被服費の節約 安い服より質の良いブランドの服を買って洋服代を節約

 

皆さん、こんにちは!

洋服代の節約シリーズ。

今回は、質の高い洋服を購入して洋服代を節約しましょう!という紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

安い服を購入すると

01. 毎日着る衣服
お得な価格で購入した衣類は基本的に毎日よく着る感じになると思います。消耗品のように着ることになりますから、色あせてしまったりすることも有るでしょう。

また、手入れ等もあまりしないため、多少ホコリが被さっても問題ないという感じですから、特に愛着を感じるといったことは無いと思います。

 

02. 服の色やデザイン
お手頃価格の衣類に見られる傾向としては、大量生産で作れられているため、衣服の色やデザインにあまり種類が無い場合が多いです。そのため、飽きっぽい感じになってしまうのは仕方のないことでしょう。

その他としては、来シーズンに着ようと思ったら色あせていたり、クタクタな感じだったりする場合もあります。

 

03. 品質面
お手頃価格で販売するためには品質もそれ相応の素材になってしまうため、ブランド品と比べると見劣りする場合も有りますし、長持ちさでも違いが見受けられます。

見た感じはそんなに変わらない商品も多いですけど、実際に使っているとその違いが鮮明に感じる場合があります。

 

04. 高品質でも安い場合がある
安い商品の場合、それ相応の素材を使っている場合が多いですが、シーズンオフ時の割引セール等では在庫処分を行うため、品質の高い商品でも安く購入することが出来る場合があります。

このような場合は、目的の商品以外も購入してしまうというデメリットも有りますが、それでも確実に品質の高い商品をお得な価格で購入できるチャンスでもありますから、このような機会で購入されている方も多いと思います。

被服費の節約 衣類の割引セールでは1点買いで洋服代の出費を抑える
皆さん、こんにちは! 割引セールなどの買い物に行かれる事もあると思います。このような○割引のセールでは何点ぐらい購入しますか? 今回は、割引セールでの買い方を工夫することで洋服代の節約に繋げましょう! という紹介になりま...

 

高い服を購入すると

01. 品質が良い
高い衣服を購入する最大のメリットはとしては、高品質な素材で作られていることが多いため、長持ちできるという特徴があります。

安い衣服の場合、長持ちという部分においては劣りますから、衣類の購入サイクルが早くなります。

 

02. 愛着が沸く
お手頃価格で購入した衣類の場合、あまり愛着が沸かない場合が多いですから、新作が発売されたりすると、新作の方が欲しくなってしまい、常に新作を買い求める感じになってしまう場合があります。

品質が高いと価格もそれなりに高いですから、大事に使わないとという気持ちが強くなります。価格が高い物を購入したのに、新作が出たからまた購入しないといけない!というような気分にはなりません。

高かったからこそ、長く使わないといけない!という気持ちになります。それに、新作が出る度に高い洋服を購入していたら、洋服貧乏になってしまいます。それこそ旅行にも行けなくなってしまいます。

 

03. 購入サイクル
衣類の購入サイクルが早ければ早いほど節約には繋がりません。衣類は消耗品ですから、購入するのは仕方ないという部分に関しては同感です。消耗品だからこそ、なるべく長く着るのが家計に優しいでしょう。

質の高い衣類の場合だと、品質が良いですから、直ぐにダメになるような衣服ではありません。その結果、購入サイクルも長くなります。

 

洋服代の節約に繋がる

01. ブランド品の場合
ブランド品も各シーズン毎に色々な新作を発売しますが、ブランドに価値があるため、常に新作でなくても問題ない場合が多いです。

衣類の場合は、流行に敏感な場合が多いですが、常に流行を追い求めなくてもブランド品であればそれに匹敵するぐらいの効果が有ると思います。

ブランドには商品価値に匹敵するぐらいの効果があります。

 

02. 確かに高いが購入単価は下げられる
品質の良い衣服の場合は確かに購入価格もそれなりに高くなりますが、長く着ることが出来るため、各シーズン毎に購入するよりも洋服代を抑える効果があります。

購入する時は、こんなに高い金額だけど・・・と感じますけど、長く使えば使うほど購入単価は低くなりますから、元は取れないにしても、ある程度の金額ぐらいには下げられると思います。

 

03. デメリットもある
ブランド品の場合のデメリットとしては、ブランド依存症になる可能性があります。このブランドの商品でなければ嫌だ!という状態。

そのため、常に高い商品を購入するというのも良く無いです。メリハリを付けた購入の仕方が望ましいでしょう。

お得な価格の衣服も持っているけど、品質の高い衣服も少しは持っている感じで良いと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。