被服費の節約 衣類や洋服は出費や購入を減らして家計に優しい生活を

 

皆さん、こんにちは!

毎年、衣類を何かしら購入していると思いますが、購入サイクルはどのような感じでしょうか?各シーズン毎に購入している方も居るでしょう。

今回は、衣類の購入サイクルを見直して家計に優しい生活をしようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

衣服の購入はどんな時?

01. どんな時に購入する?
人によって購入サイクルも違うと思います。欲しいと思った時に購入したり、必要に感じたから購入という場合もあれば、体が大きくなってしまって着れなくなったからという場合もあります。

ただ、1つ困ることは有りませんか?購入するまでは良いですけど、今まで着ていた衣服ってクローゼットに大事に仕舞っていたりしませんかね?

 

02. シーズンごと
各シーズン毎に購入する方も居ると思います。又は、シーズンが終わった後に価格が安くなる時期を見計らって来年用に購入しておくといったパターン。

 

03. 夏場
最近の傾向としては5月や9月でも夏のような暑さが続いたりしますから、夏物衣料も疎かに出来ないと思います。特に夏は暑さ対策として吸汗速乾に優れた物が求められますから、このような機能に優れた衣料は価格も高めだったりします。

吸汗速乾はインナーや衣服だけでなく、スポーツ等で利用するタオルにも使われておりますから色々な場面で使っていると思います。

 

04. 秋冬のジャケット
秋冬のジャケットや防寒着なども毎年、機能的にも魅力的な商品がたくさん発売されますから購入される機会が多いと思います。

 

05. 旅行やレジャー
旅行や各種レジャーに行かれる場合にも衣服を購入する機会が有ると思います。特に友人や会社の同僚などと一緒に行かれる場合だと、おしゃれな服装で行ったりしますから、購入する数量も多いのではないでしょうか?

 

今まで着ていた衣服

01. 購入する前に着ていた衣服
今まで着ていた衣服はどのようにしておりますか?まだ着れる場合が多いと思います。クリーニングにだして保存されている方が多いのでは?と思います。

 

02. また利用する機会は訪れるのかな?
今まで着ていた衣服が飽きてしまったから新しい衣服を購入するといった場合も有ると思います。このような場合では、しばらくは着る機会はないですから、クローゼットの中に収納しておくと思います。

収納したは良いけど、既に関心が無くなっている状態ですから、頻繁に着る機会がない衣服になっております。そのため、気が付いてみたら、こんなの衣服は有ったっけ?というような状態になっていたりする場合も有るでしょう。

 

03. 処分
既に着られないと分かっている場合では、廃品回収なども含めて処分されたり、ネットで売却されたりする場合も有ると思います。

でも、たいていの場合は、まだ着れるから、とりあえずは処分はしないでとっておこう!と考えてしまう場合の方が多いのが実情では有りませんか?

 

04. もったいない
切れてしまったり、着る頻度が多くて色が薄くなってしまったり、体が大きくなって着れなくなってしまったという場合であれば、新たに購入するのは仕方がありませんが、それ以外の理由の場合は、もったいない感じがします。

特にまだ十分に着ることが出来るのに流行じゃないからとか、この衣服は飽きてしまったから等の理由で新しい衣服を購入しえしまう場合。

 

もったいない買い方を減らす努力を

01. 収納の区別
衣服って、いつの間にか増えてしまいますから、まだ着る物なのか?もう着ない物なのか?の区別をしないで収納している場合が多い。

 

02. 購入する前に確認を
自分が思っているよりも実際には多い衣服を持っている場合が多いですから、欲しいと思った衣服が有った場合は、確認してから購入した方が良いでしょう。購入したは良いですけど、色違いで似ている衣服といった場合もあるでしょう。

 

03. 購入を見直すのも1つの方法
定期的や各シーズン毎に購入しているのであれば、購入を見直すことで被服費を節約することが出来ます。定期的に購入した方が効率的には違いありませんが、まだ十分に着れる場合は余計な出費になるでしょう。

 

04. 家計に占める割合も配慮
水道光熱費や食費、消耗品の次に多いのは交際費か被服費だと思います。でも衣服の場合、まだ着れるのに購入してしまう場合の方が多いのではないでしょうか?処分なども行わず、ただ収納している場合などは、本当にもったいないでしょう。

 

家計にも配慮

01. まだ着る予定がある衣服の見直し
衣服は着てなんぼ!ですから、『着るもの、まだ着る予定があるもの、もう着ないもの』の区別は各シーズン毎に行わないと、どんどん増えてしまいます。

特に『まだ着る予定があるもの』に分類した衣服を見直す必要もあるのでは?

 

02. 欲しい物は直ぐに買わない努力
家計に配慮するのであれば、もったいない買い方を控えるのが一番最適です。それはつまり、購入しないという選択になります。これでは自分の欲求を満たすことが出来ませんから、ストレスが溜まる原因にも繋がります。

欲しいと思ったら直ぐに購入という買い方であるならば、そういう買い方は止めて、来月まで考えて、それでも欲しい場合は購入するといった形に改めるのが賢明です。

生活費の節約 欲しい物は直ぐに買わないで来月まで考えて買う習慣を
皆さん、こんにちは! 欲しい物が出来た場合、直ぐに購入していますか?それとも少し待ってから購入しますか? 今回は、欲しいと思っている物は直ぐに買わないようにして節約するお話になります。 参考になるか?は分かりません...

 

03. 購入しないという選択
購入しないという選択も有りだと思います。欲しいという気持ちは一時的な場合が多いですから、丸1ヶ月経ってみたら別の衣服が欲しいといった場合も有るでしょう。とりあえずは購入しないという選択を行うのが良いです。

本当に欲しい物であれば、何ヶ月経っても欲しいですから、そういう場合に購入するのも1つの方法でしょう。

 

04. 購入サイクルの見直し
今年は衣服を購入しないで、来年購入するというパターンでも良いと思います。このような購入サイクルに変えてみるのも1つの方法でしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。