旅費の節約 旅行の飲み物代の節約なら粉末ジュースと水筒の持参を

 

皆さん、こんにちは!

旅行で観光施設や散策中に喉が渇いた場合や何か飲みたくなった場合はどうしていますか?近くにコンビニや自動販売機があれば立ち寄って購入すると思います。

でも、旅行中の飲み物代って意外と多く買っていたりすることは有りませんか?

今回は旅行での飲み物代の節約についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

旅行では飲み物が欲しくなる

01. 街歩き
国内旅行であれば、寺社仏閣やお城などの歴史歴価値のある建造物に歩いて向かう場合、自然と喉に潤いが欲しくなります。

自動販売機ならば山でない限り、至る所にアチコチ有りますから、旅行中には特に意識していなくても簡単に見つけられると思います。

 

02. 観光バスの車内
観光バスで旅行に行く場合、何かしらのお菓子を持って行くと思います。ちょっと小腹を満たすことが出来るお菓子があると、バスを降りてから直ぐに行動できます。

観光バスの車内で、持って来たお菓子を食べると、自然と飲み物が欲しくなります。ペットボトルのお茶などが有った方が便利だと思います。

高速道路のサービスエリア等でのトイレ休憩時に飲み物を購入される人も居るでしょう。

 

03. 夏場
夏場の旅行では、何もしていなくても汗が多く吹き出ますから、飲み物は必須となります。飲んだ分だけ汗になってしまうような感じで、たくさん水分補給したくなる季節です。

また、適度に水分補給を行わないと、熱中症の危険性が増しますから、夏の旅行においては飲み物が必須となります。

 

旅行での飲み物は意外と多く購入している

01. 特に暑い夏場での旅行
一日中観光を楽しむのであれば、最低でも2〜3本のペットボトルを購入するのではないでしょうか?人によっては軽く3本以上という方も居ると思います。

観光地で目的の場所まで歩いて行く場合、どうしても汗がたくさん出ますから、500mlのペットボトルが1本ぐらいは欲しいと思います。

さらに1回に口の中に入れる量もゴクゴク入って行く感じになりますから、意外と早く空になってしまう感じになります。

 

02. コンビニでお菓子などを購入
コンビニでお菓子などを購入する場合、必ずと言って良いほど、何かしらの飲み物も購入すると思います。

 

03. 海外旅行の場合
海外旅行の場合、日本と違って自動販売機が至る所に有りませんから、飲み物を購入するとなるとジューススタンドやCafe、ファーストフード、コンビニ等になるでしょう。

特にジューススタンドの場合、味も美味しいですから、病みつきになってしまう感じで旅行中に何回も立ち寄ることも多いのでは?

 

04. 旅行でもコーヒー
コーヒーを毎日欠かさず飲んでいる方であれば、旅行中でもコーヒーを求めてCafeに入ってコーヒーを飲んでいる方も多いのではないでしょうか?

 

05. 意識しなくても飲んでいる
旅行では、あまり意識していなくても自然と何か飲みたいと思ったら、自分が欲しい飲み物を様々な場所で得ています。

そんなに意識していませんから、必要経費という感覚だから、節約はする必要がない感じなのでは?と考えます。

 

 

旅行での飲み物を節約する方法

01. 自動販売機では買わない
国内旅行であれば、自動販売機で飲み物を購入しないのが一番良いです。飲み物を購入する時はコンビニやスーパー等でペットボトルの飲み物を購入することで、少し安く購入することが出来ますが、微々たる金額だと思います。

 

02. 水筒や空のペットボトルを持って行く
水筒や空のペットボトルがあれば、空港やホテルなどに有る冷水機でお水をゲットすることが出来ますから、飲み物代を節約することが出来ます。

でも、冷水機のお水では物足らない場合が有るのがデメリットになります。やっぱり、たくさん歩くので有ればスポーツドリンク、爽快さを得たいのであれば炭酸飲料、おみぎりなどの軽食やお菓子などを食べる場合にはお茶も欲しいでしょう。

いくら飲み物代を節約することが出来るからといって、冷水機のお水やお湯だけで旅行中を過ごすというのはどうかな?と考えます。

冷水機のお水は水道水のお水ですから、ミネラルウォーターではありません。旅行ではミネラルウォーターが欲しいでしょう!

旅費の節約 国内や海外の旅行でも持ち物に水筒とおやつを携帯しよう
皆さん、こんにちは! 学校の遠足やピクニック等では水筒とおやつを持って行くと思いますが、旅行でも水筒やおやつを持って行くのが節約にも貢献すること間違いなしといえるでしょう。 今回は、旅行でも水筒やおやつを持って行って節約...

 

03. 粉末ジュースという選択もある
旅行に粉末ジュースを持って行くことで、旅行中でも簡単に美味しい飲み物を作ることが出来ます。空のペットボトルがあれば、シェイクすることが出来ますから、簡単にジュースやスポーツドリンク、お茶などを作って飲むことが出来ます。

水筒で作る場合はシェイクしても平気な構造になっている水筒が望ましいでしょう。又は、空のペットボトルでジュースを作ってから水筒に移し替えるといった方法でも良いと思います。

夏場であれば、ミネラル成分が多く含まれている粉末麦茶がオススメです。麦茶でなくても、お好みで、水でもお湯でも簡単に溶ける粉末ジュースであれば良いと思います。

 

粉末ジュースの持参も十分にあり

旅行に水筒や空のペットボトルを持って行くのであれば、簡単にお水でも溶ける粉末ジュースを持って行くのが良いと考えます。

粉末ジュースであれば、そんなに荷物にもなりませんし、色々な種類を持って行っても良いです。お好みで自分が求める飲み物を持って行くのが良いでしょう。

但し、旅行に持って行く目的だけで粉末ジュースを購入するのは逆に割高になってしまいますから、普段でも粉末ジュースを飲むようにした方が良いでしょう。

このようにすることで、食費の節約にも繋がります。

食費の節約 粉末ジュースを購入してペットボトルの飲み物代を節約
皆さん、こんにちは! 通勤やお出かけ時の飲み物代ってどのくらい掛かっていますか? 喉が渇いた時に必ずと言って良いほどコンビニや自動販売機が近くに見つかってしまうでしょう。 今回は、ペットボトルの飲み物代の節約につい...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。