被服費の節約 通勤や通学、旅行で使うリュックは1~2つ有れば良い

 

皆さん、こんにちは!

通勤や旅行で使うリュックはどのくらい持っていますか?

リュックといっても色々な種類がありますから人によっては3〜4個以上持っている人も居るのではないでしょうか?

今回はリュック(バッグパック)の購入費用の節約についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

リュックには色々な種類がある

01. 折りたたみリュック
旅行等でも持って行く方も居ると思います。その名の通り、小さく折りたためるリュックで重量も軽量な場合が多いです。

コンパクトサイズになりますから、旅行だけでなく、買い物バッグとしても便利に利用できるのが特徴になります。

デメリットとしては生地が薄めであり、強度面で通常のリュックよりも劣る感じになります。その他としてはリュックのショルダー部分が薄っぺらな場合が多いため、長時間、重い荷物を背負っていると肩への負担が大きくなります。

 

02. ビジネスリュック
パソコンやタブレット、ガジェット類の収納に適しているリュックで仕事の通勤でも利用している人も多いと思います。

PCを持ち歩けるようにクッション付のPC収納ポケット等が充実しているのが特徴になります。

 

03. 登山用のリュック
登山用のリュックには腰をしっかりとホールドすることが出来る腰当て付のウェストベルトが付いているのが特徴になります。

腰当てが有ると重い荷物を長時間、背負っても腰への負担を軽減する効果があるため、登山では重宝するリュックです。

旅行でもバッグパッカーと呼ばれる方々も登山用のリュックを使っている場合が多いです。

 

04. 通常のリュック
腰当てが付いていないウェストベルトのリュックやウェストベルトが付いていないタイプのリュックになります。

ウェストベルトがあると、荷物を腰でも固定することが出来て便利なのですが、交通機関を利用する場合は邪魔になる場合が多いです。

 

05. その他
上記以外にも色々なリュックがあると思います。特にリュックよりもスリムな形状のワンショルダータイプもあります。

 

リュックはどのくらい持っている?

01. 通勤&通学
通勤や通学でリュックを利用している方であれば、PCが収納できるタイプのリュックを使っていると思います。

 

02. 旅行等
旅行では、普段、通勤や通学で使っているリュックは持ち歩かないと思います。PC用のリュックの場合、PCが壊れないように丈夫な生地やクッション等も充実していますからリュック本体の重量も意外と重かったりします。

旅行等ではなるべく軽量なリュックの方が良いですから、旅行用のリュックを持っている人も居ると思います。

 

03. 他人のリュックを見て欲しくなる
通勤や通学で電車やバスを利用していると、車内には色々なバッグを所持している人が多いですから、つい『あのバッグ良いかも知れない』といった感じで気になってスマホで確認してしまうことも有ると思います。

交通機関だけでなく、友人や職場の同僚が使っているバッグも自分には魅力的に映る場合があります。

一度気になってしまって、ネットで検索してしまうと、ずっと頭から離れない場合が多いですから、購入するまで買いたい欲が続いてしまうでしょう。

 

04. いくつか持っている場合が多い
リュックなどのバッグ類は、意外と多く購入している場合が多い。今は使っていないくても物置等に大事に仕舞っていて使っていないといった物も多いと思います。

 

 

用途を考えて購入を

01. リュックを購入する場合
通勤や通学、旅行だけに特化するのではなくて、複数用途で利用できるタイプのリュックを購入するようにした方が良いです。

1つずつの用途に合わせて新しいリュックやバッグを購入してしまうと、結果的に多く購入してしまうことになりますから、購入時は2〜3通りの用途で利用できるしっかりとした物を購入した方が良いです。

しっかりしたリュックは、お値段の方もそれなりに高くなりますが、用途別にアレコレ購入するよりも安上がりになります。

 

02. リュックは1〜2個に限定しよう
基本的には、通勤や通学、旅行でも利用できる汎用性のあるリュックが1つ有れば良いと思います。もし、宿泊旅行でもリュックを利用しようと考えているのであれば26〜30Lあれば問題ないでしょう。

26〜30Lであれば決して大き過ぎるということは有りませんから、多くの荷物も収納できて良いと思います。

登山を趣味に持つ場合やバッグパッカースタイルで海外旅行に行きたいという場合であれば、もう1つその用途に特化した物を購入するのが賢明である。登山やバッグパッカーの場合はちょっと特殊ですから、その用途に合わせた物が良いです。

※ 汎用性のあるリュックと特化型のリュックの2つが有れば問題ない。

 

03. 愛着を持つ
金額が安くても高くても購入したリュックに愛着を持って長く利用するのが基本となります。愛着さえあれば、例え他の人が使っているバッグを見て良いな〜と感じたとしても買いたいという気分にはなりませんから、バッグ購入費用の節約に繋がります。

被服費の節約 バッグを買う場合は用途&活用や家計も考えて購入を
皆さん、こんにちは! 通勤や通学、旅行などで使うバッグが欲しいと思ったことは有りませんか?自分にデザインや気の利いたポケットが有る場合に欲しいな〜と思うと思います。 今回は、生活費の節約とバッグの購入についてのお話になり...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。