被服費の節約 クローゼットの整理ならハンガーを処分して洋服代節約

 

皆さん、こんにちは!

洋服代を節約するシリーズ。

今回は、クローゼットを整理して洋服代を節約する紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

洋服を買う前に行うこと

01. 似ている洋服は無いのか?
クローゼットを整理して以前、購入した洋服の中に、これから購入しようとしている新しい洋服に似ている物は無いのか?を確認する必要があります。

これをやらないと、既に似ている洋服が有るのにも関わらず、新しい洋服を購入してしまう可能性があります。

以前購入した洋服というのはハンガーに掛けている場合であれば忘れてしまうことは少ないですが、衣類収納ケースに入っていると購入したことを忘れてしまっていたりします。

そのため、新しい洋服を購入する場合は、ハンガーに掛けてある洋服だけでなく、衣類収納ケースの中も確認する必要があります。

 

02. クローゼットの空きスペース確保
洋服を購入したら、クローゼットの空きスペースに収納する必要があります。でも、たいていの場合はクローゼットを全く確認しないで新しい洋服を購入してしまうと思います。

この場合によく発生するのが、買ったは良いけどクローゼットには収納する場所が無かったといった感じでしょう。

当然のことながら空いているハンガーも有りませんから、着ない洋服を衣類収納ケースに移す等の整理を行い、新しい洋服を掛けるハンガーを空ける必要があります。

 

03. 買いたい洋服は本当に欲しいのか?
何かのついでに洋服屋さんに立ち寄って気に入った衣類が見つかった場合、一時的に欲求という場合があります。

この場合、買って満足してしまうことが多いため、購入してもあまり着る機会に恵まれなかったりします。

何故なら、一時的に欲しいと感じて購入した衣類であるため、買って満足状態になってしまいますから購入した衣類への関心が薄れてしまう可能性があります。

気に入った商品が有ったも、その場で購入するのではなく、7日程度経過してから購入するようにした方が良いでしょう。本当に欲しい洋服は、7日経過しても買いたいという欲求は持続されています。

 

クローゼットを整理

01. クローゼット内を使いやすくする
クローゼットの中には、衣類のハンガーパイプにぶら下がっている洋服や衣類収納ケースが収納されていると思います。

自分で色々とアレンジして使いやすくすることで洋服を今までよりも多く収納することが出来るようになる場合があります。

アイデア次第でいかようにも出来ますから、クローゼット内の見直し改善も必要だと思います。

 

02. 定期的に整理を
クローゼットの整理は各シーズン毎に定期的に行うのが良いでしょう。でも、洋服の整理はとても大変な作業ですから面倒になりがちです。

そのため、定期的とはいえ、洋服の整理整頓を行おうと頭では考えていても面倒に感じてしまい、あまりやりたくないといった感じになってしまうでしょう。

被服費の節約 洋服代の抑制なら買う前にクローゼットの整理整頓を
皆さん、こんにちは! 新しい洋服が欲しいと思った場合はどうしていますか? すぐにお店に行って洋服をチェックする場合が多いと思います。 今回は、お店に行く前にクローゼットの整理整頓をして被服費の節約に繋げましょう〜と...

 

03. 断捨離
衣類は着てなんぼですから、全く着ないのにハンガーにぶら下がっていたり、衣類収納ケース内に大事に収納されていたりする場合があります。このような場合は、もったいないですけど、処分するのも1つの方法です。

フリマアプリ等で販売するのも良いですし、自治体の廃品回収等に出してしまうなどの処分を行った方が良いでしょう。

 

《処分理由》
① クローゼット内及び衣類収納ケース内の空きスペースの確保

② 全く着てないのに大事に収納していると、次から次へと着ない洋服がたまるため。

 

04. ハンガーを処分
洋服代を節約するのであれば、クローゼットのハンガーパイプやハンガーラックにぶら下がっているハンガーを処分するのも1つの方法です。

 

ハンガーを処分して洋服代の節約を

01. どうしてハンガーを処分するのか?
必要以上にハンガーがあると、パッと見た時に洋服を多くぶら下げることが出来るため、新しい洋服を購入できると考えてしまう場合があります。

また、空いているハンガーを一度確認してしまうと、いつでも洋服を買っても大丈夫だと認識してしまいますから、よく無いと思います。

ハンガーはいつも埋まっている状態が丁度良いでしょう。

 

02. ハンガーは必要最小限だけ残す
クローゼット内にあるハンガーは必要最小限だけ残して、それ以外は処分した方が良いでしょう。処分しないで保管スペースに収納の場合だと、足らなくなったら直ぐに必要な分だけ用意してしまいますから、あまり意味がありません。

 

03. ハンガーを処分すると
ハンガーを処分した場合、家の中には買わないとハンガーは有りませんから、新しい洋服を購入するにも一度処分したハンガーを購入しないといけないと思いますから、洋服の購入を思いとどまる効果が期待できます。

一度断捨離で処分したハンガーをまた買い直すというのは、大した金額ではなくても、もったいないですから、新しい洋服の購入に待ったをかけることに繋がります。

特にハンガーは洋服屋さんには販売しておりませんから、ハンガーを販売しているお店に行く必要があるでしょう。ちょっと面倒ですね。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。