貯蓄と家計のやりくり 毎日のお茶代を節約してお金を貯める小銭貯金

 

皆さん、こんにちは!

節約してお金を貯めるシリーズ。

今回は、毎日のお茶代をコツコツ貯めて年間3〜4万円ためるお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

外で飲み物は飲んでいる?

01. 通勤や通学の場合
通勤や通学している場合は昼休み、通勤や通学の帰りなどはペットボトルのお茶やジュース、缶コーヒーなどを飲んでいる人も居るでしょう。

特に夏場の場合は、蒸し暑いですから汗も多くなり、水分を求める回数も多くなります。人によっては毎日数本のペットボトルを購入される場合も有ると思います。

 

02. ジョキングやウォーキングなど
健康や趣味などでジョギングやウォーキングを行なっている場合は水分補給を兼ねてスポーツドリンクを自動販売機やコンビニ等で購入する機会が有ると思います。

運動していると汗もかきますから喉が渇き潤いが欲しくなります。そのようなグッドタイミングの時にコンビニや自動販売機が近くにあると、ほぼ確実に立ち寄ることになるでしょう。

やっぱり水分補給はとても大切ですから、こまめに補給しないと脱水症状になったりするため、運動する場合は必需品です。

 

03. 土日祝日
土日祝日の場合は自動販売機やコンビニ等で飲み物を購入する回数は少ないと思いますが、家族でお出かけしたり、土日祝日を利用して旅行に行かれる場合も有ると思います。

このような場合ではコンビニや自動販売機で飲み物を購入される場合も有るでしょう。家族で日帰りでお出かけする場合は、水筒にお茶などの飲み物を入れて持って行かれる方が多いのではないでしょうか?

 

毎日飲むと1年でどのくらいになるのかな?

01. 毎日1本飲んだ場合
毎日自動販売機でペットボトルの飲み物を購入した場合、だいたい130〜160円の小銭が必要になるでしょう。

1本あたり130円だと仮定して1ヶ月、自動販売機で購入した場合、1ヶ月の飲み物代は3900円になります。

もしペットボトル1本あたり160円だった場合は4800円になります。

1年で46800円〜57600円という金額になります。

 

02. 平日の5日だけの場合
平日の5日だけ毎日1本ずつ購入した場合、1ヶ月あたり2600円〜3200円になります。1年で31200円〜38400円という金額になります。

 

03. シーズンによっても違う
外出先で飲み物を購入する場合、よく購入するシーズンは夏場になります。夏場はペットボトルの飲み物が1本で済むとは限りませんから人によっては2〜3本購入するといった場合も有るでしょう。

仮に夏場の暑い時期の7〜9月の3ヶ月を毎日2本自動販売機で購入した場合、3ヶ月の合計金額は7800円〜9600円になります。

夏場の暑い時期に限定したとしても毎日購入するとなると、こんなに費用が発生していることになります。

これはペットボトルの飲み物は価格も130〜160円という少額だから、1日として考えると、ぜんぜん大した金額ではないという認識になってしまうのです。

 

04. 塵も積もれば山となる
1回あたりの金額が130〜160円ですから、喉が渇いて水分が欲しくなると自然に買い求めてしまうと思います。

誰も購入する時に1年という長い期間で考えませんから、自分ではそんなに多くの金額を支払っているイメージが沸かないのが原因の1つになります。

 

毎日1本のペットボトルを節約して貯金を

01. 毎日(365日)1本を購入した場合
毎日1本のペットボトルを節約するだけで46800円〜57600円の節約に繋がりますから、性能が良い最新Androidのスマートフォンを購入できる金額に相当します。

 

02. 毎日(平日だけ)1本を購入した場合
毎日1本のペットボトルを節約するだけで31200円~38400円の節約に繋がりますから、こちらの場合でも、そこそこの性能の最新Androidのスマートフォンを購入する事が出来る金額に相当します。

 

03. たったの1本を節約するだけで
毎日の日課のように購入しているペットボトルの飲み物をたったの1本分節約するだけで年間31200円〜57600円の金額を貯金できることになります。

 

04. でも・・・水分補給はどうするんだ?
マイボトル(水筒)を職場や学校、旅行、ちょっとしたお出かけの場合でも持って行くようにします。

職場によっては個人的な荷物は全てロッカーに保管しなければいけない場合も有りますから、そのような場合には実践できないのと、全く参考にならないと思います。

でも、仕事以外の休日や旅行、お出かけ等であればマイボトルを持って行くことは出来ますから少しは節約して小銭貯金が行えるのではないでしょうか?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。