台湾旅行 台湾ドルへの両替は台湾の空港で行い両替手数料を節約

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行に行かれる場合、両替は何処で行っていますか?

両替を行う場所によって手数料にも違いがありますから、お得に両替したいでしょう。

今回は、台湾旅行での両替手数料についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

台湾旅行が決まったら

01. お金を用意
先ずは、日本円と台湾元に両替する分のお金を用意します。

 

02. 日本円を全て両替してはいけない
色々な事情により、両替したお金を使い切ってしまったり、紛失してしまったりして海外旅行中に足らなくなってしまう場合もあります。

このような場合に、旅行に持って来た全てのお金を現地の通貨に両替してしまうと困ってしまいますから、最低限必要な日本円は両替しないで手元に保管しておくのが賢明です。

 

03. 最低限必要なお金
最低限必要なお金っていくら?と思ってしまうでしょう。これは人によって個人差が有りますから具体的にいくら?と断言できないです。

例えば、帰国して日本の空港に到着した場合、全てのお金を現地の通貨に両替して使い切ってしまった場合、どうやって自宅まで帰るのか?という部分。

もっとも皆さんSuicaやPasmoなどの交通系ICカードを利用していると思いますから、残高があれば帰宅することは出来るでしょう。

 

日本で両替する場合

01. 外貨に両替できる場所
大手銀行、空港の両替所、金券ショップ、郵便局、ネット両替サービス。

※ 上記のいずれかで外貨に両替することになります。

 

02. 主要通貨とは?
主要通貨は国際的なマーケットで取引されている通貨で、米ドル、ユーロ、英ポンド、日本円、スイスフランなど。取引量(流通量)が多い通貨になります。

 

03. 日本で両替してお得な場合
日本で外貨を両替してお得になるのは、マーケットへの流通量が多い主要通貨がお得に両替することが出来ます。

 

04. 現地で両替するのがお得な場合
主要通貨でない通貨の両替の場合は、渡航先の国や地域の銀行で両替するのがお得になります。

 

台湾旅行の場合

01. 台湾ドルは主要通貨ではない
日本円を台湾ドルに両替する場合、台湾ドルは主要通貨ではないため、日本で両替すると両替手数料が通常よりも高くなります。

銀行や空港で両替しないで、台湾の空港に到着してから両替するのがお得です。

 

02. 両替する場所
台湾の空港には銀行の出先機関が有るため、そこで両替します。中国語が話せなくても大丈夫です。両替所の職員は日本語が分かります。

※ 桃園空港、松山空港、高雄空港には銀行の出先機関があります

 

03. 帰国時
台湾旅行で使い切らなかった台湾ドルは日本円に両替することも出来ますが、可能なら両替しないで持ち帰ることをお勧め致します。

 

04. 台湾ドルから日本円への両替
日本円から台湾ドルへの両替の場合よりも台湾ドルから日本円への両替の場合、両替手数料が高いです。もし、また台湾旅行を計画しているのであれば次回まで保有しておく方がお得だと思います。

もう台湾には行かないよ!と断言できるのであれば、日本円に両替する方が良いです。

 

05. 使い切る必要はない
台湾ドルから日本円への両替手数料が高いからといって、台湾旅行中に全てのお金を使い切るというのは良くありません。

何故なら、自然災害等で飛行機が欠航する場合があるからです。帰国便が欠航になった場合、帰国は最短でも1〜2日程度遅れることになりますから、それまでの滞在費用が必要になります。

特に台風シーズンに台湾旅行に行かれる場合は注意が必要でしょう。

 

 

旅費の節約

01. 手数料も意識
旅行中の費用をなるべく抑えて楽しい旅行をする場合、意外と見逃してしまう色々な手数料。便利さを求めるのであれば手数料は発生してしまいます。得に両替の手数料は安くしたいでしょう。

 

02. 旅費の節約
台湾旅行で旅費を節約するのであれば、LCCを利用して台湾を訪問し、台湾の空港でお金を両替、食事は日本食レストランよりも現地の食事店、お土産の購入の仕方など。

色々な場面で出費を抑えるポイントが有りますから、工夫されてみるのも良いと思います。台湾の夏は蒸し暑いですから飲料の消費が多いと思います。

旅費の節約 海外旅行や観光の費用を賢く抑えて家計と貯蓄に潤いを
皆さん、こんにちは! 海外旅行の費用って高く有りませんか? この費用を安く抑えたいな〜と考えたことはありませんか? 今回は、海外旅行の旅費を節約して少しでも貯蓄に充てるにはどうすれば良いのか?というお話になります。...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。