食費の節約 3時のおやつは我慢し食後のデザートを食べる生活で節約

 

皆さん、こんにちは!

3時のおやつは食べていますか?仕事の場合は食べれない場合が多いですけど、お子様が居る家庭や休日は食べることもあるのではないでしょうか?

今回はおやつ代の節約についての紹介になります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

3時のおやつ

01. 3時とは限らない
おやつを食べる時間は決まって3時に食べるという場合に限らないと思います。だいたい3時頃に食べているといった感じでしょうか?

昼食と夕食の中間におやつを食べることで小腹を満たすことが出来るため、夕食の時間が午後6時の場合であれば3時頃が丁度良いです。

夕食の時間に合わせる形で丁度中間の時間帯に食べるのが良いため、別に午後3時でなくても良いと思います。

 

02. 食事ではない
おやつは小腹を満たす程度で良いため、お腹いっぱいに食べる必要はありません。それにお腹いっぱいに食べてしまうと夕食のご飯があまり食べられませんから良くないでしょう。

 

03. 食べなくても良い
おやつは食事ではないため、食べなくても何も問題ありません。あくまでも小腹を満たすのが目的ですから、夕食まで我慢できるのであれば食べない方が良いと思います。

実際に、おやつを食べない人も居ますから、おやつを食べない習慣というのも良いかも知れません。

 

3時のおやつは食べなくても良い

01. 集中力の継続には必要
仕事や家事をしていると、途中で疲れやストレス等で集中力の維持が難しくなる場合があります。このような場合に、ちょっと甘い物を食べることで集中力を継続することが出来ますから、おやつは必要だと思います。

甘さはには回復力を上昇させる効果がありますから、集中力を切れた時に体内に摂り込むことで集中力を継続できるでしょう。

たとえ飴玉1個でも噛まないでずっと舐め続けることで集中力を継続する効果が期待できます。

 

02. 空腹時の食材の買い出しに必要
お昼や夕方の時間帯にスーパー等に食材の買い物に行く場合に飴玉1個が必要になります。飴玉を1個を買い物している時間に舐めているだけで余計な買い物を抑制する効果があります。

但し、飴玉1個では30分程度しか継続できないため、食材の買い物は30分以内に済ませる必要があります。さらに口の中で噛まないで最後まで舐め切ることも大切です。

 

03. 3時のおやつを我慢するのも1つの方法
どうしても必要な場合も実際には有りますから、そのような場合においてはおやつを食べるのも良いと思いますが、基本的には我慢するという習慣でも良いと思います。

今まで食べていたのを急に3時のおやつを食べなくするというのはストレスが溜まりますから徐々に食べる量を少なくしたり、食べる日と食べない日を交互にしたりする形で減らして行くのが良いと思います。

 

04. 食後のデザート
もし夕食後にデザートを食べている習慣の場合であれば、昼食後〜夕食の中間におやつを食べなくても良いと思います。

デザートの場合はフルーツやプリン・ゼリーといった感じが多いですけど、フルーツはおやつとしても有効な食材ですから、1日2回も間食しなくても良いと思います。

食費の節約 おやつは栄養も豊富でご飯のおかずにもなる野菜や果物を
皆さん、こんにちは! おやつは子供だけでなく大人も食べますが、お菓子などのおやつは食費に占める割合も意外と多いと思います。 今回は、ご飯のおかずとしても利用している野菜や果物をおやつにして食費の節約に繋げる紹介になります...

 

食後のデザートで代用

01. 3時のおやつは我慢
仕事や家事等で集中力が切れた場合や食材の買い出しに出かける場合を除いて、基本的には3時のおやつは我慢する生活というのも良いと思います。

 

02. 特別の日は除く
誕生日やクリスマスといった特別の日 又は 毎月の自分へのご褒美にはおやつを食べるのは良いと思います。

普段の生活において楽しみの1つであるおやつを食べない習慣にしてしまうと、楽しみが無くなってしまいますから、特別の日は食べるのが良いです。

 

03. 食費の節約
おやつは食後のデザートに一本化することで、お菓子を購入しなくても良いことになります。1つ1つのお菓子は大した金額にはなりませんが、1ヶ月という長い期間で考えると、お菓子代は結構な金額になっていると思います。

食費の節約を考えるのであれば、おやつ代も見直す必要がありますから、日常的に食べない習慣にしてしまうのが良いと思います。

慣れるまでには期間を要しますけど、一度、そのように食べない習慣を確立することが出来れば家計も助かります。

 

04. 食後のデザートは手作りも可能
食後のデザートは別にフルーツに限定している訳では有りませんから、牛乳を利用してプリンやゼリーといった物を作って食べることも出来ます。

おやつの手作りの場合だと、お菓子やケーキといった粉物が多くなりますが、食後のデザートであれば、普段購入している食材で簡単にデザートを作ることも出来ますから食費の節約にも繋がります。

食費の節約 おやつはホットケーキミックスで手作りして間食代の節約
皆さん、こんにちは! おやつは子供も大人も食べますけど、このおやつ代って毎月、食費に占める割合が意外と多いでしょう。 今回は、ホットケーキミックスを利用しておやつを手作りして間食代を節約する紹介になります。 参考に...

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。