生活費の節約 お米のとぎ汁は油汚れの食器洗いや拭き掃除に活用を

 

皆さん、こんにちは!

お米のとぎ汁を捨てていたりしていませんか?

ただ捨ててしまうのは非常にもったいないです。

今回は、お米のとぎ汁の活用についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

お米を洗う場合

01. お米を洗う
だいたい3〜4回ぐらい研ぎ洗いをしていると思います。あまりやり過ぎると栄養も捨ててしまうことになりますから、3〜4回がベストだと思います。

02. 無洗米
無洗米は洗わなくても良い加工を施しているため、洗う必要はありませんが、洗った方が美味しく炊ける場合もあるようです。

 

お米のとぎ汁はどうするのか?

01. 無洗米の場合
そもそも無洗米の場合は、お米を洗う必要がありませんから、お米のとぎ汁は有りません。そのまま炊いて美味しく炊くことが出来ますからとても便利なお米です。

 

02. 無洗米以外のお米
無洗米以外のお米を使ってご飯を炊く場合、お米を研ぎ洗いする時に、お米のとぎ汁が出て来ます。このとぎ汁はそのまま台所の流し台に捨ててしまう場合が多いです。

台所の流し台でお米を研ぎ洗いすることが多いですから、何も気にかけずに捨ててしまっている感じだと思います。

 

捨てるのはもったいない

01. 捨ててしまっている
お米の下準備に時間を掛けたくない等も含めて、台所の流し台に捨ててしまっている場合も有るでしょう。

お米のとぎ汁には、お米の成分が流れ出ていますから、その成分を利用しないで捨ててしまうのは非常にもったいない捨て方だと思います。

 

02. お米のとぎ汁は活用できる
お米のとぎ汁には洗浄効果があるため、食器洗いや掃除などに利用することが出来ます。この洗浄効果を使わないで無残に捨ててしまうのはもったいないです。

 

お米のとぎ汁の活用方法

01. 油汚れの強い食器洗いで活用
日常の食生活において油を使って料理は非常に多いと思います。カレーライスや野菜炒め、チャーハンなど色々な料理に油が使われております。

油を使った料理を載せたお皿を洗う場合、洗剤をつけて洗いますから、水道水も多く使うことになります。

お米のとぎ汁を入れたたらいや洗い桶などに、油汚れのある食器をつけておくだけで、洗剤をつけなくても簡単に水で流し洗いすることが出来ます。

但し、しつこい油汚れの場合は少し洗剤をつける等が必要になりますが、それでも水道水の節水に繋がりますから便利なアイテムだといえます。

 

02. 雑巾等での拭き掃除に利用
バケツの中にお米のとぎ汁を入れて雑巾を浸して、拭き掃除に活用することが出来ます。お米のとぎ汁には油分も含まれているため、床や階段等の拭き掃除にはもってこいです。綺麗にピカピカになります。

 

03. お風呂掃除でも
お風呂の垢を落とす時にも利用することが出来ます。お米のとぎ汁を使うことで垢が取れやすくなる効果があるようです。

 

04. お花や草木の水やり
お掃除だけでなく、庭に植えてあるお花や草木にも利用することが出来ます。但し、お米のとぎ汁にはデンプンも含まれておりますから、お米のとぎ汁を与え過ぎると害虫も発生してしまうデメリットも有りますから十分に注意して与えるのが良いでしょう。

 

水道料金の節約への対策

01. 水道の節約
お米のとぎ汁を毎日の食事の食器洗いに利用することで水道料金の節約にも繋がりますから、捨てないで活用できるようにする対策が必要です。

たらいや洗い桶などはサイズも大きいですから、いつもキッチンの流し台の近くに置いておくというのも難しいでしょう。

必要な時に必要なだけ利用できるような対策が必要になると思います。

水道をよく使うのはお風呂と料理が多いですから、節水できる部分は節水したいものです。

 

02. 可能なら・・・
お米の研ぎ洗いする時は、流し台のごみ受けの中にバケツを入れる等を行ってと上手くお米のとぎ汁をキャッチできるようにしたいものです。そのような便利なグッズがあれば良いですけどね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。