台湾旅行 夏の台湾では紫外線と日焼け対策および熱中症にも注意を

 

皆さん、こんにちは!

夏の台湾旅行の注意事項を紹介したいと思います。

特に台湾の夏は紫外線も強く蒸し暑いですから、熱中症や暑さ対策も必要になるでしょう。ちゃんと準備して旅行を楽しみましょう。

参考になるか?分かりませんが最後まで読んで頂けると幸いです。

 

夏の台湾

01. 夏の季節
5月〜10月ぐらいまで紫外線が強く気温も高いです。

 

02. 蒸し暑い
台湾の夏は湿度が非常に高いため、日本と比べてより一層の蒸し暑さを感じます。

日本の30度と台湾の30度を比較した場合、台湾の30度の方が湿度が非常に高いため、とても暑く感じます。

 

03. 天候の変化
日本の夏もそうですが、天候の変化も起こりやすく突然の雨というのも多いため、折りたたみ傘は持参した方が良いと思います。

 

04. 熱射病や日焼け対策
太陽の陽射しが強いこともあり、観光等で街歩きをする場合には熱射病日焼け対策も必要になります。こまめな水分補給と帽子も必要になります。

 

日焼け対策

01. 帽子
陽射しが強いため、帽子を被らないで外を出歩くのは危険ですから、帽子を持参した方が賢明です。

 

02. 日焼け止め
日焼け止めが有ると紫外線をブロックしてくれるため、紫外線が強い夏の台湾旅行では必需品ではないですけど、持って行くのが良いと思います。

 

03. 長袖や羽織る物
長袖を着ていると蒸し暑くて汗がダラダラ吹き出る感じになりますけど、紫外線を少しでもブロックしたいと考えている場合は、長袖シャツや羽織る物があった方が良いです。七分袖のシャツでも良さそうです。

 

04. 日傘
日傘と言うと、女性のイメージになりますが、台湾では男性も日傘を使っている人もいるため、男性が日傘を使っても問題ありません。晴雨兼用の折りたたみ傘を持って行くのが良いと思います。

 

 

熱中症の対策

01. こまめに水分補給
ホテルに泊まればミネラルウォーターかは分かりませんがペットボトルのお水が用意されていると思います。

そのペットボトルのお水でも良いですし、コンビニ等でペットボトルの飲み物を購入したり、ジューススタンドで美味しいジュースを購入するなりして、こまめな水分補給が必要になります。

ジューススタンドであれば、コンビニと同じように市内のアチコチに有りますから便利だと思います。但し、日本語は通じませんから中国語で注文することになります。

外出の際は、必ずペットボトルの飲み物を1つは持参して出かけるのが良いと思います。

 

02. 水筒の持参
水筒を持参すれば、ホテルでお湯を給水することができるため、水筒が有った方が便利だと思います。

お水じゃなくて、お湯?と思ってしまいますが、台湾ではお湯なのです。日本では冷たいお水ですけど、台湾ではお湯です。

ホテルの飲水機(ウォーターサーバー)には冷水とお湯が選べますから、冷水も水筒に入れることが出来ます。

旅費の節約 国内や海外の旅行でも持ち物に水筒とおやつを携帯しよう
皆さん、こんにちは! 学校の遠足やピクニック等では水筒とおやつを持って行くと思いますが、旅行でも水筒やおやつを持って行くのが節約にも貢献すること間違いなしといえるでしょう。 今回は、旅行でも水筒やおやつを持って行って節約...
旅費の節約 旅行の飲み物代の節約なら粉末ジュースと水筒の持参を
皆さん、こんにちは! 旅行で観光施設や散策中に喉が渇いた場合や何か飲みたくなった場合はどうしていますか?近くにコンビニや自動販売機があれば立ち寄って購入すると思います。 でも、旅行中の飲み物代って意外と多く買っていたりす...

 

03. 汗の対策
たくさんの水分を補給すれば、たくさんの汗も吹き出してしまうと思います。タオルは必需品になるでしょう。

ハンカチやミニタオルでは、直ぐにびしょぬれになってしまいますから、給水速乾タイプのタオルが有った方が良いと思います。

 

04. 服装
Tシャツを着ている人が多いでしょう。男性も女性もTシャツを着ている人が多いですから、Tシャツで良いのではないでしょうか?可能ならば、吸汗速乾タイプのTシャツの方が良いと思います。

Tシャツではオシャレ感がないと思う方も居ますけど、そんなことを気にしていたら、蒸し暑くて大変でしょう。

但し、デパートやホテル等の建物内や鉄道・バスの車内の冷房には注意が必要です。台湾の冷房は日本の冷房と違って強めの冷房ですから、ジャケットや羽織る物が無いと寒いことが多いです。

 

05. 休憩も大事
台湾のコンビニにはイートインコーナーが有りますから、ペットボトルの飲食しながら、のんびり休憩するのも良いと思います。ずっと歩きっぱなしでは疲労も溜まりますから、時には休憩も大事です。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。