家計の貯蓄 5〜10年後を見据えた貯金と非常時に備える貯金の準備

 

皆さん、こんにちは

家計が赤字になった場合は貯金をどのようにしていますか?貯金から取り崩してしまうのか?それとも赤字でも貯金を継続するのか?というのも判断が分かれると思います。

今回は、10年後を見据えた貯金と家計の赤字対策についての紹介となります。

参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸いです。

 

お金を貯める貯金口座は2つ用意

01. 先ずは貯金用の銀行口座を2つ用意
通常の生活において必要なお金は給料振込されている銀行口座で管理されていると思います。これとは別に貯金用の銀行口座を2つ用意することになります。

同じ銀行でも良いですし、銀行を分けても問題ありません。自分が管理しやすい形で管理できれば良いでしょう。

 

02. どうして貯金用の銀行口座が2つ必要なのか?
1つは現在から数えて5〜10年後を見据えたお金、もう1つは非常用のお金。この2つのお金は全く性格の異なるお金になりますから、分けて管理する必要があります。

 

03. 全く性格の異なるお金
1つは今後5〜10年後を考えたお金。このお金は5〜10年後に必要になる可能性が高いお金になりますから貯金する必要があります。

それに対して、非常用を目的にしたお金の方は、非常時に必要になる可能性があるお金ですから、非常時がなければ、そのまま貯蓄用の資金になります。

そのため、この非常時用のお金も銀行口座で管理しておく必要があります。

家計の管理 お金が貯まる生活は銀行口座の分け方と賢い貯蓄や管理で
皆さん、こんにちは! 銀行口座は何個持っていますか?5個以上持っているという人も多いのではないでしょうか? 今回は、お金が貯まる銀行口座の分け方についてのお話になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読ん...

 

全く性格の異なるお金

01. 家計が赤字になると
家計が赤字になったりすると、貯金から必要な金額を取り崩して補うと思います。この場合、せっかっく老後や旅行用に貯めていた貯金を家計に入れてしまうことになるため、本来の目的で貯めていたお金が少なくなってしまいます。

このような事を続けていると、貯金がどんどん少なくなっていきます。これを予防するには取り崩しても良い貯金を行うがのが賢明です。

 

02. 取り崩しても良いお金
取り崩しても良いお金というのは非常用の貯金のことです。非常用の貯金は、赤字も含めて非常時に必要なお金を補う目的の貯金になります。取り崩しても良いお金は別勘定の財布に似ていると思います。

あくまでも赤字は一時的という考え方です。赤字が常態化する前に、この非常用のお金を取り崩して家計の見直し及び改善を行うための資金になります。

このお金がゼロになるまでに家計を黒字化する必要があります。最低でも3ヶ月分の生活資金プラスα程度のお金を非常用の貯金に用意しておく必要があります。

家計の管理 旅行が趣味なら別勘定の財布で旅の費用をやりくり生活
皆さん、こんにちは! 旅行が趣味という方も多いと思いますが、旅行の費用はどのように捻出しておりますか? 今回は、旅行費用のやりくりについての紹介になります。 参考になるか?は分かりませんが最後まで読んで頂ければ幸い...

 

03. 取り崩してはいけないお金
取り崩してはいけないお金というのは5〜10年後を見据えた貯金のことです。この貯金はどんなことが有ったとしても取り崩してはいけません。

絶対に触れてはいけないお金になります。もし、10年後に使う必要が無かった場合には、さらに今後10年後といった感じで雪だるま式に増やして行くお金になります。

この雪だるま式で貯めたお金は最終的には老後の生活資金のための原子になります。

 

目的意識がないと継続しない

01. 目的意識
2つの銀行口座を用意して、10年後を見据えた貯金と非常用の貯金に分けて管理したとしてもブレない目的意識がないと継続するのは困難です。

意思が弱いと簡単に自分の考え1つでコロコロと目的が変わってしまい、何の為に銀行口座を作ったのか?何の為に貯金しているのか?というのが途中で分からなくなって有耶無耶になってしまうことも多いと思います。

 

02. 時間が経過すると
時間が経過すればするほど、目的意識が段々と薄れていきます。何故か?というと貯金に対する興味や関心が段々となくなっていくからです。

他に楽しいことや興味があること等が見つかってしまうと、そちらの方に関心も映りますから貯金という関心が徐々に頭の中心から隅の方に移動してしまうでしょう。

そのため、もし関心が薄れてしまった場合に備えた対策も必要になると思います。

 

03. その対策とは?
筆者の場合は、ありとあらゆるカレンダーに毎月1日と15日に2つの貯金の金額をチェックっしなさい!と書き込みしています。

自宅のカレンダーは勿論のことですが、PCを起動したら真っ先にカレンダーをチェックするようにしています。

スマートフォンの場合は、毎日必ずスケジュールアプリを使うようにしております。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。