食費の節約 袋で小分けされている煎餅等のお菓子を買いおやつ代節約

 

皆さん、こんにちは!

毎日の仕事や家事の休憩時、帰宅してからの楽しみの1つでもあるおやつ。このおやつ代は毎月けっこう掛かります。

今回は、おやつ代の節約についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

どうしておやつを食べるのか?

01. 小腹を満たす
毎日の仕事や家事、スポーツなどの運動、遊び等も含めて体を動かすと自然とお腹が空いて来ます。でも食事まではまだ時間がある場合にちょっとした小腹を満たす目的でお菓子などを食べたりするでしょう。

 

02. 疲れの回復
毎日の仕事や家事はとても大変ですから疲れやストレスも多いと思います。これらの疲れの回復やストレス発散には美味しいお菓子が最適です。特にお菓子の甘さは回復力を上昇させることが出来ますから、たとえ小さな飴玉でも効果はあります。

 

03. 特別の日
特別の日と言えば、誕生日やクリスマス、そして自分へのご褒美も該当するでしょう。これらの特別な日には美味しいケーキ等を食べるのではないでしょうか?

でも特別の日に食べるケーキはどうしても豪華になりやすいですから、ちょっと価格も高めになってしまうと思います。

特別の日だから、ちょっと豪華でも良いかな?といった感じになってしまうのは仕方のないことでしょう。

 

04. おやつを食べない人もいる
色々な事情でおやつ等の間食をしていない人も居ると思います。そのため、おやつは必需品ではなく、あくまでも次の食事までの間食という位置付けになります。

別に間食しなくても日常生活においては何も問題ないですから、家計のことを考慮すれば食べない方が良いと思います。

ストレス発散という観点から考えれば、多少はおやつを食べても良いと思います。ストレス発散しないと健康によくありませんから、お菓子に限らず、フルーツでも野菜でも食べた方が良いでしょう。

 

おやつは、お菓子でなくても良い

01. おやつというと
おやつというと、お菓子やスイーツが真っ先にイメージが沸くと思いますが、お菓子やスイーツといった食べ物でなくても良いです。

あくまでもおやつは食事と食事の間に食べる間食ですから、ちょっとした空腹を満たすことが出来れば問題ありません。ちょっと食べるとだけで良いのです。

 

02. ちょっと食べるならば
小さなお菓子といえば飴玉が思い浮かぶでしょう。飴玉も甘いお菓子ですから、飴玉でも問題ありません。飴玉はたったの1つでも回復力を上昇させる効果がありますし、舐めることで集中力を持続させる効果があります。

 

03. 小腹を満たすには
甘玉やチョコレートといったお菓子の場合は満腹感が得られませんから物足りなさを感じてしまうことがあります。

満腹感を得たいのであれば、バナナやりんご、みかん等のフルーツを食べるのも1つの方法でしょう。別におやつはお菓子とは限りませんし、食事と食事の間に食べてちょっと空腹を満たす程度で良いですからフルーツも有効な手段でしょう。

 

04. 野菜でもOK
ミニトマトもおやつに最適だと思います。ミニトマトであれば、洗ってそのまま食べられますから、2〜3個食べれば栄養も摂れますから一石二鳥だと思います。

食費の節約 おやつは栄養も豊富でご飯のおかずにもなる野菜や果物を
皆さん、こんにちは! おやつは子供だけでなく大人も食べますが、お菓子などのおやつは食費に占める割合も意外と多いと思います。 今回は、ご飯のおかずとしても利用している野菜や果物をおやつにして食費の節約に繋げる紹介になります...

 

袋で小分けされたお菓子

01. 飴玉の場合
ちょっとした空腹を満たす程度で良いならば、飴玉でも良いのですが、飴玉の場合、舐めていて美味しいですから、舐め終わった後に不思議ともう1つ欲しくなってしまうことがあります。

たった1個の飴玉でも必要以上の舐めてしまえば余計に糖分を体内に摂り入れてしまいますから美味しい飴玉というのも気がかりな面もあります。

それに噛まないで舐めているだけですから食べたという感覚がないので食べた感が得られないでしょう。

 

02. 袋で小分けされたお菓子
袋で小分けされたお菓子の場合は、1回分のお菓子が小さな袋に入っていて、飴玉よりも内容量が多いですから、ちょっとでも食べた感が有ります。

 

03. 衛生面
袋で小分けされたお菓子の場合、1つ1つが小さな袋の中に入っていますから衛生面においても良いと思います。

 

04. ちょっと食べるなら節約に繋がる
あくまでもちょっとした小腹を満たす程度であれば、袋で小分けされたお菓子なら、おやつ代の節約に繋がります。

お煎餅であれば、ある程度の枚数が入っておりますし、毎日1袋ずつ食べるだけで小腹も満たせておやつ代も節約できて一石二鳥でしょう。

でも、お煎餅の場合は好みが有りますし、子供が好きではないお菓子になりますから、ちょっと賛否両論な気もします。

子供にはお煎餅以外のお菓子が良いかも知れません。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。