被服費の節約 洋服は便利なネット通販よりも試着できるお店で購入を

 

皆さん、こんにちは!

いつも洋服は何処で購入していますか?

お店で購入する場合もあれば便利なインターネット通販で購入される場合もあるでしょう。

今回は、洋服の購入についてのお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

ネット通販でも良い場合

01. 下着などのインナー
下着などのインナーであればサイズさえ間違えなければネット通販でも良いと思います。インナーなので変な色でも中に着てしまいますから目立ちませんし、必要な時にいつでも購入することが出来ますから、わざわざお店に買いに行かなくても良いでしょう。

 

02. 靴下
靴下もサイズさえ間違えなければネット通販で購入しても良いと思います。靴下の場合、実店舗でも試着は行えませんから、何処で購入しても問題ありません。

 

03. シャツなど
中間着にもなるシャツ等もサイズさえ間違えなければネット通販でも大丈夫だと思います。但し、肌触り等を確認して購入している方の場合は、ネット通販で購入する前に実際のお店で品物を確認してからネット通販で購入されるのが良いでしょう。

 

04. 作業着
作業着の場合であれば、フリーサイズであることが多いですから、試着しなくても特に問題になることは無いと思います。

 

お店で購入した方が良い場合

01. ジェケットやパーカーなど
ジャケットやパーカーなどに関してはネット通販での購入は控えた方が良いと思います。試着しないで購入するのはリスクが伴います。

実際のお店でサイズ合わせもした場合でもネット通販で購入するのはリスクが伴います。どうしてかというと、商品によっては傷ついていたり、不良品が混ざっていたりする場合があるからです。

 

02. ズボン
ズボンはサイズだけで判断して購入するのはオススメ出来ません。商品によっても履き心地や実際のサイズが異なりますから、試着が行える店舗で購入されるのが賢明の選択です。

 

03. スーツや礼服など
毎日の通勤や仕事等で着用するスーツの場合も同様に専門店などのお店で購入するのが望ましいでしょう。特にスーツの場合は、色々な種類が有りますし、素材によっても違いがありますから素人では判断が出来ないと思います。

ある程度は店員さんの意見も含めて相談できる場所で購入された方が無難な選択だと思います。

 

ネット通販での失敗談

防寒着をネット通販で購入したことがありますが、届いた商品は、右側の袖はちゃんと手を通すことが出来るのですが左側の袖は縫い付け位置が悪く通せなかった不良品でした。

この時は、購入店舗に何回も問合せを行なっても全く連絡が取れませんでした。連絡が取れないものですから、クレームのメールも送信しました。

着ないのはもったいないですから仕方がなく手縫いで直して着れるように修復しました。

修復が終わり、苦情の連絡をしてから 7〜10日程度経過した頃になって、購入店舗からメールで連絡が来るありさま。お店側の対応は、手直しを行なってしまった場合は返品を行うことは出来ませんという対応でした。

当然といえば当然の対応だったことを記憶しております。このような対応しか行えないネットショップも実際に有りますから、ネット通販で洋服を購入するのはリスクを伴います。

リスクを承知の上でネット通販を利用されるのが良いと思います。

 

安ければ良いという訳ではない

01. ネット通販の場合
商品価格が安くなっている場合が多いです。商品は画像でしか見ることが出来ませんから、ネットで見た商品と実際に届いた商品とではイメージのギャップが発生することも多いと思います。

特に画像で見た時はしっかりとした感じの商品だったのに、届いた商品は真逆の商品だったといったことも有ります。

実際のお店で購入するよりも安いという理由でネット通販で購入するというのは良くないと思います。

 

02. 送料も考えて購入を
ネット通販の場合は、購入する商品の価格に関心がいってしまいますが、実際に購入する場合、送料も発生します。

場合によっては、送料も含めた合計金額は実際のお店よりも高い金額だったということも発生するでしょう。

ネット通販で購入される場合は送料も考えてから購入を心がけましょう。

生活費の節約 スマホでも便利なネット通販は送料も考慮して購入を
皆さん、こんにちは! 生活費の節約シリーズ。 今回は、ネット通販の送料についてのお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。 ネット通販は何で利用する 01. パソコ...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。