生活費の節約 使い過ぎや浪費に気をつけたクレジットカードの節約術

 

皆さん、こんにちは!

クレジットカードを利用していると貯金ができないといったことは有りませんか?

今回はクレジットカードの利用は計画的にして節約に繋げる方法についてになります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

クレジットカードはお金の使い過ぎに繋がる

01. 1ヶ月の使用金額が分かりにくい
実店舗やネット通販でも支払いに便利なクレジットカードですが、クレジット払いで支払うと必ず2〜3ヶ月後に請求となるため、今月はいくら使ったのか?分かりにくいです。

 

02. 請求は2〜3ヶ月後
デビットカードのように使ったら直ぐにその場で引落にはなりません。2〜3ヶ月後にまとめて請求されますから、こんなに使ったっけ?というようなことが発生します。

 

03. クレジットカードで支払うとポイントが貯まる
クレジットカードで支払うとポイントが貯まりますから、クレジットカードを利用すればするほど還元も高くなります。

 

04. 思わぬ落とし穴
利用すればするほど、ポイント還元になりますから、何万円も還元に繋がったりします。そのため、ポイント還元を追い求めてしまう傾向に繋がってしまい、もっとたくさん使ってしまう恐れがあります。

 

05. 年会費
年会費が発生するクレジットカードもある。

 

06. 特典
クレジットカードによっては、付帯保険や色々な特典があったりします。この特典目当てにクレジットカードを保有する人も居ると思います。

実際に海外旅行によく行かれる方は海外旅行保険が付帯されるクレジットカードを保有していた方がお得になります。

でも、この海外旅行保険は、自動付帯の場合もあれば利用付帯の場合もあります。クレジットカードを利用しないと海外旅行保険が適用されないという場合のカードもあります。このような場合は、海外旅行保険を得る目的でクレジットカードを使ってしまうことになります。

※ これらの特典はクレジットカードを使ってもらう為に色々な特典が付与されているという側面も併せ持ちます。よく出来ている仕組みだと思います。

 

07. オートチャージ
電子マネーのオートチャージが設定されていると、残金が減ると自動的にチャージされてしまうため、使い過ぎに繋がります。

電子マネーやクレジットカードの場合は、使うのが面倒な1円玉などの小銭が発生しなくて便利な反面、お金を使っているという実感が無くなりますから支払いも多くなると思います。

 

用途を限定した使い方で節約

01. 用途を決めるのが大切
利用すればするほどポイントが貯まり、何万円もの還元が期待できるからカードを利用して買物をしたら、これでは節約ではなく浪費に繋がります。ポイント還元を追い求めてしまうと、使い過ぎという感覚が鈍感になります。

 

02. 用途を決めないと・・・
用途を決めないで利用すると、特典がお得だからという理由も含めて、他の魅力的なクレジットカードを増やして行くことに繋がります。

クレジットカードが、いくつも有ると、そのカードに対応する用途での買物も増えて行くことになりますから、結果的に余計な買物も増えてしまうことになります。

 

03. 枚数が多いと浪費に繋がる
クレジットカードの枚数が3枚以上ある場合は1〜2枚にスリム化するようにした方が良いです。なぜなら、各カードに対応した買物を行う必要があるため、ポイントの貯まり方も遅くなりますから効率が悪いです。

ポイントを貯めるのであれば、1枚に限定するのが良いです。いくつもカードがあると、余計ポイントを貯める為の買物を行うことになりますから浪費に繋がります。

もし、ポイント還元を求めるならば、メインで利用するカードでポイントを貯めて、サブでもう1枚持つ形が良いと思います。(旅行用とか車関係とか・・・)

生活費の節約 クレジットカードの枚数は最小限に限定して賢い利用を
皆さん、こんにちは! 社会人になれば必ず1つは持つようになると言われているクレジットカード。 人によっては1つとは限らず5枚以上持っている人も居るでしょう。 今回は、クレジットカードの節約についてのお話になります。...

 

04. どんな用途に利用するのか?
一番良いと考えられるのは固定費の支払にクレジットカードを利用するのが良いと思う。固定費であれば毎月必ず発生する費用ですから、季節によっては利用額も異なりますけど一定水準のポイントも付与されるでしょう。

また、イオンや7&iグループなどで買物を行う場合にクレジットカードで支払するのも良いと思います。

 

究極的な節約方法

01. クレジットカードを利用しない
究極的な節約方法は、クレジットカードを利用しないということに尽きるでしょう。

クレジットカードを利用すると支払も2〜3ヶ月遅れに請求されますから、1ヶ月にいくら?使っているのかが分かりにくいため、色々と買ってしまうことに繋がります。

それだったら、いっそのこと、使うのは止めて持っているだけにするのも1つの選択だと思います。

 

02. 1つの用途に限定
いくつもの用途に限定すると、利用が派生する恐れがありますから、1つの用途に限定した利用を心掛けるのが賢明である。

旅行好きであれば、旅行に限定した使い方のみ。ネット通販であれば、ネット通販に限定するといった感じでの利用に特化するのが良いです。

 

クレジットカードの利用は借金である

意外と気がつきにくいですが、クレジットカードで商品を購入したり、固定費の支払いに充てたりするのは、一時的にお金を立て替えてくれているのですから、それは全て借金である。

クレジットカードを利用すると、ポイントが貯まって還元率も良いし、保険も付いて来るからといって、借金してまで購入や支払に充てるということを理解した上で利用しないと痛い目を見ることになります。

ネット通販で利用される場合、1000円以下の商品も購入する機会もあると思います。1000円以下の商品を借金してまで購入するという方法はどうかな?と思います。

1つ1つの金額は小さくても、2〜3ヶ月後にまとめて請求されますから大きな金額になる場合も有るでしょう。使いすぎに気をつけて計画的に利用するのが最善だと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。