生活費の節約 余計な出費をしないコツは満腹時に買物と最小限のお金

皆さん、こんにちは!

生活費の節約シリーズ。

今回は余計な出費をしないコツについてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

【余計な出費とは?】

01. 買う予定にないもの
余計な出費に該当するのは、買う予定に無かった物を購入してしまった場合が該当します。

02. どうして買ってしまうのか?
これは状況や場面によっても違いがあるため、一概には何とも言えないでしょう。しかし、一時的にしろ欲しいと強く思ったから購入したのは事実である。欲しいと思わないと購入するという行動には至らないと思います。

03. 欲しいと思わなくても買ってしまう
欲しいと感じた場合にだけ購入してしまうのか?というとそうでもなく、特別に欲しいと感じなくても何かを購入して満足してしまう場合もあります。このような場合は、お財布は持って行かないという究極な対策が求められるでしょう。

【余計な出費の例】

01. 食料品や飲料の場合
食べ物や飲み物の場合ですと、お腹が空いていたり、喉が渇いていたりすると自然に身体が食べたい・飲みたいというシグナルを発信しますから、お菓子やマイボトルを持っていない場合はコンビニや自動販売機等で食品や飲料を購入してしまうでしょう。

やっぱりどうしても、ちょっとでもお腹が空いている場合は何か食べ物が欲しくなってしまうと思います。

02. 100均ショップの場合
100均ショップには色々なジャンルの商品がたくさん陳列されておりますから、興味のある商品が有ったらつい手に取って確認してしまいます。

こんな商品が有るんだ〜と感じてしまったら最後、これ有ったら便利かも知れないと感じてしまうでしょう。

このように感じてしまうと、とりあえず購入してみようというような感じになり、実際に買ってしまうケースもあります。

でも、実際に使うのか?というと実はそうではなく、購入したは良いけど、実際には使わない商品というのも有ると思います。

03. ネットショッピング
ネットショッピングの場合は、実際に手に取ることが出来ない代わりに、購入者が欲しくなるような画像がたくさん有りますから、釣られて購入してしまう場合もあります。

その他には、○〜○日の間に購入すると付与されるポイントの倍率が高くなってお得になる場合に、今購入しないとお得にならないと感じてしまい、購入する予定が無い物まで購入してしまう行動に出る現象も有ります。

確かにお得かも知れないですけど、ネットショッピングを提供している事業者側の戦略ですから、この戦略に乗っかってしまうと本当に安く購入できたのか?という部分が曖昧になってしまいます。確かにポイントは、たくさん付きましたけど、支払った金額はどうなんでしょうか?

商品価格の相場よりも高かったのかな?それとも安く購入できたのでしょうか?ポイントを利用して安く購入できたのか?なども含めて一度考えた方が良いと思います。

【余計な出費を抑えるコツ】

01. 満腹時に買物を済ませる
特に食料品を購入する場合になりますが、空腹時に食料品を購入しに行くと、お腹が空いているという効果もあり、良い匂いや美味しそうに見える食べ物などは魅力的に感じますから、価格が手頃だったら購入してしまう確率が高くなります。

それを防止するには、満腹時に買物を済ませるのが良いでしょう。もう既に自分はお腹がいっぱいのため、様々な美味しい誘惑を払いのけることが出来ますから、余計な買物を防げる効果があります。

02. 夕方や夜に買物をする場合
必ず満腹時に買物をするということは現実的には難しい場合も有るでしょう。このような場合には、お店に入る前に大きな飴玉を口の中に放り込むのも1つの方法だと思います。

お店の中で美味しい匂いや魅力的な食べ物が見つかったとしても、既に口の中には飴玉が入っており、余計な食材等の購入を防げる効果が期待できます。

特に甘さは回復力を上昇させる効果がありますから、例え飴玉のような小さな食べ物でも、噛まないで最後まで舐めきるようにするのがコツになります。

03. 買物リスト
買物に行く場合は、予め買物リストを作っておき、それを持って買物に行くようにします。買物リストには参考価格として前回購入した金額とその合計金額を記入しておきます。

04. お財布の中には必要最小限のお金
お財布の中には、買物リストに記載してある参考の合計金額だけのお金を入れて買物に行くようにします。このようにすることで、余計な買物をするのを防ぐことが出来ます。

一時的にしろ、購入したいと感じた物が有ってもお財布の中には余計なお金が入っておりませんから購入したくても買うことが出来ません。

05. クレジットカード
お財布の中にはクレジットカードは入れないようにする。お金を最小限にしたとしてもクレジットカードが入っていると、カード払いしてしまう場合があります。特にクレジットカード払いできるお店では尚更です。

06. ネットショッピングは対応が難しい
基本的にネットショッピングではクレジットカード払いをしている人が多いでしょう。かといって、代金引換払いにすると、代引手数料+送料が発生しますから、お得感は薄れてしまいます。

さらにはPCやスマホ、タブレットがあれば、いつでもどこでも購入できてしまう便利さである。そのため、もし対応策が有るならば、あえて不便な方法を選択するといった方法が1つの対策になるのではないでしょうか?

07. その他の問題は・・・
クレジットカードと電子マネーとポイントカードや銀行のキャッシュカードが一体になったクレジットカードや交通系電子マネーの場合である。 この場合は自己判断に委ねられるため、対処する方法が見当たらない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。