旅行の持ち物 30Lバッグパックで行く秋冬の台湾旅行のパッキング

 

皆さん、こんにちは!

台湾旅行に行く場合はどのような旅行バッグで行きますか?スーツケースで行かれる方が多いと思います。

今回は、バッグパック30Lで行くLCCを利用した台湾旅行の持ち物を紹介します。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

秋冬シーズンの持ち物

01. バッグパック
02. 着替え(2泊3日分)
03. 貴重品
04. ガジェット
05. 医薬品&おやつ
06. 日用品&洗濯セット
07. 雨具&機内防寒グッズ
08. ポケッタブルバッグ

※ 秋・冬の台湾旅行の総重量は5.5Kg (出発時)

 

バッグパック

01. バッグパック
秋冬の台湾旅行に持って行くバッグパックは、コロンビアのバークマウンテン30L

 

 

02. 旅行で持って行く理由
秋冬の場合は、夏場と違って荷物も多いですから少し大きめのバッグパックで行きます。このバッグは、いつもは非常用の持ち出し袋として利用しています。非常用として利用するだけというのは勿体無いですから秋冬シーズンの旅行等で利用するようにしています。

 

03. このバッグの特徴
腰当て付きのウェストベルトが有ります。LCCの機内に持ち込む場合は腰当て付きのウェストベルトを反対側に巻いてバックルで留めて持ち込むのですが、ちょっと格好悪いでしょう。

 

04. 本体重量
本体の重量が1050gあるため、ちょっと重たいです。

 

05. オプション
ホットショット26Lと同様にショルダーハーネスにスマートフォン用のポーチをカラビナで引っ掛けております。

 

2泊3日分の着替え

01. 着替え
基本的には2泊3日以上の宿泊旅行の場合は、持って行く着替えは2泊3日分のみです。着て行く分も含めて3泊4日分の着替えになります。

※ 基本的には夏でも冬でも2泊3日分の着替えを持って行きますが、吸汗速乾からヒートテック仕様の衣類へ変更になります。吸汗速乾では冬は寒いですから、暖かい衣類が必要です。

 

02. 旅行期間が1ヶ月でも?
秋冬のシーズンでも1ヶ月の旅行だとしても持って行く着替えは2泊3日分のみです。

 

03. 2泊3日分の理由
宿泊を伴う旅行の場合、荷物の6割は着替えが占めると思います。足らない分は毎日洗濯すれば良いのです。

旅行でも洗濯をすることで、旅行の荷物を大幅に圧縮することが出来ます。

 

04. 秋冬シーズンに持って行く着替え
下着等 : ヒートテック仕様の下着(カラーのTシャツ、パンツ)2枚ずつ
シャツ : 長袖シャツ2枚
ズボン : 2週間以上の旅行なら替えズボンは有った方が良い
靴下等 : ヒートテック仕様の靴下を2足
タオル : 吸汗速乾のタオル2枚(タオルは吸汗速乾のまま)
ポーチ : 衣類収納ポーチ2つ

※ 衣類の合計重量が衣類収納ポーチ含めて、850gになります。

※ 冬のシーズンに台湾旅行に行く場合は、ヒートテック仕様の衣類を持って行きます。

 

 

貴重品

基本的には、オールーシーズン貴重品は同じである。

01. パスポート
もし万が一、パスポートを紛失してしまった場合に備えて顔写真が貼り付けてあるページのコピーも持って行きます。

 

02. 日本円
台湾の空港で日本円を全部両替しません。もし、帰りの飛行機が欠航になって帰国が2〜3日遅れる事になった場合に備えて滞在費用分は残しておきます。

 

03. 台湾元
前回の台湾旅行で余った台湾元を持って行きます。

 

04. 悠遊卡(悠遊カード)
日本のSuicaやPasmoに似ている台湾の交通系ICカードです。悠遊卡を持っているとお得に鉄道やバスに乗車できるため、台湾旅行での必需品です。駅やコンビニで購入&チャージすることが出来ます。

 

05. クレジットカード
筆者の場合は、使う機会は無いのですが、帰りの飛行機が色々な事情で乗り遅れてしまった場合に備えて、帰りの航空券を購入できるように必ず1枚持って行きます。

 

06. 書類一式
台湾入国カード、携帯品・別送品申告書、LCCの申し込み控え

 

ガジェット+ネット

01. スマートフォン
LINE等のメッセージアプリやネット検索、Google map 等を利用するのであればSIMフリーのスマートフォンが必要になります。

 

02. プリペイドSIM
スマートフォンでインターネットに接続する場合は現地の空港でプリペイドSIMを購入しましょう。海外旅行用のモバイルWI-FIをレンタルして行くのも良いですけどプリペイドSIMに比べて割高です。

少しでも旅費を節約したいのであれば現地の空港で購入するプリペイドSIMがオススメです。接続設定も行ってくれるため便利です。

 

03. モバイルバッテリー
LCCで台湾旅行に行く場合、早朝に空港の各航空会社のカウンターでチェックイン手続が必要になるため、チェックインまでの長い時間をスマートフォン等で遊んだりする場合も有ると思います。

そのような場合にモバイルバッテリーが有った方が安心してスマートフォンを使うことが出来るでしょう。

 

04. POCKETALK(ポケトーク)
ソースネクストで販売している双方向の音声翻訳機です。これ1つで63言語に対応していますから個人旅行で台湾に行く場合は便利でしょう。

ただ・・・オンラインでしか利用することが出来ないため、スマホのデザリング又はフリーWI-FI が必要になります。専用のグローバルSIMを購入すれば、WI-FIで接続しなくても利用することが出来ます。

※ 翻訳精度はGoogle翻訳と良い勝負といった感じです。

旅行の持ち物 海外旅行や外国語学習で便利な音声翻訳機ポケトーク
皆さん、こんにちは! 英会話などの外国語の会話が出来る人であれば海外旅行でも言葉の壁にぶち当たる心配がありませんが、日本語しか話せない人にとっては海外旅行では色々と心配があるものです。 今回は、海外旅行や言語学習で役に立...

 

05. その他
USB充電ケーブル+USBコンセント、 LEDライト、腕時計

 

医薬品&携行食など

01. 医薬品
総合風邪薬、発熱用、胃腸薬、口内炎、マスク

※ 夏の旅行で持って行った虫刺されの薬は持って行きません。その代わりにマスクを持って行きます。

 

02. バランス栄養食
カロリーメイトなどのバランス栄養食を持って行きます。バランス栄養食は食べた時点で不足している栄養を摂ることが出来るため、栄養補給には丁度良いです。

 

日用品&洗濯セット等

01. 洗面用具
歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、T字カミソリ等

 

02. 洗濯セット
洗濯洗剤、洗濯ばさみ、洗濯ひも、折りたたみハンガー

 

 

雨具&機内防寒など

01. 折りたたみ傘
なるべく軽量が望ましいでしょう。

 

02. 秋冬の機内防寒
秋・冬の旅行でも機内防寒グッズは持って行きます。持って行くのは、ポケッタブル仕様の簡易カッパ兼用のジャケットです。

モンベルのライトシェルパーカを持って行きます。内側は簡易のフリース仕様になっているため、中間着としてもジャケットとしても重宝します。

※ 冬なら防寒着を着ているから機内防寒は必要ないのでは?と思われがちですけど、防寒着を着て行くのであれば必要ないのですが、筆者の場合はフリースのパーカー+ウルトラライトダウンという組み合わせで行くため、もう1つ欲しいのである。

旅行の持ち物 機内防寒はカッパも兼ねる撥水性のライトシェルパーカ
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用する場合、夏場での冷房が効いていて寒いことが有ると思います。 JALやANAといったフルサービスキャリアの場合は毛布を借りることが出来ますが、LCCの場合は毛布はオプションになってしまい...

 

03. ネックピロー
空気で膨らませるタイプのエアーピロー。とてもコンパクトで軽量なため、持って行く場合があります。

 

ポケッタブルバッグ

01. サブバッグ
コロンビアのポケッタブル・ボディバッグを持って行きます。

 

02. 持って行く理由
全ての荷物はバークマウンテン30Lの中に収納することが出来ますが、貴重品やガジェット等、機内防寒のポケッタブル仕様のジャケットも収納できるため、オールシーズン重宝するバッグです。

さらには、ポケッタブル仕様であるため、折り畳めばコンパクトサイズになり、カラビナを付ければバッグインバッグやズボンのベルトループに取り付けて持ち運ぶことも容易です。

現地でのちょっとした街歩き用のバッグも兼ねます。重量も154gで軽量ですから丁度良いと思います。

 

03. ファスナーポケット
外側に2つ、内側に1つのファスナーポケットあります。

 

04. その他
ポケッタブル仕様とはいえ、ボディバッグですから、背中掛け、前掛けも行えますから、ショルダーバッグよりも便利な気がします。

 

 

旅行の持ち物 旅行のサブバッグはポケッタブル・ボディバッグ8L
皆さん、こんにちは! 飛行機を利用した旅行ではどのようなサブバッグを使っていますか? 特に空港や機内、街歩き等ではサブバッグが必要になる場合が有ると思います。 今回は、筆者が旅行で使っているポケッタブル・ボディバッグにつ...

帰国時のお土産

01. 毎回購入する
バッグパックだからお土産を入れるスペースが無いのでは?と思う方も居ると思いますが、どのシーズンでも台湾に行った時は必ず購入するようにしています。

 

02. 有名店や専門店では買わない
鳳梨酥(パイナップルケーキ)が有名ですけど、有名や専門店で購入しなくても空港や現地のスーパーでも購入することが出来ますから、購入するのも何処でも良いと思います。

それに鳳梨酥は現地のスーパーで購入しても美味しいですから、筆者の場合は全聯福利中心で購入しています。

旅費の節約 海外旅行の費用を安くするコツは旅行のお土産を賢く購入
皆さん、こんにちは! 海外旅行に行った時に現地のお土産を買う場合が有ると思います。 現地で買うお土産はどのように購入していますか? 今回は、海外旅行で買うお土産を賢く購入して節約に繋げる紹介になります。 参考...

 

03. お土産の購入量
LCCの機内持ち込みの重量制限に引っかからない程度に購入します。7Kg未満で収まるように購入します。

だいたい、いつも1.0〜1.2Kg程度のお土産を購入しています。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。