生活費の節約 気になる商品が見つかっても調べたり買わない習慣を

 

皆さん、こんにちは!

インターネットを閲覧していて気になった商品が有った場合はどのようにしていますか?たいていの場合は商品のことを調べてたりすると思います。

でも、調べてしまうと余計に興味が沸いたりしませんか?

 

インターネットのブラウザ見ていたら

01. 広告等
ブログの記事やニュースサイトを見ていたら、気になる商品等が有った場合、ついクリックしてしまうと思います。クリックしない場合でも気になってしまう場合も有るでしょう。

 

02. ブログの記事
ブログの記事を読んでいる場合でも広告が表示されておりますから、自分が気になる商品が表示されている場合があります。

自分が気になっている商品が表示されていると、ついクリックしてしまうといった行動を取ってしまうでしょう。

 

03. 商品レビュー
商品レビュー等の記事の場合、その商品に特化している記事になりますから、自分が知りたい内容も書かれている場合が多いです。

例え自分が欲している情報が書かれていない場合でも商品名や型式等が記載されていると思いますから、その情報を元に検索したりするといったことも有ると思います。

特にネットで何かを購入しようとしている場合には商品レビューを参考にして購入する場合も有りますからレビュー記事は意外と重要なツールだったりするでしょう。

 

ネット通販のサイトを見ていたら

01. ネット通販
毎日ブラウザでニュースや検索等を行っているように、ネット通販サイトに訪問して商品を物色するといったことを行う場合も有ると思います。

特に、ポイント○倍キャンペーンとかのメールを受け取ると、キャンペーン期間中に何か商品を買った方が良いかも知れないという気分になり、購入しても良さそうな商品を探す感じ。

でも、もうこの段階では、ほぼネット通販サイトの戦略に見事に嵌ってしまっているため、買っても良さそうな商品が見つかるまで探す感じになります。

 

02. 購入してしまう
気になる商品の詳細を調べた結果、お手頃な価格又は商品を買っても良いと感じたら、ネットで注文してしまうでしょう。

特にネット通販の場合だと、クレジットカード払いが多いですから、既に通販サイトに登録している状態になっていると思います。

現金を持っている感覚ではないため、一時的な欲求等による衝動買いに繋がってしまう可能性もあります。

 

調べてしまうと欲しくなる

01. 気になる商品を調べる
気になる商品や気に入った商品が有る場合、ネットで値段やどんな商品なのか?を調べてたくなってしまうでしょう。

調べた結果、お手頃価格だったり許容できる値段だったりすると、つい欲しくなってしまい、ネットで注文してしまうといった行動に出る場合が多いと思います。

気になっている商品の場合、どうしても詳しい情報が欲しくなってしまいますから、調べずにはいられない感じになるでしょう。

生活費の節約 欲しい物は直ぐに買わないで来月まで考えて買う習慣を
皆さん、こんにちは! 欲しい物が出来た場合、直ぐに購入していますか?それとも少し待ってから購入しますか? 今回は、欲しいと思っている物は直ぐに買わないようにして節約するお話になります。 参考になるか?は分かりません...

 

02. 気になっても調べない習慣
気になってしまうとつい調べてしまうため、調べないような対策を行う必要があるでしょう。どうしても気になった商品があると、次から次へと自分の求める情報が欲しくなりますから、調べないような習慣にするしかないでしょう。

 

03. 支払方法を変更
調べない習慣というのも難しいと思いますから、最終的な歯止めとしてネット通販での支払方法をクレジットカードから代金引換に変更した方が良いと思います。

カード払いの場合では、お金を現金で払うという感覚にはなりませんから、簡単に購入することが出来てしまいます。それに対して代金引換の場合ですと、代引手数料が発生しますから、購入の抑制に繋がる効果が期待できるでしょう。

代引手数料というのは少額とはいえ、余計な出費になりますから、思いとどまる効果が期待できます。

 

実際のお店でも

01. お店でも
ネットで閲覧していて気になる商品が見つかってしまうのと同じように、実際のお店に買い物ついでに立ち寄って欲しい商品が見つかってしまう場合も多いと思います。

特に洋服が該当するのですが、手にとって確認したり、試着したりするでしょう。手に取ったり試着してしまうと、買う気満々になってしまいますから、買い物ついでに立ち寄った場合は購入しないで帰るようにした方が良いでしょう。

 

02. お店では手に取らない習慣を
買い物ついでに商品を物色している場合は、手に取らないような習慣にした方が良いです。商品を手に取ってしまうと、その商品が余計に気になってしまいますから、その場に居る滞在時間も長くなってしまい、つい購入してしまったりする場合があります。

なかなか手に取らないで確認するというのは難しいですけど、そのようにしないと余計に興味を感じてしまいますから仕方ない部分もあるでしょう。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。