旅行の持ち物 2泊3日分の旅行の着替えは超軽量25gの収納ポーチ

 

皆さん、こんにちは!

海外旅行の着替えはどのような着替えの収納ケースを使っていますか?衣類圧縮袋だったり、着替え専用のポーチだったり色々だと思います。

今回は、冬の2泊3日分の着替えを収納するための衣類収納ポーチを紹介したいと思います。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

超軽量収納ポーチの特徴

01. 品名
PACK-IT スペクターキューブ (イーグルクリーク)

 

02. 超軽量
Mサイズという大きさなのに僅か25gという軽さ

 

03. サイズ
サイズ: 360mm × 250mm × 80mm
重量 : 25g

 

04. 色(カラー)
ホワイト、ストローブグリーン、フレイムオレンジ、カリフォルニアブルー、エボニー

 

05. 持ち手
大きな持ち手が1つあります。

 

06. 丈夫な生地
超薄い生地の割にはしっかりとしている生地になっているため、何回も繰り返し洗濯を行なっても大丈夫です。

でも、ロゴの部分だけは流石に持ちこたえられず、何回か洗濯するとイーグルクリークのロゴが剥がれ落ちます。

 

超軽量収納ポーチの用途

01. 冬の宿泊旅行
冬の海外旅行に持って行くことが多いです。僅か25gという軽さであるため、海外旅行には少しでも荷物を軽くできるということで好んで使っています。

特に冬の旅行では、夏場と違って着替えも半袖から長袖に変更になるため、スペクターチューブキューブだと、とても2泊3日分の衣類を収納することが出来ません。

でも、このMサイズのスペクターキューブの場合は、冬でも2泊3日分の着替えを収納することが出来るため、非常に重宝しております。

旅行の持ち物 2泊3日分の着替えは超軽量15gの衣類収納ポーチで
皆さん、こんにちは! 旅行の着替えはどのように持って行きますか?そのまま旅行バッグに詰め込んだり旅行用の衣類収納ケース等に着替えを収納したりして持って行くと思います。 今回は、筆者が実際に宿泊を伴う出張や旅行で使っている...

 

02. 防災用として
冬の旅行以外は何に使っているのか?というと、あまり発生してしまっては困りますが非常時のための2泊3日分の衣類を収納して、非常持ち出し袋を兼ねる30Lのバッグパックに収納しております。

筆者の場合は、防災用の非常持ち出し袋を冬の旅行で利用している30Lのバッグパックにしているため、旅行以外はこのように活用するようにしています。

 

03. 一時的な衣類のストックとして
日常の衣類の洗濯物の一時的な保管に利用しています。洗濯物を干して乾いたら綺麗に畳んでクローゼットにある衣類収納ケース等に収納すると思います。

でも筆者の場合は毎日のように着たり履いたりするインナーや靴下をこの収納ポーチの中に入れてお風呂場の近くに置いています。

この方が効率的なものですから、複数あるMサイズのPACK-ITスペクターキューブをこのように使っています。

 

 

旅行の着替えは2泊3日分

01. 旅行の着替え
旅行の荷物で半分以上を占めるのは着替えなどの衣類ですから、この着替えを少なくすることが出来れば旅行の荷物も減らすことが出来て、全体の荷物の重さも軽くすることが出来る訳です。

そうなって来ると、どうやって衣類を減らすのか?という話になりますから、最低限必要な着替えと洗濯を行うことが出来れば良いということになります。

その最低限必要な着替えというのは、人によっても違いが有りますが、だいたい2泊3日分あれば大丈夫だと思います。

何故なら、旅行に着て行く分も有りますから、結果的には3泊4日分の着替えを持っている事になるからです。

 

02. 着替えは2泊3日分
筆者の場合は、2泊以上の宿泊を伴う旅行の場合では2泊3日分の着替えだけを持って行くようにしています。

1泊の場合であれば、1泊分しか持っていきません。逆に2〜3週間の旅行や出張の場合でも2泊3日分の着替えしか持って行きません。

季節によって多少の調整もありますけど、基本的には2泊3日分+洗濯セットというパターンにです。

 

03. 洗濯セットは必需品
宿泊を伴う旅行や出張の場合は洗濯セットを持って行きます。

持って行くのは、『洗濯ひも、洗濯ばさみ、洗濯洗剤、折りたたみハンガー』の4種類です。

 

04. 不向きな衣類もある
宿泊を伴う出張の場合はワイシャツの着替えを持って行くと思いますが、ワイシャツはシワになりやすいです。

さらには、このPACK-ITスペクターキューブ自体がペッチャンコですから、この中に収納する衣類はシワ等を気にしなくても良い衣類が望ましいでしょう。

軽くて持ち手も有って便利なんですけど、不向きな場合も有りますから一長一短ということだと思います。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。