生活費の節約 欲しい物は直ぐに買わないで来月まで考えて買う習慣を

 

皆さん、こんにちは!

欲しい物が出来た場合、直ぐに購入していますか?それとも少し待ってから購入しますか?

今回は、欲しいと思っている物は直ぐに買わないようにして節約するお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

欲しいと思ったらどうする?

01. 直ぐに買う
欲しくて欲しくて・・・と思っている場合はお財布と相談して購入すると思います。必要性に迫れているため、購入するパターンになる。

02. 欲しいけど今は買わない
お財布と相談したら確かに購入するお金は有るけど、もう少し考えてから購入するというパターンが有ると思います。

03. 欲しいけど、今は買えない
確かに欲しいけれどもお財布と相談したら、まだ購入することが出来ないから今は買えないいう場合。

04. 欲しいけど買わない
確かに欲しいけど、無くても困らないから買わない。必要性に迫られていない場合は、このパターンになるのでは?

 

どうして来月まで待つのか?

01. 直ぐに買ってはいけない理由
買いたいと思っている時は欲しい物しか眼中にない状態であるため、イメージが先行していてよく見えていない場合が多い。ちょうど熱くなっている状態であるため、冷静になってから考える必要がある。

 

02. 冷静になって考えることも必要
冷静になって考えてみたら、買わなくても問題ないことが判明する場合もあります。特にマイナーチェンジであった場合。

マイナーチェンジの場合は機能が多少アップした程度な場合が多いですから、今購入しなくても来年まで待った方が賢明という場合もあります。

※ フルモデルチェンジの場合は欲しい=購入という選択肢しかないでしょう。

 

03. 購入を来月まで待つ理由
逆に1ヶ月経っても欲しいという場合なら、購入しても良いです。この場合は、丸1ヶ月も十分に考えた上での結論ですから、購入しても問題ありません。

こんなに十分に考える時間が有ったのにも関わらず、買ってみたらイマイチだったということも実際に有りますから、買って後悔しない買い方をするのが良いです。

 

どうして節約に繋がるのか?

01. 節約に向かない人
欲しくて仕方がないと熱くなっている状態では欲しい物しか頭の中に有りませんから、直ぐに購入しないと満足できないという状態です。

この状態では例え高い価格でも購入すれば満足できることになります。どんなに高くても購入したいという状態になっています。

一度、こういう状態で購入してしまうと、次の機会でも同じように直ぐに購入してしまうことになります。こういうことを繰り返していたら、とても節約なんて出来ないでしょう。

 

02. 節約することが出来る人
欲しい物がどうやったら安く購入することが出来るのか?を考えることが出来るならば、その人は節約意識を持っている人だといえます。

こういう人であれば、今買わなくても1ヶ月十分に考えることで本当に購入しようとしている商品は必要なのか?ということが理解できます。

来年までまって型落ちを狙って自分が求める価格で購入するのか?それとも来年まで待たなくても十分に考えた上での決断だから後悔はないといった場合。

 

03. 買わないという選択もある
節約を意識している場合は、十分に考えた結果、買わないという選択をする場合もあります。この場合は購入しようと思ってお金を用意していたけど、よく考えてみたら今は買わなくても良いということでお金を使わない場合もあります。

そのため、このような買わない選択を行なった場合は節約に繋がります。

 

04. 新製品は毎年発売される
新製品は毎年必ず発売されますけど、毎年フルモデルチェンジは行なっていませんから、マイナーチェンジの時は購入しないというような意識を持つのが良いと思います。

やっぱり家電製品やPC、スマートフォンなどの場合、多少性能がアップした程度なのに購入するのは、もったいないと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。