光熱費の節約 冬の防寒は窓の隙間風の対策で暖房効果を高めて省エネ 

 

皆さん、こんにちは!

冬も窓の対策が必要になります。窓を閉めていても窓の隙間から外気が入って来ますから部屋の温度が下がってしまう一因にもなります。

今回は窓の隙間風の対策を行って暖房の効率性や省エネに繋げようというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

窓の隙間風への対策が必要

01. 暖房の効率性
窓を閉めていても外の冷たい風が窓の隙間から入って来るため、暖房していても暖房の効率が悪くなります。部屋の中で暖房していても窓の隙間から冷気が侵入して来るため、設定温度まで上昇する時間が遅くなったりします。

省エネのエアコンを利用して暖房を行なっていたとしても暖房の効率が低下するため、省エネには繋がりません。

 

02. 外へ漏れてしまう
窓の隙間の対策を行わないと、外気が侵入して来るだけではなく、部屋の暖かい空気が窓の隙間を通して外に漏れ出してしまいます。窓には必ず隙間が有りますから、この隙間を埋める必要があります。

部屋の暖かい空気が外に漏れ出してしまったら、省エネには繋がりません。この暖かい空気をいかにして部屋の中に閉じ込めておくのか?が重要になってきます。

この対策を行わないと、冬のエアコンの電気代や石油ファンヒーターの消費も多くなってしまい、光熱費の節約に繋がりません。

光熱費の節約 夏・冬のエアコン節電はサーキュレーターで電気代節約
皆さん、こんにちは! 夏場のエアコンの節電対策を行うシリーズ。 今回は、エアコンとサーキュレーターの組み合わせの方が節電対策に効果的という紹介になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いで...

 

03. 冬の冷え込み対策
冬は冷え込みがキツイですから、窓の隙間風の対策を行う事でキツイ冷え込みを和らげる効果が期待できます。特に布団の中に入っている時は部屋に暖房をしていない場合ば多いですから、冷え込みの対策も重要だと思います。

また、夜でも雨戸を閉めているから大丈夫ではなく、雨戸を閉めていても窓からの隙間風が侵入してきますから、部屋の温度が上昇しにくい一因にもなっています。

 

どのように対策を行うのか?

01. 長めのカーテン
厚手の長めのカーテンが効果的だと思います。カーテンの上下から冷気の漏れを防ぐことにより、部屋の暖かい空気を外に漏れにくくする効果が期待できます。

外からの冷気をカーテンでブロックすると同時に部屋の暖かい空気もカーテンで跳ね返す効果がありますから、暖房の効率性も上がります。

暖房の効率が上がれば、省エネに繋がりますから光熱費の抑制にもなります。

 

02. サッシ用の断熱テープ
100均ショップでも購入できるため、費用面においてもリーズナブルでしょう。窓の隙間になる部分(左・右・中央)に断熱テープを貼ることで、窓の隙間から侵入してくる冷たい冷気を遮断することが出来ます。

貼るだけで対策が行えるため、便利なアイテムだといえますが、剥がした時に汚くなってしまうのではないかな?という心配もあります。

綺麗に剥がれれば良いのですが、ちょっと気になる部分でもあります。因みに両面テープで貼るタイプなので、その点は大丈夫かな?とは思いますが、こればっかりは何ともいえません。

 

03. 断熱シート
断熱シートの場合は、窓からの冷気を遮断してくれますし、夏の冷房時も効率よく部屋の温度を下げてくれる効果が有りますから、ちょうど良いアイテムだと思います。

但し、1つだけデメリットがあります。窓に貼り付けると外が見えなくなるため、一長一短だと思います。

防寒の効果が大きくても外が見えなくなるというのはどうなんでしょう?といった感じです。外なんて見る必要はないよ!という方であれば問題ないと思います。

 

04. カーテンテープ
カーテンレールに取り付けするだけなのに誰でも簡単に装着することが出来るのが良いです。レースのカーテンの内側にカーテンテープを取り付けることで外からの冷気を遮断することが出来ます。

そのため、エアコンの暖房や石油ファンヒーター等で暖めた部屋の暖かい空気を外に逃してしまうのを防ぐ効果があるため、暖房の効率もアップします。

冷気ストップライナーと呼ばれている商品です。

 

部屋の防寒対策で節約に繋がる

01. ドアや扉の対策も必要
窓だけでなくドアや扉にも隙間があるため、窓と同じような隙間風の対策を行うことで、暖房効果を高めることが出来ます。

ほんの僅かな隙間でも部屋の暖かい空気は外に漏れ出してしまいますから、効率的に部屋を暖めることに繋がりません。

効率よく部屋を暖めて、暖かい状態を維持することで省エネに繋がりますから、ドアや扉などの隙間対策も行った方が良いでしょう。

 

02. 換気も必要
暖房器具などで部屋を暖めている場合は部屋の空気が非常に乾燥しますから、部屋の換気も必要になります。

特に部屋が乾燥すると喉も渇きやすくなりますから、風邪にもなりやすくなります。適度な換気が求められます。

 

03. 部屋の防寒対策
部屋の防寒対策を行うことでエアコンや石油ファンヒーター等で暖められた空気が外に逃げなくなるため、暖房機器の設定温度を低く設定できることにより節約に繋がります。

電気代の節約 夏は窓の暑さやベランダの照り返し対策を行い節電を
皆さん、こんにちは! 夏の節電対策を行うシリーズ。今回は窓の暑さ対策についてになります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 窓の暑さ対策を行う必要性 01. 外から室内に入って来...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。