生活費の節約 便利に使える電子マネーは枚数を限定して出費の抑制を

 

皆さん、こんにちは!

電子マネーはいくつ持っていますか?

交通系ICや流通系だったりインターネットに限定するものだったり色々ある電子マネー。

今回は、この電子マネーの節約についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

よく利用している電子マネー

01. 交通系IC
SuicaやPasmoといったJRや私鉄などの交通系ICカードが該当するでしょう。交通系であればどれか1つさえ持っていれば、ほぼ日本全国どこでも利用できますから、とても便利なカードでしょう。

また、駅ビルや駅の施設、コンビニ等での支払いにも利用できますから鉄道やバスだけでなく、日常生活においても便利に利用できるカードでしょう。

 

02. 流通系IC
楽天EDY、WAON、naaco などの流通系IC カードが該当します。

楽天EDYは、ほぼ全てのコンビニ各社で利用できますし、マクドルドといったファーストフード、ファミレス等での利用や楽天関連サービスでも利用できる便利な電子マネーです。

それに対して、nanacoやWAONは、7&I グループやイオンのグループのお店、提携している店舗などで利用できます。

 

03. ウェブマネー
インターネット上で利用できるウェブマネーという電子マネーもあります。ウェブマネーカードならばマスターカードが利用できる店舗でも決済することが出来ますから、インターネットに限らず便利に利用できる電子マネーの1つでもあります。

 

04. その他
上記以外にも色々な電子マネーがたくさん有るでしょう。

 

色々ある電子マネーは全部使っている?

01. 電子マネーは何種類もっている?
鉄道を利用している方であれば、交通系ICカードは必ず1つは持っていると思います。イオンやイトーヨーカドーなどを利用されることが多い方の場合は、それぞれWAONやnanacoといった各スーパーに対応する電子マネーを利用されていると思います。

 

02. クレジットカードにも搭載されている
クレジットカードの一体型で搭載されている電子マネーもあります。

 

03. 意外と保有している
使う?使わないは別として2〜3枚は持って居るのではないでしょうか?クレジットカードを多く保有している人は、電子マネーを搭載した一体型カードも1つは持っていると思います。

特に普段の買物で利用するイオンや7&i グループのお店での支払などで利用する場合も多いのではないでしょうか?

また、楽天市場を利用されている場合、楽天カードにも楽天EDYが搭載されておりますから、なんだかんだいっても3枚ぐらいは持っている計算になります。

 

どうして枚数を限定した方が良いのか?

01. チャージしたお金
SuicaやPasmoなどの交通系ICカードの場合は手数料を支払えば、チャージしたお金を現金に戻すことが出来ますが、他の電子マネーは一度チャージしたお金は現金に戻すことが出来ません。

今使っている電子マネーを使わなくなったとしてもお金を現金に戻すことができないですから、0円になるまで使い切る必要があります。

 

02. 保有している電子マネーが多いと
おそらく皆さん、電子マネーは用途別に利用されていることが多いと思います。どんな用途でも利用できる万能タイプだったり、よく利用するお店の電子マネーだったり、色々な用途が有るでしょう。

アチコチにお金をチャージすると、このお店ではコチラの電子マネー、あのお店ではこの電子マネーといった感じになってしまうため、利便性が悪いでしょう。

 

03. 1〜2枚に限定しましょう
クレジットカードと同じように電子マネーも1〜2枚に限定した方が良いです。1つは手数料を払ってもチャージされているお金が戻って来るSuicaやPasmoなど。もう1つは、日常の生活でよく利用している物

 

節約するなら

01. 使えるお金は分散しない方が良い
お金は色々な物を購入したり、お金を貯めたり、お金を増やしたりする為にありますから、色々な電子マネーにチャージして分散するべきではありません。

特に電子マネーの場合は、基本的に一度チャージしたお金を全額現金に戻すことが出来ませんから、利用しなくなったらもったいないです。

 

02. 使っていない電子マネーも有るのでは?
一度チャージしたは良いけど、使わなくなってしまった電子マネーも1つは有るのでは?そうならない為にも、やはり電子マネーは1〜2個に限定すべきでしょう。

 

03. 一度、確認してみよう
使っていない電子マネーが有るのか?を確認した方が良いでしょう。もし、そのような電子マネーが有ったら、残高を使い切るようにしましょう。

 

04. 使うまでの時間も考慮
色々な電子マネーにチャージすると、使うまでの時間も掛かる場合が有りますから、その時間も考慮するならば、使うまでの時間が掛かるのは良くないでしょう。

使うまでの時間が長いと、お金がもったいないですから、節約には繋がらないと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。