家計の貯蓄 〜したつもりで節約してお金を貯めるつもり貯金も面白い

 

皆さん、こんにちは!

家計の貯蓄シリーズ

今回は、外出時に何かしら食べたり飲んだりしているものを節約してお金を貯める方法についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

外出時に節約できること

01. 自動販売機
いつでもどこでもアチコチにある自動販売機。ちょっと喉が渇いた時に見かけると間違いなく立ち寄ってしまい、小銭で買えることもあり、つい買ってしまう便利な自動販売機。

このような飲み物に関しては、外出時にマイボトル(水筒)を携行することで出費を抑える効果があり、有効な節約の1つでもあります。

生活費の節約と改善 外出時のお茶やジュース等を見直して小遣い倍増
皆さん、こんにちは! 生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。 今回は、外出時のお茶やジュースなどの飲料についてのお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 ...

 

02. コンビニ
コンビニもアチコチありますが、コンビニの場合、ほとんど何でも揃っていることもあり、目的の物以外の商品もつい買ってしまう事もことも有ると思います。

残念ながら、コンビニでの節約方法は思いつかないのが現状である。レジに並んでいる時には魅力的な商品が陳列されておりますから、ついかごの中に入れてしまう感じでしょう。

唯一、方法が有るとしたら、空腹時に立ち寄らないことぐらいだと思います。でもこれも有効な方法では有りません。何故なら、コンビニを利用する場合は、明確に空腹時に立ち寄ることが非常に多いからです。

ピンポイントで購入するしたり用事を済ませたりすることに特化するしか無いと思います。

一人暮らしはコンビニでの買い物を控えて食費の節約を心掛けよう!
皆さん、こんにちは! 生活費の節約と改善を目標にして奮闘するシリーズ。 今回は、コンビニの利用を限定して食費の節約を目指すお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 ...

 

03. スーパーなど
自炊などに利用する食材の買い出しにおいてはコンビニと同様だと思われがちですが、実は有効な方法が2つあります。

空腹時への対策としては、甘い飴玉が1個あれば良いです。出来れば大きい飴玉がベストでしょう。お店に入店する直前に飴玉を口の中に入れるだけで準備完了です。

もう1つは、買物リストを持って行くことです。買物リストがあればピンポイントで何を購入すれば良いのか?分かりますから、余計なものを購入することを抑えることが出来ます。

可能ならば、口の中に入っている飴玉が無くなる迄に買物を済ませるように買物を終えることです。

どうして飴玉なのか?
甘い食べ物は回復力を上昇させる効果がありますから、たとえ飴玉のような小さな食べ物でもスーパーという場所に限定すれば効果があります。

 

04. コンビニもスーパーと同じ方法で大丈夫では?
コンビニとスーパーでは構造上の違いがあるため、同じ方法は難しいといえます。コンビニの場合はレジに並ぶ位置が必ず、魅力的な商品が陳列されている位置になるのに対して、スーパーの場合はレジと陳列棚の間が広いですから、途中の誘惑が少ないのです。

 

05. 日常生活において
ふだんの日常では無駄な買物をしないように努力したり、整理整頓することで購入したいと思っていても思いとどまることも出来ます。

特にバッグ関係ですね。たいてい色々なバッグを持っていますから、今は使っていなくても、まだまだ使用できるバッグも多いと思います。それらを見つけてしまうと、処分する手間が発生しますから、まだ買わなくても良いかな?となる場合もあります。

でも、流行中のバッグだったりすると、今買わなくては意味がありませんから、結局は購入してしまうことになると思います。

どんなに財布の紐を締めていても意志が弱いと直ぐに緩んでしまいますから、目標が達成するまでは節約を頑張るとかという強い意志がないと難しいでしょう。

 

〜したつもりで貯金する方法の検討を

01. 〜つもり貯金とは
実際にはお金を支払っていないことでも、お金を払ったと仮定して、その金額を丸ごと貯金する方法です。

実際には何も体験などは一切行っていなくても、お金を財布の中から出して貯金箱に入れてしまえば、何かを行ったことに対する対価を払ったと割り切る方法です。

 

02. 効果はあるの?
効果が有るのか?については疑問だと思います。実際に体験していないのに、お金を払ったことにするという貯金方法ですから、説得力に欠ける部分が有るでしょう。

 

03. やり方が面白い
30分散歩したら途中で自動販売機でお茶やジュースを購入したと仮定して、ペットボトルの飲み物に該当するお金を貯金箱に入れたり、自分へのご褒美として美味しい食べ物食べたつもりにしてその日は自炊にするといった感じで貯金するのも楽しいかな?と思います。

苦痛に感じるような貯金や無理がある貯金の場合は長続きしない確率が高くなりますが、自分で楽しいと感じて貯金する場合は長く続けることが出来ます。

もし、〜したつもりで貯金するのも楽しいと感じているならば有効な貯金方法の1つだと思います。

 

04. 貯金箱が満杯になった時
貯金箱で貯金する場合、小銭を入れて貯める方法が多いですが、『〜したつもり』で貯金する場合、金額は固定されませんから、貯金箱が満杯になった場合の金額が全く予想すらできません。そのため、満杯になった時の貯金箱を開封した場合の喜びも非常に大きいのではないかな?と思います。

 

節約したお金は預けて寝かせる習慣を

01. 購入する資金に充てる
毎日何かしら節約した生活を行なっているという人も多いとと思います。節約したお金は何に充てている?というと、購入したい物があるから、その費用に充てているといった場合。

これでは節約したお金が増えませんから、一度、貯金して寝かせた方が良いでしょう。

 

02. どうして貯金した方が良いのか?
たとえ1年でも貯金すれば利息が付きます。利息といっても超低金利では大した金額にもなりませんけど、それでもいくらかの利息は付きます。

節約したお金を何かを購入してそのまま使い切ってしまうと手元にお金は残らないですけど、1年間ぐらい定期預貯金してから使うと利息分が手元に残ります。

 

03. 大きな買物をする場合
大きな金額を購入する場合は何かしらの節約は行うと思います。こういう場合は、購入を1年延長して定期預貯金してから購入するようにした方が良いでしょう。手元に残る使い方も大事です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。