旅費の節約 日帰り旅行で近場や地元の観光スポットで楽しむ旅もあり

 

皆さん、こんにちは!

旅行といえば海外や国内の有名な観光地といった感じがありますが、海外を除いて国内だったとしても自宅から遠い場合が多いでしょう。

今回は、日帰りで旅行できる近場や地元の観光スポットで楽しむ旅行も検討してみようという紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

旅行は遠方とは限らない

01. 旅行というと
飛行機を利用すれば海外でも北海道でも沖縄でも日本全国いろいろな場所に行くことが出来ますから、自宅から遠い遠方に旅行することが多いと思います。

ゴールデンウィーク、夏季休暇、年末年始を海外で過ごす方も多いです。世界遺産を巡る旅も興味がそそられるでしょう。

 

02. 鉄道の旅もある
飛行機以外でも鉄道を利用した旅行も人気があります。豪華列車もありますから、一度は乗車してみたいと思っている方も多いと思います。

豪華列車の場合は、お値段も超が付くほど豪華な場合もありますから、ちょっとその辺りはネックになるでしょう。裕福な方向けの鉄道旅行って感じです。

 

03. 隣県や地元にも観光地がある
旅行では、あまり隣県や地元には行かないと思います。でも他県に住んでいる人からみれば隣県や地元の観光地はとても魅力的だったりします。

そもそも、よその土地に行けば旅行になりますから、たとえ隣県や地元の観光スポットに行ったとしても旅行になるでしょう。

 

隣県にも観光スポットがある

01. 隣県なら行っても良い
地元だと、あまり行きたくたい感じがするけど、隣県ならば地元のように違和感は感じない場合が多いでしょう。もっとも隣県とはいえ遠いですから、行くのはちょっとおっくうだったりします。

 

02. 各都道府県には観光スポットがある
自分が知らないだけで、各都道府県には色々な観光スポットがあります。それらの観光スポットを楽しむのも良いと思います。

また、各都道府県には特産品もありますから、お土産として持ち帰れば思い出として残ります。たとえそれが隣の県だったとしても、後であの観光施設にも行ったんだっけ~といった感じで数年経過すると、思い出になりますから良いと思います。

 

地元の魅力を再発見しよう

01. 地元にも何かある
地元に旅行する人は少ないと思います。地元ですから色々と知っていたり、既に1回は行ったことがあったりしますから、あいて行かなくても良いかな?という感じになってしまうでしょう。

 

02. 他県からみれば地元も魅力的
他県に住んでいる人からみれば、あまり魅力に感じない地元も魅力的な観光スポットと感じる場合もあると思います。

地元でしか食べられない料理やお菓子、フルーツといった食べ物は少ないですけど、それでも地元の料理や銘菓は少なからずいくつかは有ると思います。

それらを再度、再発見する旅というのも面白いと思います。

 

03. 地元旅行なら費用も格安
地元ですから、交通費も少なくて済みますし、旅行の持ち物も日常的に使っているリュックやショルダーバッグといった物で十分です。

よく旅行というと、色々な旅行グッズを取り揃えたりすると思います。でも地元旅行なら、これらの旅行グッズは必要ないですから、これらの旅行グッズを購入しなくて済みます。

旅行で必要かも知れないグッズ等を買わなくて済めば節約にも繋がります。

 

04. 日帰りできる
地元を巡る旅なら、日帰り出来ますから、翌日の仕事に疲れなどが残ってしまうといったことも少ないと思います。

目的地までの移動時間も短時間で済みますから有効に時間を使うことも可能になります。

 

 

日帰りも魅力的

01. 節約旅行をするなら
近場や地元の観光スポットに出かけて楽しんだり、美味しい食事を食べたり、お土産を購入したりすれば、もうそれは立派な旅行である。

隣県や地元の日帰り旅行というのも十分に検討の価値があるでしょう。

 

02. 日帰りならではの魅力
日帰りで帰って来れる場所というのは意外と多いものです。日帰りなら宿泊費が掛かりませんから、その分、ちょっと豪勢な食事をしたとしても宿泊した場合に比べて安く旅行をすることが出来ます。

少ない予算でもアイデア次第で色々な楽しみ方が出来ますし、旅行会社の日帰りツアーというのも有りますから、宿泊旅行よりも魅力的な場合があるでしょう。

旅費の節約 個人旅行では旅行の計画を立て効率的に移動し出費を節約
皆さん、こんにちは! 個人旅行では計画を立ててから行きますか?それとも個人旅行はしないで、旅行会社などのツアーに参加しますか? 今回は、個人旅行の場合の旅費節約に関するするお話になります。 参考になるか?は分かりま...

 

03. 日帰りなら旅費の節約になる
宿泊すると、宿泊代や食事代、飲み物代等が発生しますが、日帰りならば、これらの費用が少なくて済みますから、お金をそんなに持ち歩かなくても良いでしょう。

着替えを持って行く必要が有りませんから、荷物も軽量で済むのが一番良いのでは?

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。