えるのが良いと思います。

でも、 エアコンの使用を抑制して熱中症になってしまったら何の意味もありません。そのように考える事も時には必要だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。