被服費の節約 お店で欲しい洋服が見つかって迷ったら買わない習慣を

 

皆さん、こんにちは!

洋服を購入する時に欲しい洋服が複数あってドッチかに決められないといった場合は有りませんんか?

今回は、迷ったら購入しない選択をしましょうというお話になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

お店で洋服を購入する場合

01. 欲しい洋服が有るのか?
洋服屋さんに行くと、一通り見てまわりながら欲しい洋服があるのか?をチェックすると思います。

※ たいていの場合は、ピンポイントで洋服屋さんに行くのではなく、何かのついでに立ち寄る場合が多いでしょう。

 

02. 欲しい洋服が見つかったら
欲しい洋服が見つかった場合は、とりあえずどのサイズが合うのか?も含めて試着して確認するでしょう。

 

03. お財布と相談
欲しい洋服を購入する場合は、お財布と相談して、自分の求める価格帯だったら購入、ちょっと高くて手が出ない場合は考えたり、買わなかったりします。

でも、お財布の中にお金があれば、購入する場合も有ると思います。

 

04. ネット通販の場合
ネット通販で洋服を購入する場合は、クレジットカード払いであることが多いですから、ちょっと高くても欲しいと思った洋服の場合は、購入してしまうと思います。

何せ、お財布と相談する必要が有りませんから、ちょっと高くても便利で買いやすいというのが一因だと思います。

 

お店で迷った場合

01. 欲しい洋服が複数の場合
欲しい洋服が複数あり、両方とも購入したいけれどもお財布の中に入っているお金の関係で両方は購入できない場合もあるでしょう。

両方とも甲乙つけがたいような場合だと、すぐには決められないため、何度も試着したり悩んだりして時間を掛けてドッチの洋服にしようかな?と考えると思います。

このような場合は、すぐに決められないですから、買わないで帰宅することをお勧め致します。

※ どっちかに決められないから両方とも購入するというようなことをしてはいけません。

 

02. 欲しい洋服が少し高い場合
想定していた金額よりも高かった場合、お財布と相談して購入できる価格帯の時は悩む場合が有ると思います。

ある程度の予算の範囲を決めて購入している場合、予算を少し超えていたりすると購入を躊躇う場合もあるでしょう。

即断即決できない場合は購入しないことをお勧め致します。

 

03. また買いたくなる
無理やりどっちか?を選んで購入した場合、買ってみたは良いけど、ちょっとイマイチな感じだったりすると、買わなかった方の洋服を買いたくなってしまいます。

また、イマイチな感じでは無い場合でも、無理やりにドッチかを選んで購入してしまった場合は、購入しても満足感があまり得られない場合が有りますから、結局は迷って諦めてしまった方も欲しくなってしまうでしょう。

 

迷ったら買わない習慣を

01. 店員さんが寄って来る場合もある
購入する場合のルールを作るのが賢明の選択である。散々迷った上で購入するというのも良いですけど、この場合はその場に多くの時間を掛けることになるため、店員さんが寄って来る場合があります。

店員さんは、お客様に買って頂きたいですから、アドバイスをするでしょう。もし、そのアドバイスが的を得ていた場合、アドバイスに従って購入してしまう恐れがあります。

何か迷っている時に、それなりの専門知識がある人の意見というのは心が動いてしまうと思います。

 

02. 一時的に欲しい場合もある
お店で洋服を見ていたら、一時的に気に入ってしまう場合もあります。このような場合は、気に入った商品を購入するまで欲しいという欲求が継続します。

でも、実際に購入して自宅に帰って来る頃には既に買って満足だったりすることがあります。購入して満足してしまっている場合はクローゼットに仕舞って、それきりだったりすることも有るでしょう。

即断即決も含めて購入する際はよく考えてから購入した方が賢明である。

被服費の節約 洋服等の衣類は一時的な欲求への対処を行い出費を抑制
皆さん、こんにちは! ファッションを取り扱っているお店を訪れた時に、あ! この服が欲しいと思うことは有りませんか? これって果たして本当に欲しい衣服なのでしょうか? 今回は、ふら〜と立ち寄った洋服屋さんでの洋服の購...

 

03. 買わないという選択
購入しようと思った時に、購入を躊躇うことが有った場合や洋服を決められない場合は一時的に購入したいと思っている場合もありますから、買わないという選択を行なった方が良いです。

十分に考えないで購入するよりも一週間ぐらい考えてから購入した方が良いと思います。

もし、一時的な欲求の場合であれば、一週間経過すると、買いたいという欲求は既に低下している場合が多いですから余計な出費をしなくて済みますから、洋服代の節約に繋がります。

 

04. 迷ったら購入しない習慣
迷ったら購入しないというルールを作るだけでなく、それを実際に実行に移す習慣にしないと意味がありません。自分が作ったルールは意思が弱いと簡単に破ってしまいますから、習慣にしないとダメだと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。