被服費の節約 靴の節約方法は2~3足買ってローテーションで長持ち

 

皆さん、こんにちは!

毎日履いている靴の節約は行なっておりますか?

え!? 靴って節約することが出来るの?と思う方も居るでしょう。

今回は、靴の節約についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

靴は必需品でもあり消耗品でもある

01. 靴は必需品
靴は毎年必ずでは有りませんが、購入する必需品だと思います。毎日同じ靴を履いていれば靴底がすり減ってしまい1年に複数回、購入する場合も有るでしょう。

また、毎日履いているけど、そんなに距離も移動しないといった場合であれば1年以上は持つと思います。

 

02. 靴は消耗品でもある
靴底がすり減ってしまうと滑りやすくなりますから雨天や積雪時は滑って転倒してしまったりする場合があります。靴底にある溝がすり減って無くなってしまったりした場合は新しい靴に交換する必要があります。

 

03. 怪我の恐れ
靴底には溝があり、滑って転倒しないような役目もあります。この靴底の溝がすり減って無くなってしまうとツルンツルン状態になり、雨の日のような滑りやすい状態の時は転倒して怪我してしまう場合があります。

 

04. 購入時期
靴底の溝が無くなってから購入するのではなく、ある程度すり減っているのが確認した時点で購入するのが望ましいでしょう。

とはいえ、こればっかりは人によって歩き方や移動する距離も違いますから、靴の購入する時期は個人差があると思います。

半年後とか1年後というような感じでピッタリ購入する訳ではありませんが、靴底の溝は時間が経過すれば必ずすり減っていきますから、定期的に交換は必須だといえます。

 

靴の節約って出来るのだろうか?

01. 靴の節約って出来るのだろうか?
靴は毎日履いていれば靴底の溝がすり減ってツルンツルンになってしまう消耗品でもあるため、人それぞれ違いがありますが、定期的に購入していると思います。

購入サイクルは個人差があるため、一概には何ともいえませんが、この購入サイクルを延ばすことで節約に繋がります。

 

02. どうやって購入サイクルを延ばすのか?
靴は毎日履く場合が多いですから、通常の方法では購入サイクルを延ばすことは出来ません。靴は毎日履いていれば、移動距離も関係ありますけど靴底を消耗します。

かといって、靴底に何か消耗しないようなグッズを取り付けするようなことも出来ませんから、普通に考えて難しいイメージがします。

 

03. その方法とは
自分が気に入った靴を2〜3足購入して、靴をローテーションさせることで、靴の購入サイクルを延ばすことが出来ます。

もし、色違いで気に入った靴がある場合は、2〜3足購入してローテーションして履いても良いと思います。

 

靴をローテーション

01. 靴を2〜3足購入の場合
靴の購入サイクルを延ばす目的で靴を2~3足購入したら、一時的にな出費が大きくなります。これでは意味が無いじゃん!と考える方も居るでしょう。

靴は必需品でもあり消耗品でもあるのです。確かに一時的に出費が増えるかも知れませんが、必ず使う物ですし、役目を終えたら捨てることになります。

でも、そういった消耗品は1年間という長い期間で考えたら、色々と多く購入していると思います。

 

02. 一時的に出費は増えるが・・・
靴を2〜3足ローテーションさせることで、購入サイクルを延ばすことが出来るため、確かに一時的には出費が増えますが、結果的には購入サイクルを延長させることが出来るため、節約に繋がります。

 

03. 雨天時では
靴をローテーションさせることが出来れば、雨天時の場合、靴底のすり減り具合で靴を選択するといった履き方も可能になりますから、雨天時に起こりやすいツルンっと滑ってしまう状態も発生しにくくなります。まさかの転倒で怪我してしまう場合も少なくなります。

特に鉄道を利用されている場合、駅の構内やタイルなどの滑りやすい場所を移動する場合でも安心して歩くことも可能になります。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。