家計の貯蓄 毎日外で食べる昼食代を節約してお金を貯める貯金を

 

皆さん、こんにちは!

仕事をされている方はお昼休みに外食をされる方が多いと思います。毎月、昼食の外食代はいくら?ぐらいになっているのかご存知でしょうか?

今回は、毎日外で食べる昼食代を節約して貯金をしようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

お昼休みに食べる昼食は色々

01. 社内食堂
会社内に会社で働く従業員向けに食堂が併設されている場合、お昼は社内食堂で食べる方が多いでしょう。 昼食代も会社が一部負担していたりして価格も安いことが多いです。

 

02. 外食
会社に社内食堂が無い場合は、外食する方が多いのではないでしょうか?ランチ専門や人気のある食事店も沢山ありますから、今日は何処に何を食べに行こうかな?と悩むことも有ると思います。又は、何を昼食を楽しみにお仕事をしている場合も有るでしょう。

その他には、近くに一般でも利用できる大学の学食がある場合は、大学の学食を利用される場合も有ると思います。

一般にも開放してある大学の学食は美味しいですから、利用してみたいと考えている人は多いと思います。

 

03. お弁当を購入
毎朝、お弁当を作るのは難しい場合や会社の近くに美味しくて価格も安いお弁当屋さんが有ったりする場合は、お弁当を購入することも有るでしょう。

コンビニにも美味しいお弁当やサンドイッチ・おにぎり等が販売されておりますから、コンビニを利用される方も多いと思います。

 

04. お弁当を持参
毎朝お弁当を作るのは大変だけど昼食代を節約したいという方 又は、外食すると肥満になってしまう場合が有りますから肥満になりたくないといった方は手作り弁当をを作って職場に持って来るといった場合も有るでしょう。

 

毎日の昼食代はどのくらい?

01. 1日あたりの昼食代
人によって1日あたりの昼食代は違いますから、一概には何ともいえませんが、だいたい500〜1000円程度ではないでしょうか?

コンビニでお弁当を購入した場合でも必ずではないですが、ペットボトルなどの飲み物も一緒に購入する場合が多いですから、500円以上になることが多いと思います。

また、ついでに休憩時間などや家で食べるお菓子なども購入する場合も有りますから、意外と昼食代は掛かっているのでは?と考えます。

さらには、消費税の分も有りますから、500円以内で済ませるというのは意外と難しい感じです。

 

02. 1ヶ月(1年)あたりどのくらい?
500円の場合、平日5日と仮定して、1ヶ月(20日出勤の場合)の合計金額は1万円になります。それに対して、まったく同じ条件で1000円の場合は、2万円になります。

昼食代だけど1〜2万円の出費を行なっている計算になります。1年で12〜24万円という金額になります。最新のPCなどが購入できる金額になります。

でも、人によっては毎日の昼食が1000円以上だったり、出勤日数も20日前後等だったりする場合がありますから、必ずしもこの12〜24万円の範囲内ということではないでしょう。

 

節約しませんか?

01. 外食している場合
いつも食べている価格帯の食事よりもワンランクダウンさせた価格帯の食事にするなどの対策を行うことで、節約することは十分に可能だと思います。

しかし、一人で食べる場合はこれで良いかも知れませんが、職場の人達と一緒に食事に行くという場合も有ると思います。そういった時に一人だけワンランクダウンの食事を注文するというのも気が引けたりと、なかなか難しい感じがあるのも事実でしょう。

 

02. コンビニやお弁当屋さん等で購入の場合
お店に行く前に予め購入する物を決めておき、必要な物以外は一切買わない等の対策が必要になるでしょう。

特にコンビニの場合、レジで並んでいる時に魅力的ないかにも美味しそうな食品が色々と陳列されておりますから、つい手に取って買ってしまうという感じになってしまう場合も有ると思います。

やっぱり、こういう事(手に取ってしまう)を防止しない限り、節約というのは現実的に難しいでしょう。

 

03. 節約するなら
毎朝、作るのは大変ですけど、手作り弁当を持って行くのが一番安上がりだと思います。年間12〜24万円も出費するというのは、とても大きな金額になりますから、検討してみた方が良いと思います。

 

節約できたら、貯蓄へ

01. 先ず昼食代の節約を考える
仮に年間12〜24万円の範囲内で出費している場合、可能なら出費額の半額を節約し、もう半分を貯蓄に充てるような節約計画を練る必要があります。

貯蓄するには、具体的な数値目標が無いと途中で挫折する場合が多いですから、節約する目標金額を考えましょう。

 

02. 家計簿を付ける
家計簿をつけることで、お金の流れを把握することが出来ますし、継続することで分析ツールにもなりますから節約計画を作る場合に役立つ資料になります。

家計の管理 先ずは家計簿でお金の流れを把握して生活費の節約を計画
皆さん、こんにちは! 生活費の節約をしたいと考えている方は多いと思います。 でもどうやって節約すれば良いのか?分からないのも事実だと思います。 今回は、生活費を節約するにはどうすれば良いのか?というお話になります。...

 

03. 貯蓄計画を立てる
具体的に毎月、どのくらいの金額を節約し、節約できた金額を貯蓄に充てるのか?という貯蓄計画を作りましょう。

 

04. 計画倒れにならないように!
実際に節約できた場合、本来なら貯蓄に充てるお金を1ヶ月頑張った自分へのご褒美として美味しいスイーツを購入したり、食事に行ったりする費用に充てる場合も有るでしょう。

そういう事も考慮した上で、実現可能な貯蓄計画が求められます。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。