電気代の節約 夏はエアコンの使用を抑えて快眠や快適に乗り切る方法

 

皆さん、こんにちは!

エアコンの電気代の節電対策は色々ありますけど、一番効果的な方法って何だと思いますか?省エネのエアコンだと思います。

たぶん、これが一番効果的だと思いますが、省エネ効果の高いエアコンは価格も高いですから、もっと安上がりな方法で節電や電気代を節約したいでしょう。

今回は、なるべくエアコンを使わないで暑い夏を乗り切る対策になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

夏の暑さを乗り切るにはエアコンが必須

01. 夏は30度以上の日が多い
気温が30度以上の日が多いため、エアコンの冷房は必須な場合が多いです。でも毎日ずっとエアコンを使うと電気代が非常に掛かりますから悩ましい限りです。エアコンを使わないと快適に過ごすことが出来ませんから仕方ない部分もあるのではないでしょうか?

 

02. 熱中症になりやすい
夏は蒸し暑くてエアコンの電気の消費量が激しくなり、電気代も多くなるというデメリットがありますけど、だからと言って、エアコンを使わないで部屋で過ごすのは危険です。特に熱中症になりやすいです。脱水症状にも注意が必要でしょう。

 

03. 寝苦しい夜
毎晩、寝る時間も気温が下がらないことが多く、網戸にしていても熱風しか入って来ない場合が多いですから寝ると時もエアコンが必要になるでしょう。

特に寝ている時は汗もかきますから寝ていると体温調節が出来ませんから、寝苦しい夜も熱中症の危険が高くなります。

 

04. 夜中
寝る前にエアコンの冷房で部屋を十分に冷やすまでONにし、十分に冷えたらOFFにして扇風機をつけっぱなしで寝るといった方も居ると思います。この場合は、夜中も暑いですから直ぐに気温が高くなって結局はまた冷房をつけてしまったといっ事もあるのではないでしょうか?

 

05. 昼間
特に13〜16時は特に気温が上昇しますから、エアコンの使用も必須になる時間帯だといえます。

 

06. フル稼働
夏場は毎日、エアコンをフルに稼働することになる。電気代の節電を行なってもエアコンを使用率が高いため、正直なところ、あまり節約になっていない場合も多いのではないでしょうか?

 

どうやってエアコンの使用率を下げるのか?

01. エアコンは必須である
夏の暑さを乗り切るにはエアコンが必須である。これは確かなことである。エアコンを使わないで過ごすというのは熱中症の危険が高くなりますから、健康にもよくありません。

健康にも配慮して暑い夏を乗り切ると同時に、うなぎのぼりな電気代を抑える対策が急務となります。

 

02. エアコンを使う時間帯を限定する
丸一日、エアコンをフル稼働させる訳にはいきませんから、使う時間帯を限定してエアコンを使うことで使用率を下げるのも1つの方法。

ただ、この場合は、どの時間にエアコンを使うのか?という最大の悩みが発生するでしょう。寝ている時の熱中症対策を行うのであれば、夜にエアコンを使うのが賢明である。

 

03. エアコンを使わない時間帯の過ごし方
要は自宅のエアコンの使用を下げても快適に過ごすことが出来れば良い訳なので、発想の転換を行います。

エアコンを使わないで過ごすと汗がたくさん吹き出して冷たい飲み物や爽やかな気分になる物が欲しくなってしまうでしょう。

自宅のエアコンを使わない時間帯は、お店や公共施設で過ごす生活に切り替えるのが一番です。

 

04. 公共施設を利用する場合
図書館で本を読むのも1つの方法です。図書館では冷暖房が完備されているため快適ですし、長い時間帯ずっと本を読んでいても問題ありません。

また、買い物で訪れたスーパーの場合では、いつもスーパーに居る時間を少しでも長く商品を物色するようにして買い物を行うようにするのが良いでしょう。

但し、この場合は、余計な買い物を行なってしまう可能性や快適な環境ですから美味しい物を食べたくなってしまう可能性があります。

そういうことを考えるならば、公共施設で過ごすのが良いのではないでしょうか?

 

05. 自宅で過ごす場合
自然の風と扇風機を2台以上用いて風の流れを作るようにします。自然の風は網戸から取り入れ、扇風機を効果的に配置して、風の流れを作り循環させるようにします。

日差しの対策も必要になります。すだれやよしずを利用して日差しを抑える対策が求められます。ベランダが有る場合は、照り返しの対策も必要になります。

それとは別に、もう1つの工夫として、衣服も吸汗速乾にするのが良いです。吸汗速乾であれば不快に感じる汗も直ぐに乾きますから爽やかに感じるような効果も期待できる。

これらの対策を行っただけでも、決して快適とは言えませんが、夏の暑さを乗り切ることは可能でしょう。

電気代の節約 夏は吸汗速乾のシャツやパンツも活用し爽かに暑さ対策
皆さん、こんにちは! 夏の暑さ対策は何か行っていますか? 電気代も一段と増えますから夏場は頭が痛くなることもあると思います。 今回は、夏の暑さ対策についてのお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後...

 

寝苦しい夜の対策

01. 洗髪する場合
冷んやりシャンプーなどの洗った後に爽快感が出るようなシャンプーを使って暑さ対策を行うのも良いと思います。爽やかな気分になりますから、寝苦しい夜にはピッタリかも知れません。

 

02. 寝る場合
冷んやりマットや冷んやりシーツ、ひんやり枕などを利用するのも寝苦しい夜には有効だと思います。色々な暑さ対策グッズを利用して相乗効果を狙うのも1つの方法でしょう。

 

03. 竹シーツも良い
天然素材で作られた竹シーツと呼ばれる冷感寝具も夏の寝苦しい夜には有効です。但し、竹シーツの場合は硬さがありますから、寝ていると痛い場合があります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。